1
/
5

私がはじめて生きるようになった場所

こんにちは!株式会社GOAL-B採用担当です。
今回はGOAL-Bの採用・メディアをメインに活躍している岡中 友美(おかなか ともみ)さんにインタビューをしました。自分の可能性を自ら拡大し、自分らしいポジションを確立してきたエピソードを聞くことができたので、是非、最後までお読みください!


Q、自己紹介をお願いします

はい!岡中友美です。

北海道出身で、群馬県の大学の看護学部を卒業したのち、3年と少し循環器と脳外科の混合病棟で看護師として働いていました。

当時のGOAL-BメンバーからSNSでDMをもらったことをきっかけに、GOAL-Bのインターン生になり半年で社員(現コアメンバー)になりました。

現在GOAL-Bでは、採用をメインにメディア関連の動きもしています。

よろしくお願いします。


ーー GOAL-Bに入った理由は何ですか?

結論、「死ぬ時に後悔したくなかった」からです。

この組織で働くことは、「絶対面白いだろうな」「生きることが面白くなるな」「ここならやっと自分が生きるな」と思いました。

極端に言うと、それまでの自分は生きていなかったと思います。

だから、GOAL-Bはー私がはじめて生きるようになった場所ーだと思っています。

ーー GOAL-Bに入ってからの会社に対する印象のギャップとかってありますか?

はい。一番はAKIOさん(弊社代表)が思ったより喋らないし、静かです(笑)

あと、フロントに立っているメンバーが多いので私ができることがあるか心配していましたが、実際に入ってみると価値を発揮できるところはたくさんありそうだと思えました。

看護以外の知識も経験もなかったので、まずは総務サポートとして事務作業を中心に担当していました。

ーー 今では採用やメディアなどを担当されていますが、ポジションの変化にはどんな背景があったんですか?

まず、私がGOAL-Bに入ったタイミングはバックオフィスが私含めて2人しかいなかったんですよ。

だから、業務分担としては、会社の要になる部分を中川愛美が担当しているから、何か新しいサービスをつくる時は、私がアサインされていたんですよね。

そこで、オンラインのパーソナルトレーニングサービスやオフラインのイベント、そしてキャリア事業(キャリスピ)の立ち上げも担当させてもらってました。

大企業では到底考えられないような、ポジションの抜擢も多くチャンスに恵まれたと感じています。

自分自身の話をすると、「任せてもらった仕事は諦めずに絶対やり切る」ことを続けたからだと思います。それを続けたことで「この人に任せたい」と思ってもらえるようになったことがとても嬉しいし、チャンスを掴むことにつながったと思っています。

具体的にそのために何をしたのかというと...........


続きは下記のページから ↓


私がはじめて生きるようになった場所 | GOAL-B RECRUIT MAGAZINE
こんにちは!株式会社GOAL-B採用担当です。今回はGOAL-Bの採用・メディアをメインに活躍している岡中 友美(おかなか ともみ)さんにインタビューをしました。自分の可能性を自ら拡大し、自分らしいポジションを確立してきたエピソードを聞くこ
https://goal-b.co.jp/recruit_magazine/2023/11/18/%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%81%af%e3%81%98%e3%82%81%e3%81%a6%e7%94%9f%e3%81%8d%e3%82%8b%e3%82%88%e3%81%86%e3%81%ab%e3%81%aa%e3%81%a3%e3%81%9f%e5%a0%b4%e6%89%80/


株式会社GOAL-B's job postings
3 Likes
3 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
Invitation from 株式会社GOAL-B
If this story triggered your interest, have a chat with the team?