1
/
5

Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

Bye Bye!「やすい」「はやい」!早くお客様を救わなければ。

みなさんこんにちは。

モリアゲアドバイザーこと、エンドライン株式会社の代表取締役山本啓一です。

背中ののぼり旗は只今ネーミング思案中の「新商品」です。戦国武将みたいですね(笑)


本題に入る前に、社員がおススメする販促物の動画です!ぜひご覧あれ。

学生さんには当社の雰囲気と商品が分かりやすいかなと思い見て欲しい動画の一つでもあります。(チャンネル登録と高評価よろしくお願いいたします!)

さて本題です。

当社は創業から16年、のぼり旗や横断幕制作に軸足を置いてきました。(動画にあるような商品です)

しかし、ここにきて事業変革する決意をしました。

理由を述べる前に、まずは当社のMissionをお話させてください。

Mission

モリアゲる。オモシロく。

世の販促物は「安い!」「早い!」が横行しています。しかし、「安い」「早い」は当たり前の時代です。お客様に寄り添い提案できる会社が世の中にありません。当社は「安く」「早く」だけではなく、効果の出る販促物を提案します! 数千社の取引社数・数万件の制作実績に基づいた「オリジナルノウハウ」「豊富な事例」「アイデア溢れる活用提案」を基にモリアガる販促・オモシロい販促をご提案します。

その結果、お客様の売上がアップし、「ありがとう!」と「笑顔」をいただけます。それらがつながりご縁が線となり、モリアゲ起点の「元気ネットワーク」を、日本、アジア、世界中に広げます。

です。


Missionに書いてある通り「安い」「早い」の販促物が横行していますが、それらは手段であって、目的ではありません。販促を行う本来の目的は何でしょうか?


そう!「売上アップ」です。



お客様にとってECで安い販促物を買う事は本当に良い事なのでしょうか?



私はそうは思いません。



なぜなら「安く買う」=「売上アップ」にならないからです。



これ小学生でもわかる通り「=」じゃないですよね?



先ほどもお話した通り、目的と手段がすり替わっています。


当社のお客様も「そもそもどのような課題があり、どうしたら良いのか?」を悩んでいます。

しょうがないんです。

現代は情報が溢れすぎていて、お客様自体が自分の課題を分かっていない事が多いのです。


課題が分からないのに、解決策に走ってしまう。

なので「ネット広告にしよう」「のぼりにしよう」と思いつきで施策を決めています。


極めつけは「安く買えれば失敗しても損失も少ないから」となっています。


私達はこれらを「大きな社会課題」と認識しています。

手段と目的がすり替わっているのはおかしいなと思います。



そこで、当社はそこにメスを入れるべく現在諸々のテストマーケティングを行っています。



良い成果が出れば「社会課題」を解決でき、「業界を変革」できます。



出来ますではなく、必ずします。



顧客に貢献し、もっともっと社会に役に立つ会社になります!



テストマーケティングはまだ企業秘密ですが公開できるようになればまたお伝えしますね。



今はこう思っています。



Bye Bye!「やすい」「はやい」!早くお客様を救わなければ。

エンドライン株式会社's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more