1
/
5

しくじり社長!俺みたいになるな!①「努力を続ける人だけに与えられたバッターボックス」

【時代が時代なのでちょっと落ち込んでいる人向けに書いてます!】

こんにちは。

『地域に根差すリアルビジネスをモリアゲるエリアマーケティング会社』のエンドライン山本です。

Missionは「モリアゲる。オモシロく。」です。


さて、TOP画像のイメージはインパクトがあるので、やってみました。特に意味ありません、、。




今回から「しくじり社長!俺みたいになるな!」をお送りします。


今日は第一回「努力を続ける人だけに与えられたバッターボックス」をお話ししますね。

なんか、タイトルからして良さそうな話じゃないですか!では、続きを読んでくださいね。



私の人生は、紆余曲折ありすぎます(笑)

「大学中退~フリーター~吉本興業の芸人~フリーター~ブラック企業に就職~企業」となかなか凄まじいですよね(笑)


意図的に波風立つ人生を送ってきたわけではありませんが、気づく「波しかない人生」になっています。

サザンオールスターズもびっくりです。江の島的人生です。



しくじった経験は無数。今も毎日毎日しくじりの連続です。



◆若い時はしくじるに限る◆

一般的に「しくじり」って悪く捉える方がいますが、果たしてそうでしょうか?


そもそも「しくじってない人生」の方が怖いと思います。


何事も順風満帆で人生を過ごして、40代でいきなりしくじる。その結果、うつや自殺なんて事も。

いや~怖いですね!



若い頃にしくじる方がメンタル強くなります。

なので、たくさん「しくじって」ください。


この日本で会社を倒産させようが、仕事でミスろうが「命は取られない」のです。

何度でも再起が出来ます。


ああ、なんて素晴らしい国なんでしょう!


一時的にバッシングされたとしても、誰も「あなた」に興味はありません。

だって、芸能人のバッシングですら数か月で忘れるでしょ?

そんなもんです。


なので、思い切ってやりたい事やってください。



◆人はみな、今に恐怖している◆

人はみな「失敗したらどうしよう!」と思いながら生きています。


そういう私も20代の時「10代とは違うんだ!20代で失敗したら取り返しがつかない。」と思っていました。


今考えたら「若いのに何言ってんだ…」という感じですね。


30代の時「20代とは違うんだ!30代で失敗したら取り返しがつかない。」と思っていました。

あらら・・・。20代と同じですね、、


40代のになると流石に「こりゃ永遠に同じ事言うだろうな。」と気づきました(笑)


人ってずっと同じ事言うんですよ。


人はみな、今に恐怖している生き物なのです。それに気づくまでに40数年かかりました。

今皆さんが抱えている20代の恐怖と40代の恐怖、おそらく60代の恐怖は同じものです。

そして経営者の恐怖もサラリーマンの恐怖も似たり寄ったりです。



◆今この瞬間を切り取り「良い」「悪い」を決めない◆

私は「大学を中退した落伍者」です。

大学に5年間行き、単位が42でした。

めちゃくちゃサボりまくって退学しました。

なので、学歴は高卒です。

人生終わったと思いましたね。


四年制大学卒の方々に引け目を感じた時期もありました。


ましてや、東大や京大の人なんて想像もつきません。


この時点で、高学歴の人とは圧倒的な差がありますよね。


当時は「そういう人たちと一生知り合う事もないだろうな~」と思ってました。



20年ちょっと経って、経営者仲間に東大や京大の方がたくさんいます。

仲良く食事したり、熱く語り合ったりします。

あらま~。あの頃は雲の上の存在と思っていましたが、皆さん普通の人です。(頭はいいですよ!)

そんなに差なんてないんですよ。まじで。



これだけは覚えておいてください!



人生を短期的に見てはいけません。


今この瞬間を切り取り「良い」「悪い」を決めるのは間違いです。


先は長いのです。


若い頃のしくじりなんて、マイナスなんて何一つありません。

これは精神論ではありませんよ。私が経験した「リアル」です。



◆置かれた場所で咲く◆

就活が大手に決まって喜んでいる学生さんがいます。

しかし、半年で辞める人もたくさんいますよね。

その人の評価ってどうなのでしょうか?

内定時の評価は「凄い人」、辞めてしまったら「出来ない人」。

短期的に見るとそんなものです。

言っちゃ悪いですけど、就活なんてそんなレベルの話です。


もちろん一生懸命にやって欲しいですよ。

でもですね、仕事は「置かれた場所で咲く」方がはるかに大事なのです。

そうすれば、逆転のチャンスが回ってきます。


長いスパンで人生を見ていくと、逆転ホームランを打てる打席が回ってきます。

それは継続的な努力を続ける人だけに与えられたバッターボックスです。

「努力すれば叶う」は大嘘です。

本来は「努力すればバッターボックスに立てる権利を得れる。その後は分からない。」が正解です。


何にしても「バッターボックス」に立たなければ、成果は出ないので努力は必要です。



精神論みたいになりましたが、今落ち込んでいる人がいたら少しでも元気になって欲しいという思いを込めてお伝えしました。


大丈夫です。自堕落な私が社長やってるんですから。(今は変わりましたけど)


良かったと思ったら友人にでもシェアしてください。


22年新卒採用やっています。ご興味あればお気軽にご連絡ください。

エンドライン株式会社's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more