1
/
5

【若手社員インタビュー】若手から、確かな社会貢献の実感を。

ーーー本日はよろしくお願いします!まずは自己紹介からお願いします!

河口龍です。新卒で入社して、2年目になりました。

今は茨城県の営業を担当しています。


もともと「人のためになる仕事をしたい」というふうに漠然と思いながら就活をしていて、そこで赤尾の事業の社会貢献性に惹かれて入社しました。

テレビやニュースで、被災の現場で働かれている消防隊員さんの姿を見ると、間接的ではありますが自分のやっていることが誰かを助けることにつながっているんだなと実感しますね。



ーーー普段の会社の雰囲気は、皆さんどのような感じなのでしょうか?

ワイワイしているというよりは、それぞれが集中して静かに働いている感じですね。

でも、社員同士、上司と部下同士のコミュニケーションは綿密です。自分のような新しく入ったメンバーを先輩方がよく気にかけてくださったり、元気のない人や困っている人がいたら声をかけたりご飯に誘ったり。優しい方が多いです。

わからないことも聞けば丁寧に教えてくれますし、時には厳しくても、その厳しさの裏には必ず相手をもっと良い方向に導こうという意図があります。


ーーー先輩からしっかり学べる環境が整っているんですね!

はい。営業に同行させてもらえる機会も結構あるんですが、もう商品知識もすごいし、次から次へと言葉が出てくるし、声もすごくハキハキしていて…見ているといつも「自分もこうなりたい」と思います。

自分はやっぱり、まだまだ商品知識の量も少なくて、「こんな商品が欲しいんだけど」みたいな要望にすぐに切り返せないことがあって。もっと勉強して、何を言われても対応できるようになりたいです。



ーーー入社から今までを振り返って、特に印象に残っていることはありますか?

嬉しかったことと、大変だったこと、両方あります。

嬉しかったのは、よく連絡をとっている取引先の方に「担当が河口さんだから、赤尾と仕事してるんだよ」と言っていただけたことです。そうして仕事を振っていただけるとやっぱりすごく嬉しいですし、モチベーションも上がりますね。

まだ新卒で若くて、これから覚えていかないといけないこともいっぱいあるんですが、お客様から信頼していただけるように「とにかくレスポンスの早さは誰にも負けないようにしよう」と思っていて。

レスポンスは早ければ早いほど良いっていうのは、初めて取引先にご挨拶に伺ったときに言われていて、そのときの言葉がずっと頭に残っているんですよね。


大変だったのは、初めてひとりで営業のプレゼンをしに行ったときです。

本当に緊張しすぎて具合が悪くなって、でも、とにかく事前準備はやれるだけやって臨もうと思ってたくさん調べて準備したら、肝心の本番でめちゃくちゃ早口になってしまって…(笑)

最初はそんな感じで全然ダメだったんですが、とりあえず「ここができなかったから、次はこうしよう」って、前回よりも良いクオリティでできるように毎回意識しています。


あと、今のは精神的に大変だった話なんですが、肉体的に大変だったこともあって。

つい最近なんですが、パーテーションっていうテントみたいな製品があって、これを朝の10時くらいから夜の6時までずーっと20人くらいでトラックから降ろすっていう作業があって、最終的には腕がつりました(笑)

でも、なんか学生時代の日雇いバイトみたいでちょっと楽しかったですね。初めてだったので、こんなこともするんだなと思いました。



ーーー入社してから今までで、ご自身で「成長したな」と感じられる部分はありますか?

最初の頃は言われたことをやるだけだったのが、実際にお客様を担当させていただくようになってからは、言われたことにプラスでどんなアクションがあったらいいかを自分で考えるようになりました。

あとは、いかに災害に備えるかという目線でいろんなことをとらえるようになったと思います。この前も能登で震災がありましたが、自分たちみたいな営業が、被災地で必要になるものをもっと早くから備えとして納めておけばより早い段階で処置ができたのかな、とか。

そういった面での意識も変わりました。



ーーー最後に、求職者の方にメッセージをお願いします!

赤尾の仕事は、やっぱり消防に興味がある方だと強いかなと思います。消防士さんとすごくコミュニケーションをとりながらやっていくので。

自分のように「社会貢献、地域貢献、人の役に立つ」みたいなところを就活の軸にしている方にもぴったりだと思いますし。

あとは、営業職だとひとりだちするスピードが早くて、3ヶ月くらいでもうお客様の担当につくんですよ。なので、責任の伴う仕事を任されたい方にはとても良い環境だと思います!


ーーー河口さん、ありがとうございました!!

株式会社赤尾では新たな仲間を募集しています!

▼25卒の募集はこちら

圧倒的成長環境!
結果を出せば出すほど昇進スピードが早まる環境で自分の実力を試しませんか?
私たちは、消防防災機器の専門商社です。 消防ホース、消火栓、救助機器、救急用品、避難器具など、消防活動・救助・救護に関わる幅広い分野の商品をカバーしており、取り扱っているアイテム数は3000種類を超えます。 なかでも消防用ホースについては、1903(明治36)年に国内で先駆けて消防用麻ホースの開発に成功して以来、今日に至るまで主力商品となっています。ほかにも、消防服、消防車両、救急車の製造・販売も行っています。 どうしても避けきれない突発的災害。 その極限状態で使用される機器には、絶対の信頼と確実な作動が求められます。 赤尾の消防防災機器は、一刻を争う災害現場でその高性能ぶりを発揮し、第一線で戦う消防隊員を確実にサポートしています。 また、救命救助機器は、わずかなミスも許されない極限状態での使用に的確に応え、多くの命を救ってきました。そこには赤尾のたゆまぬ努力に裏付けられた誇りと、社会的使命が確かに存在しています。 よりよい製品を求めて変化していく市場に対応し、商品開発分野を拡大しながら、消防から救急の現場までを総合的に支えるプロフェッショナルとして、防災・減災の確固たる基盤をつくります。 【事業内容】 ■消防機器事業部門 消防用ジェットホース、消防用機器販売 ■消防服事業部門 自社ブランド「エミユファイター(R)」製造販売 ■産業資材事業部門 安全保護具、災害防止用品製造販売 ■防災設備保守部門 消防設備設計、施工、保守
株式会社 赤尾
Sales / Business Development
経験がある方はごくわずか!?地域防災に携わる仕事に興味がある方募集中!!
私たちは、消防防災機器の専門商社です。 消防ホース、消火栓、救助機器、救急用品、避難器具など、消防活動・救助・救護に関わる幅広い分野の商品をカバーしており、取り扱っているアイテム数は3000種類を超えます。 なかでも消防用ホースについては、1903(明治36)年に国内で先駆けて消防用麻ホースの開発に成功して以来、今日に至るまで主力商品となっています。ほかにも、消防服、消防車両、救急車の製造・販売も行っています。 どうしても避けきれない突発的災害。 その極限状態で使用される機器には、絶対の信頼と確実な作動が求められます。 赤尾の消防防災機器は、一刻を争う災害現場でその高性能ぶりを発揮し、第一線で戦う消防隊員を確実にサポートしています。 また、救命救助機器は、わずかなミスも許されない極限状態での使用に的確に応え、多くの命を救ってきました。そこには赤尾のたゆまぬ努力に裏付けられた誇りと、社会的使命が確かに存在しています。 よりよい製品を求めて変化していく市場に対応し、商品開発分野を拡大しながら、消防から救急の現場までを総合的に支えるプロフェッショナルとして、防災・減災の確固たる基盤をつくります。 【事業内容】 ■消防機器事業部門 消防用ジェットホース、消防用機器販売 ■消防服事業部門 自社ブランド「エミユファイター(R)」製造販売 ■産業資材事業部門 安全保護具、災害防止用品製造販売 ■防災設備保守部門 消防設備設計、施工、保守
株式会社 赤尾


株式会社 赤尾's job postings
9 Likes
9 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
Invitation from 株式会社 赤尾
If this story triggered your interest, have a chat with the team?