1
/
5

【実務未経験エンジニア必見】エンジニアを目指すうえで取得すべき資格4選

今やどの業界でも引っ張りだこの、エンジニアという職業。

そんな憧れのエンジニアになりたいと思っている方も多いはずです。

今回はそんなエンジニアという職業に就くために、取得しておくと良い資格を4つご紹介します!

新卒でも中途でも、「エンジニアになりたい!」「興味がある!」という方はぜひ最後まで目を通してみてください!

|エンジニアになるには資格は必要?

エンジニアを目指すにあたって、特別な資格は必要ありません。

エンジニア向けにはさまざまな資格が存在しますが、そうした資格を全く保有していないエンジニアも存在します。

ただ、資格を取得することによるメリットはあります。
以下、いくつかメリットをご紹介いたします!


①客観的なスキルの証明になる

エンジニアには、幅広いITに関する知識と経験が必要になります。

自分の口でいくら「できる」と言っても、なかなか自分のスキルを証明することは難しいです。
その点、資格はスキルの証明になります。

社内に向けては知識や学習意欲があることをアピールできるだけではなく、転職をする際の希望企業に向けても知識技能のアピールに使うことができます。


②キャリアアップに繋がる

合格率の低い国家資格や、海外でも通用するようなベンダー資格などは、その資格を持っているだけで評価されます。

企業によっては昇進、昇格のための条件にしている場合もあります。

他のエンジニアとの差別化にも繋がりますので、転職を考える場合にも有用です。


③企業からの資格手当の支給

企業によっては資格の取得にあたって支援金を支給するなど、資格取得を推奨するところも見られます。

また、資格を保有していることで、給料に手当がつくといった収入面でのメリットがあるケースもあります。


|おすすめの資格

①ITパスポート

ITを主として業務に当たる、当たらないに限らず、全ての社会人が備えておくべきITに関する基礎的な知識が証明できる国家試験です。

試験はCBT(Computer Based Testing)方式により年間を通して実施されています。

ITに関する知識が乏しいと感じる場合は、まずはこの資格で自身のレベルを測ってみるのも良いでしょう!


②情報セキュリティマネジメント試験(SG)

組織の情報セキュリティ確保に寄与し、サイバー攻撃などの脅威から継続的に組織を守るための基本的なスキルを認定する試験です

情報セキュリティに関する基本的知識と技能の習得が望める試験と言えます。


③基本情報技術者試験(FE)

IPAの情報技術者試験において、エンジニアを対象とした資格のなかで、まず最初に取得すべき資格です。

エンジニアに必要な基本的知識を幅広く問われる内容となっています。

難易度は基礎レベルで、就活に備えて大学生のうちに取得する傾向もあります。


④システムアーキテクト試験(SA)

情報システム、組込みシステム、IoTを利用したシステムの開発に必要となる要件を定義し、それを実現するための構造設計に携わるエンジニアを対象とした試験です。


以上、エンジニアを目指すうえで取得するべき4つの資格比較でした!

エンジニアを目指す際に大いに役立つであろう資格なので、余力のある方はぜひ取得することをおすすめします。

弊社システム技研でもエンジニアの資格取得は推奨しており、未経験からエンジニアを目指すのに最適な環境をご用意しています!

まずは相談ベースでも構いませんので、少しでもご興味のある方はぜひ募集記事も読んでエントリーしてみてください!
心よりお待ちしております。

株式会社システム技研's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
Invitation from 株式会社システム技研
If this story triggered your interest, have a chat with the team?