1
/
5

60団体、1,000名以上の社員が参加!テクノプロ・デザイン社の社内クラブ・サークル活動のご紹介

こんにちは!テクノプロ・デザイン社の千葉です。

技術者派遣を主事業とする会社によくある悩みとして、「エンジニア間の横のつながりが少ない」「帰属意識を持ちづらい」といった点があると思います。毎日自社オフィスに出社するわけではないし、他のプロジェクトに参画している方がどのような仕事をしているかを知る機会も少なくなってしまいます。

そんな中でも弊社は社員間の交流を図るために、社内クラブ・サークル活動を活発に行っています。
2023年6月時点で64団体が登録、1,212人が参加しており、その活動を会社としても補助金の支給など積極的にサポートしています!

今回の記事では、そんな社内クラブ・サークル活動のご紹介をしたいと思います!

どのような社内クラブがあるか

上述の通り、2023年6月時点で64団体が登録されており、1,212人の社員が参加しています。以下が、登録団体一覧になります。


活動内容はさまざまですが、球技が全体の約50%、マラソン・ウインタースポーツなどの野外スポーツが約25%、釣り・モータースポーツなどの趣味が約10%、そして残りの約10%は技術スキルの向上を目的としたもの、といった構成になっています。

特徴的なのは、最後に挙げたような「技術スキルの向上」を目的とした有志クラブではないでしょうか。弊社ならではのクラブに、「ラズベリーパイ研究会」というものまで存在します。

ラズベリーパイ研究会とは?

名刺サイズのボードにCPUやメモリ、LANなどが搭載されたシングルボードコンピュータ「ラズベリーパイ」というものがあります(通称ラズパイ)。

ラズベリーパイ研究会は、ラズベリーパイを愛する同士たちが結成した集まりで、各自の作品を持ち寄り、機能や仕様などについて話し合っています。

コロナ前は支店に集まって誰でも気軽にラズベリーパイを使える環境を作り、研修会を実施したりしていました。例えばスマホからLEDを光らせたり、リモコンの信号を観測したり。

しかしコロナ禍で物理的に集まることが難しくなってからは、オンラインにシフト。Windows PCを使った勉強会の開催をメインで行っています。

技術レベルは7段階に分けており、参加メンバーは新卒から年配のベテランエンジニアまで幅広く。そして現在メカの開発エンジニアを務めている者はもちろん、その他にも営業部、採用部に所属しているメンバーなど、非技術者のメンバーまでもが参加しています。

毎回安定的に20名ほど参加いただいて、部の垣根を越えて広く横のつながりづくりに貢献しています。ずっと勉強会だけをしているだけでなく雑談会もセッティングしているので、会ったことがないけれど仲のいい人が全国にいる、といった体験もできて大変楽しいかいとなっています。

また、実務上のメリットも豊富。

メカ側の開発者として経験を積んできても、ソフトウェア領域は経験がないので挑戦することが難しく、新たな環境にチャレンジすることは難しいです。しかしこの研究会での学習、経験を経てソフトウェア開発のプロジェクトに関われるようになったメンバーもおり、自身のキャリアパスの拡大にもつながっています。

▼詳細はこちらのYouTube動画からもご覧いただけます!

会社としても積極的に運営を支援

以上のように、従業員が有志で立ち上げるクラブ・サークルを会社としても積極的に支援しています。

従業員同士のコミュニケーション・交流の活性化や運動不足の解消、心のリフレッシュをしていただくことは会社としても嬉しいことですので、そのために会社が認定した社内クラブ・サークル活動に補助金を支給しています。

まだ存在しないクラブ・サークルがあっても、気の合う仲間と新たに立ち上げることも可能です!

横のつながりのある企業で働きたい、メンバー間でのスキルアップ、自己研鑽の風土がある企業で働きたい、という方はピッタリの環境だと思いますので、ご興味がある方はぜひカジュアル面談でお話しできれば幸いです!

株式会社テクノプロ テクノプロ・デザイン社's job postings
13 Likes
13 Likes

Weekly ranking

Show other rankings