1
/
5

大学時代は何か1つに打ち込む or 遊び切るか

インターンを探しているあなたは成長意欲が高いことでしょう。

しかし、「成長」とは本当にあなたにとって必要なのでしょうか。

結論から言えば、中途半端に何かを並行しながら「やった気」になるのであれば、

変に意識高くならず、最初から大学生らしく遊びに徹したほうが賢明であると言えます。

しかし、周りと同じように遊ぶのではなく、

「大学生のうちに一旗揚げたい」「様々な可能性を探していきたい」と、

本気で思っているのであれば、

”これだけはやり切る”といった対象物を、たった1つに絞り込み、

コミット仕切ることで、劇的に「成長」できます。

ですから、中途半端に分散せずに、

「これだけはやる」と決めて、一生懸命掘り下げていくことを推奨します。

そうでなければ、全力で遊びに振り切るほうが中途半端に苦労しません。

大学の4年間も長いようで、あっという間

大学生のうちは時間があるように錯覚するので、

様々なことを並行して進めたくなる気持ちも分かりますが、

案外時間はあっという間。

かつ、思ったよりあなた1人の時間や労力で出来ることは限られているのです。

ですから、

「あれも、これも」と中途半端に意識高くなるのであれば、

最初から1つに絞りきって、ある一定の閾値に到達するまでコミットすると良いでしょう。

この長い人生のうち、仕事してる時間のほうが圧倒的に大半を占めるので、

大学生のうちに「やりきり経験」をつけて、キャリアの理解を深めておくと、

「仕事を楽しめる人間」になることができ、長期的に救われます。




複数の活動はレバレッジが効かない

しかし、在学中、意識は高いだけで、何かを複数個、掛け持ちなどして、

力が分散しているだけでは実りはしない。

私の同級生も様々な学生団体やインターンをかけもちしていて、

当時は「すごい」と指をくわえて見ていたが、

結局、いまは普通の下っ端リーマンをやっている(リーマンが悪いというわけではない)


また、資格を大量にとっている学生も当時は凄いと錯覚していましたが、

特段社会に出て、その資格がすべて活きているわけではない。

どちらかといえば、1つを掘り下げて「自分は〇〇ができる人」

といった確固たる自信をつけることのほうが先決だったのです。


したがって、学生時代に、1つに決めきってコミットできないのであれば、

最初から遊びに徹するほうが短期的には幸せかもしれません。

私も、学生時代には「選択肢はいくつか持っておきたい」と思っていた時期もありましたが、

それでは結局、私自身、大きくはハネなかった。


私自身、結果が出始めたのは、大学4年から休学して腰を据えて「やるぞ」と決めてから。

「自分で」退路を経ち、選択した場所でやり切る勇気がなければ、

何事も良い方向には進まないものです。


もし、1つに絞って結果を出し切る覚悟があれば

ぜひ弊社のインターンシップにご応募ください。

株式会社DAU's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more