Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

エンジニアは転職で悩みがち? 失敗あるあると対処法

本記事は読者からの悩み相談に、Q&A形式で回答していきます。

これからエンジニアとして転職活動を始める方や転職活動中の方は、悩み解消のヒントとしてご覧ください。

Q エンジニアの転職で一番多い失敗は何ですか?

A 妥協して転職の目的を満たせない仕事に就くことです。

エンジニアの転職は年収アップなど成功する場合もあれば、転職した後に失敗したと後悔するケースも少なくありません。

実際に転職に失敗して短期間で二度の転職をした、というエンジニアの話は珍しくはありません。

ではエンジニアの転職で一番多い失敗とは何なのでしょうか。

それは転職の目的を満せない転職先を選んでしまうことです。

特に未経験からエンジニアを目指す場合は悩みのタネになってしまうので要注意です。

仮にWebエンジニア志望で未経験から転職活動をはじめたとしましょう。

未経験からの転職活動となると、好条件の転職先を見つけることは簡単ではありません。

そこで多くの人が考えるのが、ヘルプデスクやテスターなどエンジニア以外のIT系の職種を選択することです。

もちろんヘルプデスクやテスターとして働くことで、ITスキルを磨くことは可能です。

しかしそれはWebエンジニアとしての業務経験になるわけではありません。

職種を妥協することで転職活動の選択肢幅は拡がりますが、最終的にWebエンジニアになる道のりは遠くなってしまう可能性もあるのです。

また本当に就きたい職種でなければ、最初は良くても後から業務への不満が大きくなってくるリスクもあります。

エンジニアとして働きたい職種が明確にある場合は、転職活動のスタート前にしっかりとしたポートフォリオを作成するなど、できるだけ妥協しなくてもいい状況をつくることが大切です。

Q エンジニアの転職で失敗しやすいタイプはどんな人ですか?

A 「転職理由が曖昧」「ポートフォリオのレベルが低い」「自分自身の適性が分かっていない」などに当てはまるタイプの人です。

希望する職種や、希望する業務内容の仕事に就けないなど、エンジニアの転職で失敗しやすいタイプにはいくつかの特徴があります。

ではここからはその特徴を順番に見ていきましょう。

・転職理由が明確でない

転職理由が明確でない人は、転職で失敗する可能性があるので要注意です。

エンジニアとしてある程度経験があったとしても、なぜ転職したいのか、その理由が明確でなければ採用される可能性は低くなります。

特に前職の在籍期間が1年未満など短ければ、基本的に採用担当者は長く働いてくれるのかどうか不安を抱くものです。

また異業種から転職する場合も転職理由は面接における重要な評価ポイントとなるため、転職理由は明確にしておきましょう。

・ポートフォリオのレベルが低い

ポートフォリオのレベルが低いなど、転職活動の準備が甘い人も転職活動で失敗する可能性が高くなります。

なぜならエンジニアとして転職する場合、ポートフォリオは重要な選考材料となるからです。

特に未経験からエンジニアを目指す場合、ポートフォリオのレベルが選考に大きく影響します。

転職活動を有利にするためには過去に作成したWebサイトやアプリ、もしくはGitHubに作成したコードなど、実績をまとめておきましょう。

・適正の見極めに失敗している

エンジニアにはインフラエンジニアやWebエンジニア、AIエンジニア、IoTエンジニアなど様々な職種があります。

またエンジニアに近いIT業界の職種としては、テスターやヘルプデスク、プロジェクトマネージャ、セールスエンジニアなどがあります。

これらの職種は同じIT業界の職種でも業務内容は全く異なります。

そのため転職活動では自分自身の適性に合った職種を選ぶことが重要になります。

エンジニアはスキルアップすれば高い報酬を目指せる魅力的な職種ですが、日々勉強が必要な職種でもあるため適正も情熱も必要です。

適正の見極めに失敗すると希望する職種に転職できたとしても、短期間で離職するリスクとなるため注意が必要です。気になる続きは👇👇👇

他にも『techcareer magazine』では
エンジニアやクリエイターの人生やキャリアのお役立ち情報を配信中!

株式会社アイデンティティー's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more