1
/
5

どこにも就職できずに起業した「のび太」と「私」

のび太って、就職活動に失敗して仕方なく自分で会社を作ったって話、聞いたことありますか?
大学入試に失敗し、就職先がなかったから起業をしたとか。すごいですよね。

18歳で起業して自分で起こした火事で倒産させるまでに7年も経営を続けているようです。
社会人経験ゼロで起業して7年経営を維持するにはたくさんの人の助けがあったことでしょう。
きっと人から助けてもらえるそのキャラが生きたんでしょうね。

その話の時間軸にはドラえもんはいなくって、倒産させた会社の借金が何世代にも渡って残ってて大変だからセワシくんがドラえもんを送り込んだみたいです。
火災保険をしっかりかけていればこういう事態は防げたんでしょうが、周りに保険関係のことだけは、アドバイスしてくれる人がいなかったんでしょうね。残念です。


これは漫画の中の話ですが、実は私も就職活動に失敗した人間です。というよりかは様々な状況が重なって就職活動ができなかったといったほうが正しいかもしれません。でも最も就職活動をしなかった大きな理由は「やりたい仕事がなかったから」。今は見つけられたので幸せです。

今まで一度も、就職活動をしたことがなく、履歴書を書いたのも学生時代に2回だけアルバイトを探したときに書いたのを覚えています。
先日面接をしていて、就職活動をしたことがないので、私はほんとうの意味で就職活動をしている人の気持ちになったことがないな、と気づきました。

そこで、どんな気持ちなんだろう、と履歴書を書いてみました。実に24年ぶり3度目の履歴書です。(メダルを取った選手みたいな言い方してみました。)

特技とかアピールポイントとか、なんか書くの嫌ですね。

志望の動機とかはいいですけど、特技とかって(それが仕事にどう役にたつの?)とか思われちゃいそう。

特技、、、二度寝、、、かなぁ

二度寝を語らせたら3時間のセミナーが開けるレベルです!

アピールポイントも、(そんなことアピールされても、、、)とか思われたら嫌だな。

でもとりあえず「ひたすら前向き」って書いておこうかな、、、


みたいな感じですね。

だんだん楽しくなってきました(笑)きっと就職できません。

ああ、そうか、のび太はきっと履歴書を正直に書きすぎたんだろうなぁ。

私の履歴書の内容は近日公開予定、、、かも。


株式会社トリニティー's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more