1
/
5

Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

福利厚生や理想の働き方についつい目がいってしまってませんか?自由度の高い会社で求められることとは何なのか。

こんにちは、エスネットワークス人事グループの山本です!

本日は就活生のみなさんにぜひ読んでいただきたい1冊をご紹介させていただきます!

私は現在、人事の部門で仕事をしている関係でよく他の企業の人事の取り組みに関する本を読んでいるのですが、その中でも「NETFLIX」の人事戦略に興味がありぜひご紹介させていただきたいと思います。

過去にもNETFLIXに関する書籍は読んだことがあり、今回も日頃の仕事の情報収集と思って読み始めたのですが自分自身の働き方や与えられている責任や期待値について考えさせられる内容になっておりぜひ、今、就職活動を頑張っている学生のみなさんにご紹介したいと思った次第です。

少しでもみなさんの就職活動の参考になっていただけると幸いです。

書籍名:NO RULES~世界一「自由」な会社、NETFLIX~

今の時代、恐らく知らない人が少なくなっているであろうサブスクリプションサービスを展開している有名企業「NETFLIX」。なぜ動画配信サービスの先駆けの一員になれたのか、なぜ世界規模で成長を遂げることができかの理由は『「自由」と「責任」のカルチャー』を創設者兼CEOであるReed Hastingsが自ら体現し社員に浸透し続けてきた成果と言えるでしょう。

自由を得るにはそれ相応の責任が伴います。それがまさに社会人になる、ということにも繋がっていますね。仕事をして収入を得る、自分自身のキャリアを自分で考えて歩んでいく、いろんなことを出来る可能性がみなさんには広がっています。

本書籍の詳細についてはここでは述べませんが(もし質問等あれば山本までご連絡ください!)、みなさん就職活動をするにあたって今、どんなことを考えていますか?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

・若手の間から裁量ある環境で仕事をしたい!

・収入が多い仕事をしたい!

・働き方が充実した会社がいい!

・リモートワーク、ワーケーションいろんな選択肢があるのが今の時代なんじゃないの?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

などなど他にもたくさんの考えがあると思います。

もし、あなたの人生が今考えている目的を得て幸せになるのであればその条件に合う会社の選考を受けて入社をすれば良いと思います。一方で「こんなのがあったらいいな」「こんな風になれれば良いな」などもし『タラ・レバ』で考えてそちらの方向にいくのであれば一度、立ち止まってください!

あなたが欲しい「かも」しれないと思っているものを求めるとそこには「責任」が必ず伴います。

「いやいや、私はそんな本気で思ってませんよ。あれば良いと思っただけです。」と言ったとしてもあなたは社会に出ると立派な社会人の一員になり自分の行動に伴う責任というものが常に付きまといます。

しかし一方で、そんなこと急に言われても自分が実際に当事者になって仕事をするイメージなんて湧かない、と思う方が多数だと思います。ぜひイメージを深めるために、今回ご紹介した『NO RULES』を読んでみてください。様々な過去の業務事例やNETFLIX社員のコメントを元にいろんな事例が紹介されています。

私個人としてはこの本を読んでから、第一志望と考えている会社の面接に向かっても遅くないと思います!

なぜならNETFLIXでは超一流と認められる人しか採用せず、求めるスキルや経験、ビジョンのレベルが非常に高いです。なかなかここまで言い切っている会社は世の中に少ないと思いますが、これから受けに行こうと思っている会社は『自分自身を超一流の人間と判断して採用しようと思っているのか』も企業を見極める上で自分自身の判断軸になるかもしれないですね。企業に判断されて内定をもらうのではなく、企業からあなたを「採用したい!」と思わせることが一番大事だと思います。

ぜひご興味お持ちいただけた方はご覧くださいませ!

ちなみにエスネットワークスは企業理念に

「経営者の支援」及び「経営者の輩出」を通じて、日本国経済に貢献する。

と掲げており、入社してもらったからには超一流のビジネスパーソンに育っていただきたいと考えている会社です。各個人の成長への支援は惜しみません。

分かりやすい制度でいうと、今回この書籍を購入したのは会社の福利厚生制度の1つである【書籍助成制度】を活用し購入させていただきました。私たちはコンサルティングという人が商品になる仕事をしているのでインプットをし続けないと自分の市場価値が下がってしまいます。また会社としても成長途上の状況のため私のようなバックオフィス部門のメンバーも同様にインプットして会社を成長させる手段をアウトプットすることが求められます。

そのための方法として読書に力を入れており、会社としてインプットの機会を準備しています。

もしあなたが『成長』というキーワードに重点を置いて就職活動をしているのであればぜひ、一度エスネットワークスへご連絡ください。期待を裏切ることはない環境があると思います。

それではあなた様からのご応募、心よりお待ちしております!


株式会社エスネットワークス

グローバルコーポレート本部

山本知尋

エスネットワークス's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more