1
/
5
This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

<役員インタビュー>◆◆コンテンツワンではキャリアが積める!!その理由を徹底解説!◆◆

こんにちは!コンテンツワンの関根です。
今回は『コンテンツワンではキャリアが積める!!その理由を徹底解説!』というお題でお話しします。

皆さんのキャリアってなんですか??

なかなか難しい質問で返答できない人も多いのではないでしょうか。。
それにキャリアの事を考える事って少なくありませんか?

以前にここに掲載しましたが、当社のMissionで「仕事通じて成長する」とあります。
会社としてのスタンスは成長していく事をベースに仕事を進めていくわけで、
当社の社員はこのMissionを実行するマインドをもった集団ではありますが、
「キャリア」については一人一人違ってきます。

それは年齢、性別、将来の夢、、、一人一人それぞれの思いがあるものです。

例えば経験を重ねてスキルが上がっていった社員に管理職のポジションを担ってもらう。
確かに成長はしているもののこれは本人が望むべきものなのでしょうか。
管理職を望んでいるのであれば良いのですが、そうではない社員もいるものです。
スキル向上を重視し、その分野でのエキスパートを目指すものもいるものです。

それはどの職種でも一緒と考えます。
エンジニアもデザイナーも。あるいは営業担当も。

例えば、業務系や金融系の開発現場経験の多いエンジニアからもう少し最新技術に携わる現場にいきたい!
という意見がありその意見を尊重し稼働先を異動させる事を実施しました。
それから3年、何よりも本人が今の現場が楽しい!という事を語ってくれています。

当社では一人一人の志向を重視し、本人希望のポジションを担って頂いています。
そうする事によって半期に一度の目標成果についても納得感が出て、
自身で立てた目標に責任感が出てくるものです。

加えて当社の特徴として半期に一度の評価面談の他に、
四半期に一度目標に対しての進捗面談も実施しています。

その面談は私が従業員一人一人全員と行うのですが、
その中で近々の目標に対する事だけでなく一人一人のキャリアビジョンについても語って頂いています。

つまり自身のキャリアの事について四半期に一度は考える機会が生まれるのです。
キャリアの事を考える=将来像ですので、前向きな考え方にもつながってきます。

四半期に一度なのであまり変化がない人もいたりしますが、なかにはそうでないケースもあります。
タイミングよくトランジションを迎えた社員がキャリアについて悩むケースもありますが、
四半期に一度の面談を行っていることで相談もしやすくなります。

また四半期に一度話す事で、一人一人が考えていることのアウトプットもしやすくなり、
その分業務に集中する事にもつながってきます。

当社では「成長する」をベースに考えますが一人一人のキャリアも尊重しています。
キャリアについて不安な方、相談してみたい方、既にキャリアビジョンをお持ちの方、
是非当社までお問合せ下さい。熱く語ってください!

★社員の声( 面談について )★

・自分がやりたいかどうか、今後のためになるかどうかを真摯に考えてくださいます。
 毎度ちょっと愚痴っぽくなってしまって申し訳ないですが、そんなことも話せちゃうくらい
 なんでも聞いてくれます^^(入社7年目・デザイナー)

・面談を実施していただくことにより、毎回自分のやらないといけないことを気づかせてもらって
 います!
 こうやれ!ああしろ!!ではなくまず第一に自分自身の考えをしっかり持ち、
 実行していくことを導いていただける本当に大事な時間となっています。(入社2年目・営業担当)

株式会社コンテンツワン's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more