1
/
5

入社3年目社員が、社長にガチ本音言いました。

株式会社IIJプロテック:平成9年に設立し、現在従業員数400名規模のIT企業。主要事業として、システムエンジニアリングサービス、ネットワークエンジニアリングサービス、オペレーションエンジニアリングサービスを扱う。

今回は、IIJプロテックの代表取締役である山根寛章さんと入社3年目の女性社員(井原菜月さん)の対談をお届けします。この場は全て、無礼講。本音トークを繰り広げて頂きました!

山根社長、井原菜月さんの接点は・・?


改めまして、お二人ともよろしくお願いします。

二人「よろしくお願いいたします!」

この時点で、すでに感じるのですが、お二人はなぜ、そんなに仲がいいのですか?

山根「仲良いですか..?よく犬猿の中って言われますけどね(笑)」

井原「そうですよね〜(笑)」

山根「それこそ、『水と油』なんてことも言われていますよ(笑) ただ、彼女はノリがいいんですよ。お互い関西出身という共通点もあって、私も関西の血が流れているので、そういうところが仲良く見せてるんですかね」

井原「・・・外面はね(笑)」

山根「そうそう、一歩外出たらバチバチだもんね(笑)」

なるほど...本日は、全て無礼講で、お二人とも自分の想いを全力で話してみてください!

二人「よろしくお願いします(笑)」

IIJプロテックってどのような会社!?


お二人から見る、IIJプロテックのいいところをお聞かせください。

井原「職場環境の良さですね。もうとにかく、社員同士の距離感が近いんです。上司部下、本社スタッフなど関係なく、『こういうことをやりたいです』っていう要望を直接的に言える環境が素晴らしいなと」

山根「そんなこともあったね〜。入社後の研修明けだよね。『私、リクルーターの仕事やってみたいです!』って聞いてきたね。そういうみんなの距離が近いっていう会社の雰囲気は、本当にいいところだな〜って感じているよ」

山根社長が、そういう会社の雰囲気作りに注力されているのですか?

山根「このIIJプロテックの雰囲気は、創業以来ずっとですね。創業者の井上も現場を回っては、一人一人会話をして、ご飯に行ったり。それが25年前からずっとなので、その部分は大事にしていきたいなと思っています」

そうなんですね。素晴らしい社内環境ですね。

山根「そうですね。加えて、私の考えるIIJプロテックの魅力としては、常にチャンスが社内にあるという点ですね。弊社は、ITを軸に様々なフィールドを用意しているので、自分の想いに合わせた分野で挑戦することができる点は魅力です。先ほどの井原の実例もそうですが、『このようなことをやりたい』と手を挙げた時にはしっかりとチャンスを与えますし、その先の資格取得や事前準備の部分まで落とし込んでアドバイスできる環境は整っているかなと思っています」

井原「本当に様々な現場がありますもんね」

会社の規模が大きくなればなるほど、社員の声が経営陣に届かないイメージがあるのですが、その部分はIIJプロテックとしては・・

山根「筒抜けです!(笑) それこそ、若い社員からリーダー、役員など関係なく、距離感が近かったり常に『意見』がダイレクトに届く環境かなと。また実際の関わり方としてもすごくアットホームな部分がありまして・・。業務後に『お疲れ様です』と本社に寄ってくれる社員もいれば、昼休みに積極的にコミュニケーションを取っている描写があったりと、『生の声』を聞ける場面が多いので。その状態こそが、社員400名規模になっても声が届きやすい環境になっているのかなと思っています」

自分の声が『社内に届く』という環境で働くことが、楽しさやモチベーションにも繋がりますよね。

井原「そうですね。『本当はこう思っているのに伝えられない』ということが全くないので、モチベーションは常に高く、普段の業務を楽しめていますね」

IIJプロテックの今後は!?


それぞれ普段の役職や立場が違うと思うのですが、お互い期待してることはありますか?

山根「我々はあくまでIT会社なので、各々の技術を常にアップデートし、最新技術をキャッチアップし続けて欲しいなと思っています。そして、世の中からなくなる仕事をするのではなく、新たに仕事を作っていくような人材、技術者になってほしいという思いがありますね」

井原さんは何か、山根社長や役員に期待する点ありますか?

井原「社長の前で期待する点を話すのは・・(笑)」

山根「無礼講です・・。400名を代表して言わないと。普段横にいて感じること全部お願いします。(笑)」

井原「まだ、私は入社3年目で、リーダーの方から見た会社への期待みたいな感覚がないのが正直なところで・・。今でも十分良く感じることの方が多くて。リーダー陣やマネージャー陣、みなさんとても良くしてくださっているので、いざ『期待すること』を聞かれると、とても難しいですが・・(笑) 振り絞って言うのであれば、社内イベントのようなものは増やしてほしいなって思います。実際会ってしっかり話したことがない社員の方がいることも事実なので、そのようなイベントを通して、『社員の方一人一人と向き合う時間がもっとあったらいいのに』と思うことはありますね(笑)」

山根「・・わかりました(笑) 本当に福利厚生は、充実させようと思っているところで・・。新型コロナウイルスの影響で、社員旅行など制限される現状があるので、その中で社内コミュニケーションをどう円滑に取れるかを考え、模索しています。逆に何かしたいことがあったら、いつものように直接言ってくれればいいんだよ(笑)」

井原「そうですね・・。(笑)」

普段積極的に井原さんが提案することはあるんですか?

井原「提案というよりかは、『私はこう思うんですけど、社長はどう思いますか?』というような聞き方をしています。それこそ思いついた時に、パーテーションから顔を出して、直接言いますね(笑)」

その提案って日頃から通るものなんですか?

井原「私は通った経験しかないですね。(笑)」

山根「そこはおそらく、井原の提案内容が今のIIJプロテックに必要なものの場合が多いと思うんだよね。例えば、コロナ禍で出張の回数が少なくなった時に、廊下ですれ違ったタイミングでも『最近、出張行かないんですか?行く機会あれば私も行きたいです!』って声をかけてくれるでしょ。そうやって積極的に声をかけて話すような姿勢があるから、適切なタイミングで本当に必要な提案ができてると思うんだよね」

井原「確かに・・。社長にだけじゃなく、いろいろな場面で『これやりたい』とかコミュニケーションを積極的にとるようにしていますね」

ちなみに、社員を代表して、『こうしたい』みたいな思いが現在ありますか?

井原「これも言いにくいことなんですけど・・。日頃、無駄が多いなと思うことが多々あって(笑) 以前よりだいぶ社内のシステム化が進んでいると感じていますが、同時に、まだアナログなやり方が多いとも感じていて・・。せっかくIT会社で高い技術を持っているのに、『なぜそこはシステム化しないの?』って思うことが多々あります・・(笑)」

山根「確かに・・。おっしゃる通りです。もっとシステム化を社内に浸透させてね、社員の負担を減らすことは考えるべきだよね。ただ、中々システム導入するとコストがかかるものも多いから、『そこを削って社員に還元したほうがいいのかな?』と葛藤することは多いんだよ。でも井原が言うように、システム化は進めていかないといけないね。努力しないといけない。IT会社としての努力義務があるよね。その部分は今後頑張ります・・(笑)」

井原「会社内のこと、かなり考えてますもんね。大変ですよね・・(笑)」

山根「うん・・でもそれが仕事だからね(笑)」

目指すべき場所


最後に、お二人それぞれの目線でお答え頂きたいです。今後のIIJプロテックをどうしていきたいですか?

井原「今後IIJプロテックが拡大して、今より社員数が増えても、自分の将来像や想いを言える環境を今までと変わらず社内に作っていきたいです。今私は採用の現場に行かせていただく機会も多く、『この子が次に入社するのかな』と自分の目で見て肌で感じることが多いです。何を感じて入社してくれるか、みなさん思うことが違うことは当たり前で・・。各々の想いを常に実現できるような社内環境を継続していきたいと思っています」

山根「そうだね。その風通しの良さみたいな部分は、継続的に意識的にやっていきたいよね。私も会社を拡大していくべきだと思うし、成長させていかなくてはいけないと思っているんだけど『仲間意識』はいつまでも大事にしたいなって。あとは、ここ数年で多岐に渡って事業展開しているので、チャレンジの場を益々増やしてあげたいという思いはあるね。もちろんそのカテゴリー数も重要なんだけど、それと同時に地方拠点の拡大、グローバル展開も視野に入れて、カテゴリーや場所問わず社員が全力で活躍できるような会社にしていきたいね。今は社員400人だけど、今後増えていく社員も含めて一人一人が会社のことを思って『自分が良くしていくんだ』って。経営陣、幹部社員、現場社員など役職関係なく、みんなが同じベクトルを持って進んでいければいいなって思ってます」


お二人の想い、IIJプロテックについてすごく理解が深まりました。本日はありがとうございました!今後、お二人の益々な活躍期待しています!

その他、IIJプロテックの社員インタビューは、採用サイトにも掲載されています。ぜひご覧ください!

※(採用サイトリンク)


株式会社IIJプロテックは、「愛を持って人に接する」という理念のもと、ITの未来のために、様々な活躍の場をご用意しています!

多岐に渡って挑戦することができる環境だからこそ、自分の将来像や想いに近い分野を選択し、歩むことができます。

私たちと一緒に、楽しく思いやりのある社内環境で充実した毎日を過ごしませんか?
IIJプロテックでは、共に楽しく働ける仲間を募集しています!

ご興味ある方は、ぜひ一度思い切って募集してみてください!

IIJプロテック's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
Invitation from IIJプロテック
If this story triggered your interest, have a chat with the team?