1
/
5

【社員インタビューvol.3】東京で就活!してたけど・・・新卒で地方を選んだ理由

こんにちは!エネファント22卒内定者の今井です!
エネファント社員インタビュー第三弾をお届けします。

第三弾は、エネファント2年目社員の石原采佳さんです。
よろしくお願いします!!

石原さんは第二弾にご登場いただいた増田さんとは同期入社です。
増田さんとのエピソードも聞けるかも?

<プロフィール>
石原 采佳(いしはら あやか)
1997年生まれ 愛知県出身
2020年4月入社
大学では、経営系の学部を専攻して学んでいました!


ーー石原さん本日はインタビューよろしくお願いいたします!

石原:はい、よろしくお願いします!

「ここで働きたい!」に出会うまでの葛藤

ーーエネファントに出会ったきっかけを教えてください。

石原:元々、東京や大阪で就職活動を行っていました。東京には2週間ほど住み込みで滞在し、地元では就職活動を全くしていませんでした。しかし、東京や大阪の企業から内定はいただいていましたが、その会社で自分が活躍しているイメージが想像できなかったですし、そこで働きたい!とも思えずモヤモヤを抱えたまま就職活動を続けていました。

そんな時、東京の就職活動の最中に同じ愛知県出身の就活生に出会いました。その方と愛知県でリフレッシュも兼ねて会うこととなり、たまたまその日に開催されていた就活イベントに一緒に参加することに。正直そのイベントに参加してもあまり興味を持てることはありませんでした。

その後月日が経ち、同じ団体が主催するイベントへ参加することなったのですが、それがエネファントと出会でした。

「面白そう!」と共感していたのは、同期と私

ーー東京に就職活動に行っていたおかげで、多治見のエネファントに出会えたということになりますよね・・・びっくりです!
エネファントとの出会いを教えていただきました。そこから入社を決めた理由は何だったのでしょうか?

石原:そのイベントでは、面談前に興味のある企業を選んで順位をつけて面談に臨み、面談後にもその終了時の印象で気になる企業のランキングをつけるシステムがありました。面談前はエネファントには興味がなく低めの順位をつけていました。

面談に入ると、私は気になることをひたすら質問しまくりました。当時の弊社では出来て間もなかった「働こCAR」の企画について質問をしましたが社員の方は嫌な顔一つせず受け答えをしてくださり、しっかりと改善していきたいという姿勢も感じました。面談前はそれ程興味の無かったエネファントでしたが、面白そうだ!と思い、イベント参加企業の中でも上位になりました。それをきっかけに「エネファントで働きたい!」と思うようになりました。

ちなみにイベントの休憩時に、他の学生と交流をする機会がありどこの会社が面白かったか??を話していたところ、「エネファント面白かったよね!」と声を発したのが、私と同期入社の増田くんでした!!(笑)

ーーすごいですね!運命的です・・・!!

ーーでは、現在入社をして取り組まれている業務内容を教えてください。

石原:ソーラーチャージャー、働こCAR事業の主に2つです。ソーラーチャージャー事業では、ソーラーチャージャーの設置を希望するお客様への営業や設置にまつわる業務を行っています。

働こCARとは、岐阜県東濃地方を中心にサービスを導入している企業に入社をすると、29歳以下の若者を対象に、就職先企業から通勤・プライベートでも使用できる電気自動車(以下EV)を借りられるサービスです!

「働こCAR」について詳しく知りたい方はこちらから↓↓

他者と自分のギャップを擦り合わせることの重要性

ーー仕事をされる中で嬉しかったことは何ですか?

石原:お客様、社員の方々から「頑張ってるね」「ありがとう」と言っていただけたときです。また、先輩社員がアドバイスをしてくださった時は、「忙しい中わざわざコメントをする時間をもらえた!」と思えてとっても嬉しい気持ちになりますね。

ーー「時間をもらえた!」とても素晴らしい考え方ですね。私も是非見習わせていただきたいです!!
反対に、苦労したことはありますか?

石原:私が入社をした時は、コロナウイルスが国内で流行し始めた時期で、受講するはずだった社会人研修をまともに受けることが出来ませんでした。そのため、社会で働く一人の人間としての一般常識を基礎から学ぶことが出来ず悩んだ時期があったことです。
弊社の社員の方は転職されてきた方がほとんどで、他の方にある一般常識と私の中の常識にギャップを強く感じました。上司にとってはやって当たり前の常識であっても、それが出来なかった時もありとても苦労しました。

今ではそのギャップによりすれ違いなどを起こさないために、わからないことがあった時は「なぜですか?」と理由を尋ねるようにしています。雰囲気で察しろ!というのが苦手なので、とりあえず確認をすることを大切にしています。

ーーそんな喜びや困難も沢山あったかと思いますが、仕事を通して成長したなと感じることはありますか?

石原:成長は日々感じていますね!内面的な部分だけでなく外面、雰囲気など様々な面が成長していってると思います。
言葉の選び方も丁寧にできるようになりました。また、意見を述べたいとき、意見と一緒になぜそう思ったか?の理由をしっかり言えることができるようになりました。同様に、先輩社員の皆さんもこちらの意見に対して理由を聞いてくださるのでお互いに話を聞き合える関係が築けていると感じます。

後は営業社員ということもあって学生時代よりもしっかりとメイクをするようになったことですね(笑)

みんなが、心地よく働ける職場をつくりたい

ーー今後の目標はありますか?

石原:私は、将来的に社内でマネジメントする立場に就きたいと考えています。人が育つ姿を応援したいと思っているからです。今は教えてもらう側ですが、私が教える立場になった時は、普段感じている違和感を改善させたいですね。人が心地よく動けることで数字もあがってくると思いますし、とても大切なことだと思います。そのためにも、会社の中である程度決定権を持ちつつ後輩の育成にあたりたいと考えています。

ーー素敵な夢をお持ちですね。 最後に、プライベートにおいて何か目標はありますか??

石原:プライベートですか(笑) いつかは家庭を持ちたいと思っているので、自炊を再開したいなと思っています!何か一品でも簡単に料理を作れるようにしておきたいです。

ーーちなみに、今の得意料理は何ですか?

石原:得意料理、プロテインですね。シェイクするだけで簡単に作れますよ(笑)

おわりに

社員インタビュー第三弾は、石原さんに登場していただきました!
次回は、社員インタビュー第四弾!
ではなく、、エネファントのオフィスのご案内をする予定です。

普段社員の皆さんがどんなところでお仕事をされているのか??
どうぞ、お楽しみに!!

今井のコソコソ話

友人とランチへ行き、帰宅後にご自宅で映画を観ることが石原さんの休日のルーティンなんだそうです。
すごくオシャレな一日ですよね! 私も社会人になったらそんな素敵な生活送りたいなあ・・・
また、体を動かすことがお好きなんだそうです!だからプロテインを飲まれるんですね。
いつか石原さんの手料理を食べさせていただけるのを楽しみにしています!…..プロテイン以外でお願いします(笑)

株式会社エネファント's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more