1
/
5

2022年春の合宿を行いました!

こんにちは!エフカフェで人事を担当している奥畑です。
今回は先日実施した合宿をレポートしたいと思います!

合宿は毎年春に開催しています。
通常は淡路島のリトリート施設をお借りし、2泊3日で行っています。
今回はコロナ禍という状況もあり、オフィスで1日宿泊なしで実施しました。


↑淡路島での合宿の集合写真!

合宿でどのようなことを行っているかですが、経営陣からお題が出され、それに対してチームもしくは個人で取り組み、発表する ということをしています。
過去にはこのようなお題が出されました!

・5年から10年を見据えたコーポレートキャッチの設計と今後目指す事業領域を決定し、サービス内容を設計せよ
・年商20億円、営業利益8億円を達成する単品リピート通販ビジネスの可能性について提案せよ
・エフカフェのリクルートページを策定せよ
・日本の商品を海外に販売するために動画を活用したEC事業を確立せよ

このような課題を通して、実際に事業を生み出しチャレンジしています。


↑淡路島でのワークの様子

今回の課題は、「タフで愛あるチームであれ」にドライブをかける仕組みのアイデアを思考せよ でした。
エフカフェには日々どのような姿勢でいるべきかを定めた行動哲学があり、そのうちの一つが「タフで愛あるチームであれ」です。
コロナ禍になり、長い間リモートワークが続いていたので、顔を合わせて何かをする機会が激減し、コミュニケーション不足を課題に感じていました。
状況を見てエフカフェはリモートが一部解除になったので、このタイミングでどうすればもっと良いチームができるかという案出しを本気ですることで、そのプロセス自体が会社にいい雰囲気をもたらすのではないかという意図がありました。


↑今年のあるチームのワークの様子。みんな真剣!

ランダムでチームを分け、そのチームごとに考えました。
いつもの合宿に比べると短い時間でしたが、エフカフェをさらによくするためにはどうすればいいのかというディスカッションを通じて、個性的なメンバーが集まっていること、そしてやっぱりこのメンバーたちと日々仕事ができていることは幸せだなと改めて思いました。
エフカフェはビジョンに向かって突き進んでいくことが最も大事ですが、実はそれよりも「誰とやるか」を大事にしています。
そして私自身、このメンバーと人生の長い時間を共にしたいのでエフカフェを選びました。
その初心を改めて強く実感できたこと、そして人事となった今、このエフカフェというチームを支えていきたいと改めて決意できたことが本当によかったです!!


↑発表の練習をしています!

合宿では各チームの発表後に宿舎で大宴会を行うのですが、今回はオフィスでピザを囲みました。
「最近何作ってんの?」「今日のあのアイデア最高だったね!」「こっちのピザ激ウマですよ!」など楽しい会話がいたる所で飛び交っていて、幹事としてその光景を見ていて微笑ましく、そしてとても美しかったです!


↑エフカフェのみんなはピザがお好き


↑久々の打ち上げに喜んでいる私

コロナ禍で入社してくれたメンバーはまだ本当の合宿を経験できていないので、次回こそは通常の合宿ができればなと思っています。

エフカフェは"チームで"何かをしたり目標に向かって突き進むことをとても大切にしているので、それに共感してもらえるかどうかがビジョンへの共感と並んで弊社の採用条件の中でも最重要視しています
逆に言えば、チームとメンバーを大事にできて、自分のビジョンとチームのビジョンに向かって全力疾走できる人であれば未経験でも構いません!

共感していただける方、ぜひ一度お話しましょう!

ご拝読ありがとうございました!

株式会社エフカフェ's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more