1
/
5

『ジラフ』で次期CFOに着任検討する方向け!入社即リモートワーク時代となった労務担当に管理部の雰囲気を聞いてみた!

7月に4億を超える資金調達を達成した当社・株式会社ジラフ。IPOへの準備が着々と軌道に乗っているいま、3代目となるCFOを募集しています。

(▲参考:代表直筆)
例えばCEOを『大将』、COOを『軍師』とするならば、CFOはバックから軍を支え、着々と勝利への糸口を切り開く『参謀』といった具合でしょうか。
本日は、そんな参謀の元で働いてきた方をインタビュー。メンバーやご自身がどういった働き方をしているか、また当社のCFOに着任したらどのような環境が待っているのか、詳しくお聞きしてみました。

◆取材先  管理本部 人事総務部
      中谷 卓馬 (なかや たくま)

——CFO直下となる「管理本部」内で、主に総務労務まわりのお仕事を担っている中谷さん。業務上、人事の私とも頻繁に連携を取りますよね。

中谷「そうですね!なので、こうして正式に取材を受けるのは変な感じです。大したことは言えないかもですが……」

——とんでもないです!私こそ、ちょっとむず痒い感じがします(照)中谷さんは私と違ってジラフ歴も長いので、今と昔との違いなども聞けたらいいなーと思っています!

中谷「よろしくお願いします!」

——では早速。今はフルリモートのジラフですが、昔はオフィスがあったんですよね。その頃の管理本部の雰囲気って、どんな感じだったんですか?

中谷「あ、自分、入社して2日でフルリモートの体制になったんですよ。オフィスの雰囲気、2日間しか味わえませんでした(苦笑)」

——え。じゃあまだ会社の右も左もわからない状態の時期に、リモートに投げこまれちゃったんですか!?

中谷「言ってしまえばそんな感じですね。でも、確かにすごく大変でしたが、元CFOの宇佐美さんと、管理本部のメンバーたちが、オンラインでも自分を支えてくれました!その中には、今はもう退職された方もいらっしゃるのですが、現存のメンバーも含め、皆さんには本当に、今も感謝しています。」

——そうなんですね……。管理本部って、オンラインでも対面でも、いつも人を受け入れる体制が整っていますよね。

中谷「そうですね。新しいメンバーが入ってきた時は『ようこそ!』感満載ですし、自分の時もそんな感じでした。なのでCFO候補の募集が解禁された今、新しい方のジョインが待ち遠しいですね。」


(中谷さん。朝な夕なバリバリ仕事をこなすのに、休日はアウトドアが多いとのこと。アクティブ!)

——属している私が言うのもアレなんですが、管理本部の雰囲気について、中谷さんはどう思われますか?

中谷「そうですね。基本的に新しい人や新しいやり方はどんどん取り入れていきますし、週に一度、定例を開いて各々のタスクを確認したり、そこで普段できない雑談を行うこともありますよね。1on1も定期的に、というかちょくちょく開催されているので、常に自分のやるべきこと・なすべきことがクリアになっている状態、かつ日頃のちょっとした談笑も楽しめる、といった環境だと思います。」

——その通りですね。私もそう思います。

中谷「人によっては『仕事時間中に仕事以外の話をするな』みたいな人もいるかもしれませんが、管理本部はリモートですし、なかなか対面の機会がないこともあって、そういうちょっとした雑談の場も大事にする風潮があります。もちろん雑談だけダラダラ続けていたらダメですけど、意外とお喋りの中で『なるほど、この人はこういう考えの持ち主なのか』と気付かされることもあるので。バカにはできないですね。」

——わかります。私も何気ない会話の中から気づきを得ることがすごく多いです!きっとみんな同じように思ってる、ってことですね。

中谷「そうですね。もしかしたらそれも前のCFOの策略のうちなのかもしれませんが……(笑)」

(どこ?)

——メンバーについてはどう思いますか?

中谷「現実的なこと言っていいですか? 基本的にみんなレスが速いですよね。」

——わかります!「もう返事きた!?」みたいなことが多いですね!

中谷「管理本部メンバーは今、前のCFOだった本部長と、経理が一人、総務労務が一人(中谷)、人事が一人(帖佐)の4名体制(プラス一部業務委託)といった形で、人数としては少数精鋭的な感じなんですが、各々やるべきことを理解していますし、こちらの報連相に対して速攻で返事をくれます。どこかで滞る、ということはほとんど……というか、全くないですね。」

——すごく助かりますよね。仕事が円滑に進みます。でも私の場合はメンバーの真似して即レスしようとしてるだけなので、結果的に謎のスピードを産んでいるという残念な結果であるだけなんですが……。

中谷「多分みんなそうなんだと思いますよ!でも、結果として強固な協力体制になっていますし、何よりそれが定着しているのがありがたいですね。これも前のCFOの手の内かもしれませんが……(笑)」

——もしそうだったら、本当に策略家ですね。

中谷「スピード感って、すごく大事だと思うんですよ。ジラフは特にIPOを目指すベンチャー企業ですし、最近はヒカカク!(買取価格比較サイト)のテレビCMが放映されたり、magi(コレクター向けフリマアプリ&実店舗)の新店舗がオープンを控えていたりと、各事業部も活気盛んです。そのスピード感について来られるメンバーが、管理本部には集約されていると思いますね。」


(これは明洞とのこと。アクティブ!)

——新CFOが着任されるとなると、おそらく管理本部を統括する人物になるかと思います。中谷さんは、自分の上司となる人物に、どんなことを求めますか?

中谷「自分は特に『こういう人じゃないと無理』というのはないですね。ただ、ジラフの成長期を楽しんでくれるような人だといいなとは思います。こういう言い方をするとプレッシャーになってしまうかもしれませんが、CFOという立場上、とても責任のある位に座するということだと思いますので、その責任感ある仕事を『楽しい』と感じられる人ならいいな、と。」

——働くからには楽しくなければ、ですね。

中谷「ジラフはまだまだこれから大きくなる企業だと思っています。今ある土台を活かしつつ、それをさらに広く、高くしていくためには、『知識』『行動力』、あと『モチベーション』が大事だと思うんですよね。自分の場合は、任せてもらえる範囲も広いので、その辺ある程度自由に、楽しくやっていますが、同じように『責任を楽しんで担える方』だと、うちのカルチャーともマッチするかな、と思います。」

——仰る通り、その三点セットはとっても大事です。特に当社のようなスピード感のあるベンチャーなら尚の事ですね。

中谷「そうですね。管理本部は30代がメンバーとしては多いですが、別に同じ年頃じゃなくたってウェルカムですし、例えものすごく年上の方が来たところで、ただただ歓迎するだけです。両手を広げて。」

——抱きしめる感じですね!確かに、一番新参である私が入社したときも、管理本部のメンバーはみんな歓迎してくれました。一度、全員で一緒にサテライトオフィスで仕事をする機会も頂けましたね。この場を借りて、あの時はどうもありがとうございました。

中谷「いえいえ。ほら、あのときって、業務委託の方も足を運んでくれたじゃないですか。だから本当、それが管理本部のカルチャーなんですよ。誰かが来たら言葉でも歓迎するし、歓迎の意志をきちんと態度で見せます。

——今はまたコロナが猛威を奮い始めていて難しいですが、ああいったことがまた出来たらいいですね……。

中谷「それこそ新CFOの方が入社された時はぜひ、ですね!」

私は、入社したその瞬間からリモートワークでした。何をどうすればいいのやら、誰が誰なのかもわからない状態の私を、中谷さんが率先して助けてくれたこと、今でも鮮明に覚えています。中谷さんをはじめ、管理本部メンバーは、私にとって本当に、感謝してもしきれない大切な存在です!

さて、冒頭にも記載したように、弊社は【新CFOを募集中】です。メンバー一同、大手を広げて待っておりますので、これを機に、ぜひお話だけでもさせていただけませんか?カジュアル面談のご依頼、いつでも受けつけております!

CFO
中野のコマースベンチャーでCFO募集|投資銀行出身者/VC/会計士歓迎!
ジラフは、社会のため、ユーザー様のために世界をより良い方向へ変えていくこと、”事業を通じて社会に驚きを与え続ける”存在となることを目指しています。 現在、「ヒカカク!」 、「magi」を運営しており、ビジネスモデルはメディアだけでなく、コマースを重点領域に置くスタートアップとなりました。コマース領域は10年以上成長し続け、数千億円規模へと成長ポテンシャルのある市場です。すでにStockXやGOATなど海外ではバーティカルなコマース事業として時価がついており、国内においてもZOZOTOWNをはじめとして、1兆円規模の事業が生まれている領域です。コマースの未来を作っていく活動はそれだけの市場価値を生む仕事だと考えています。従来培ってきたユーザーマッチング、WEBマーケティングのノウハウを活かし、最大限の価値提供を中長期で実現出来る事業を選定しています。足元数年の時価総額で言えば1,000億円企業、定性的なストーリーで言えば世界中のユーザー様にご利用いただけるサービスづくりを行っていきます。実際に海外版magiもローンチし、すでにアメリカ、シンガポール、中国のコレクターの方々からも毎日ご購入いただいております。 ■買取比較サイト 『ヒカカク!』 https://hikakaku.com/  モノを売ろうと思っても「どこに売ったらいいのかわからない」「少しでも高く買い取ってくれるところに売りたい」という疑問や要望解決し、「売ってよかった」体験を生み出します。2022年7月からテレビCMも数千万円規模で放映しており、サービスとしての認知度を高める中でリユース市場のさらなる活性化を目指しています。 ■コレクター向けフリマアプリ 『magi』https://magi.camp/ 鑑定サービスや委託販売サービスなどのバーティカルに特化した機能で、トレカやスニーカーを安全に売買できるマーケットプレイスサービスです。希少品を網羅的に、安全に売り買いできるサービスを目指しており、世界中にいるコレクターに愛されるサービスを目指しています。中野ブロードウェイや秋葉原にはコレクター向けトレカ専門店を出店しました。渋谷モディにもプレイヤー・コレクター両にらみのランドマークとなる出店を予定しております。
株式会社ジラフ
株式会社ジラフ's job postings
8 Likes
8 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
Invitation from 株式会社ジラフ
If this story triggered your interest, have a chat with the team?