Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

【メンバーインタビュー vol.3】「自分の力を試したい」営業マネージャーがクロスマートに転職した理由

今回は、クロスマートで新しいキャリアステップを踏み出したばかりのパワフル社員、榊さんに転職の際に考えていたことを聞きました!

榊 真人(さかき まさと) プロフィール
奄美2世

横浜国立大学卒業後、新卒でセプテーニ入社。
デジタル広告のセールスとして、様々なクライアントへのコンサルティング業務に従事。
その後、グルメメディアのRettyに入社。
飲食店向けクラウドファンディング「3rdTable」を責任者として立ち上げ、その後CAMPFIREに事業譲渡。
2019年10月よりクロスマートに参画し、飲食店営業マネージャーに就任。


─前職はどんなお仕事をされていたのですか?


 新卒ではデジタル領域に特化した広告代理店に就職し、4年前にグルメメディアの「Retty」に転職しました。飲食業界に興味を持ったのは、単純に外食が好きなことと、飲食店関係者と仲が良くサポートしたいという想いがありました。あとは業界として、外食市場は約25兆円ものお金が動く大きな市場です。飲食店店舗数は60万店舗程あるにもかかわらず、他の市場と違って、そのほとんどが個人店から構成されています。大手企業に寡占されておらず、テクノロジーを活用した最適化が進んでいない市場です。新卒からデジタル領域に関わっていたからこそ、その知見を活用し、できることが多く残されている面白さがあると考えています。


─榊さんの飲食業界に対する熱量が伝わってきますね。クロスマートに転職されたきっかけは何だったのでしょうか?


 大きなきっかけとなったのは、前職でクラウドファンディングサービス「3rdTable」の立ち上げに携わったことです。社内の新規事業としてスタートアップを経験したことで、自分は「新しい場所に飛び込んで、人を巻き込む挑戦がしたい」と気づくことができました。もちろん何もないところからのスタートは混沌としていて難しさもありますが、その分周りを巻き込み、何かを達成した時には何ものにも代えがたい喜びがあります。今までの経験を振り返ってみても、新規事業や商品開発など人を巻き込むことで自身の成長にも繋がってきたと感じています。クロスマートは2019年4月にリリースしたばかりの新しいサービスなので、自分の力を試すの場として、求めるものが合っていると感じました。





─クロスマートへの転職の決め手は何だったのでしょうか?


 クロスマートに決めた要因は2つあります。1つは、会社のビジョンや課題感に共感したためです。飲食業界のデジタル化は進んでいますが、集客や決済以外ではデジタルシフトできる点がまだ多く残されています。クロスマートでは前職での知識や経験・人脈を活かして、会社の成長に貢献できると確信しています。
 2つ目は、クロスマートの人に魅力を感じました。人と“馬が合う”という感覚は円滑に仕事するために大切な要素だと考えています。ビジネスにおける攻め方や目の付け所など、仕事に対する価値観が合う人と一緒ならば、楽しく働くことができると思います。




─榊さんにとっての“仕事に対する価値観とは”?


 がむしゃらに長時間働くのではなく、自由さをもって働くことで質の高いアウトプットが出来ると考えています。“自由”である分責任を伴いますが、裁量をもって主体的に仕事をすることで、事業全体をプラスに進めることができる。そんな働き方をここでならできると思います。


 また自分は仕事とプライベートを切り離して考えないタイプなんです。これはプライベートが無いという悪い意味ではなく、仕事もプライベートと同様に楽しくなければいけないと考えています。だから、仕事の成功がプライベートの充実感に繋がることが多いです。クロスマートの社員も皆、ワーク・ライフ・バランスを体現した働き方をしていると思います。例えば執行役員の岡林は、クロスマートのほかに出前寿司サービス「SUSHI+」を経営しています。(岡林のインタビュー記事はこちら⇒https://www.wantedly.com/companies/xtech-corp/post_articles/168025 )働く人それぞれが会社の目標と同時進行で、自分の目標に向かっている環境が自分とフィットしていると感じています。


─そんな榊さん自身の目標は何でしょうか?


 現時点では、私のミッションでもあるクロスマートをご利用いただける飲食店の数を増やしていくことです。現在、飲食店は完全無料で新たな卸業者や食材とマッチング出来ます。飲食業界は閉鎖的な環境要素が強いので、新たな情報を手に入れることに苦労します。そこで現時点では、相見積もりによる仕入れ価格の見直しという手法で、卸業者や食材とのマッチングを促進しております。
 今後においては、人材不足・非効率な商慣習・高廃業率など産業構造的な課題が非常に大きい飲食業界・卸業界の支援をテクノロジーで行い、持続可能性のある産業へと変革していきたいと考えております。
 個人としては、私が奄美2世ということもあり、奄美観光大使を目指しております。クロスマートを通じて、奄美の食材や料理、文化をもっと広めたいと思っています。渋谷に良い奄美のお店があるので是非行きましょう。


クロスマート株式会社's job postings
5 Likes
5 Likes

Weekly ranking

Show other rankings