1
/
5

"地域のサポート事業"ってどんな仕事?~スタッフに1日密着してみた~

こんにちは。
岐阜県飛騨市にあるベンチャー企業、株式会社ヒダカラです。

私たちの会社には柱となる事業がいくつかあります。
その中で、一番スタッフが多いのが地域のサポート事業
特に飛騨地域の3自治体(飛騨市、高山市、白川村)のふるさと納税は、企画や営業から商品登録、顧客対応まで幅広い業務を受託しています。

今回は、ふるさと納税の業務がどんな内容なのか、実際に働くスタッフの1日を見ながら、紹介していきます。

目まぐるしい毎日だけど、残業は基本しない!

まず、サポート事業のふるさと納税担当スタッフがどのように仕事をしてるかと言いますと、業務ごとの縦割りでなく、全ての業務を全員が担当するようなイメージです。
ふるさと納税に関わる全ての業務に携わることになるので、全ての流れを理解できる分、業務内容は多岐にわたります。

それでもヒダカラに残業がほとんどない理由は、チーム連携がよく出来ているからだと考えています。
各自治体のチーム内で業務を分担し、改善できることはすぐ実行。
社内のミーティングではブレストをして、全員でアイディアをだし、良いアイディアはすぐ採用。
そんなスピード感あふれるところが、ヒダカラの強みです。

働いている間は忙しいけど、充実している。

そんな表現が合ってるかなと思います。
では、早速スタッフの1日を見てみましょう!

サポート事業担当 土田の1日に密着!

ヒダカラの初期からサポート事業に従事する土田貴美。
中学生2人のお母さんでありながら、仕事ではふるさと納税の2自治体を担当するバリバリのワーママです。
具体的に私たちの業務を知っていただくため、土田の1日に密着してみました!

8:20 出社

就業時間の8時30分から始まる朝礼までに出社します。

8:30 朝礼

フルリモートメンバーも含め、全員が参加する朝礼。
数値や嬉しい事の共有と、日替わりでお互いを知るトークや、頭や体を動かすアクティビティをします。
この日はたまたま土田がアクティビティ当番。
お題トークの司会進行しています。


9:00 顧客対応

電話・メール問い合わせ対応の集中タイム!
この時間以外でも、ほかの業務と並行しながら随時対応しています。

10:00 事業者様対応

出荷や管理システムについてのフォローをします。

11:00 打ち合わせ

ふるさと納税の出品事業者様へ訪問し、打ち合わせ。
昨年の売れ行きなどを振り返りながら、新たに登録できる商品や今年度の取り組みについて提案しました。

返礼品の野菜がどのように梱包され、配送されているかも見せて頂きました。

12:00 昼休憩

みんなと会話しながらゆっくりランチ。
この日は天気が良かったので、オフィスの外にパラソルやテーブルを出しご飯を食べました。
みんなの今週末の予定など、普段仕事中にはできない話ができるので、気分転換になります。

13:00 商品登録

新規お礼の品をサイトへ登録。
すでに登録している商品の内容変更なども行います。
チームごとに席が固まっているので、同じチームのスタッフと連携がとりやすく、相談しながら進めることも。

14:00 打ち合わせ

新規で登録を考えている農家さんとの打ち合わせ。
登録の流れを説明した後、育て方のこだわり、野菜の特徴などをお聞きし、魅力的な出品の仕方を一緒に検討しました。

15:00 ディレクション

新商品のバナーを作るためのディレクション作業。
出品事業者さんにヒアリングした内容をもとに、商品の見せ方を考え、バナーに入れる文字や写真のイメージを決め、デザイナーに依頼。
文章だけでは伝わり切らないイメージなどは、デザイナーと直接話しながらすり合せしていきます。

16:00 提出書類の確認

新規登録申請のあったお礼の品について、申請内容の確認、登録の準備を進ます。

17:00 終礼

今日の気づきを全員で共有。1日にを振り返る事ができる時間です。

17:30 退社

ほとんど残業はないので、この日も定時と共に退社。
急いで帰って、子供の夜ご飯を作ります!

毎日楽しく仕事ができるのは、刺激をたくさん受ける職場だから

このスケジュールをあらためて見てみると、毎日やることがたくさん!
そんな中でも、毎日楽しそう仕事している土田に、忙しさをどのように感じているか、そしてこの仕事を続けている理由などを聞いてみました。

—仕事が多岐にわたりますね。すべてを同時進行でこなすのは、正直大変ですか?

土田:いろんな仕事を同時にこなすのは大変だな~と思う時もありますが、基本忙しいくらいが好きなので全然苦では無いです。こなしただけの達成感もありますし、やりがいもあるので。

—仕事をする上で、気を付けていることはありますか?

土田:やらなきゃいけなことが多い時はタスクを書き出すようにしてます。書き出すことで頭の中の整理が出来て、優先順位を付けて仕事ができるようになります。

—毎日忙しそうですけど、それでもこの仕事を続けている理由は?

土田:はい、毎日忙しいですね(笑)
でも本当にやりがいのある仕事ばかりで毎日楽しいです。
自分が関わった事業者さんの商品に寄附が入った時の喜びや達成感があります。
日々の業務を行いつつ、新しいことにもチャレンジさせてくれる会社なので、刺激を受けることも多くて。
だから毎日楽しく仕事が出来てるのかなと思いますね。

毎日同じ業務じゃ飽きちゃうじゃないですか!
それがヒダカラにはないんですよね!

サポート事業のふるさと納税担当チームでは、現在一緒に働いてくれる仲間を探しています!
少しでも興味を持ったという方は、是非ご連絡ください!


企画営業、事務
地域の魅力を伝えることがミッション!飛騨の地域商社で働きませんか?
2020年4月から事業をスタートし現在19名となったヒダカラは、「“おいしい“と”オモシロい“未来を創る」というミッションのもと、 ・飛騨に特化した通販サイトの運営 ・EC販売支援 ・商品開発・ブランディング ・自治体支援 ・豆腐の製造販売 などを行っています。 これまで実施した50以上のプロジェクトの中から一部をご紹介します。 <ふるさと納税事業> 現在、飛騨市、高山市、白川村の3自治体からふるさと納税の運営業務を受託しています。 3自治体の寄付額はこの2年で2倍以上! 令和3年度は、約300社の出品事業者様と『40億円を超える寄付』を集めることができました。 一緒に商品を開発したり、魅力を引き出したり、返礼品として選ばれる工夫をしながら、地域の魅力を全国へ伝えています。 ふるさと納税を通して、地域の事業さんが自社の商品に自信を持ち、更なる商品開発や販路開拓に向けての機運が高まっています。 『寄付額の伸び=地域の盛り上がり』というのを、事業を通じて肌で感じられます。 <サポート事業> ・オンライン物産展 ・♯おうちで飛騨牛 (CAMPFIRE クラウドファンディングアワード2020 総合1位) ・帰ってきた♯おうちで飛騨牛 ・飛騨ネットショップ倶楽部運営 ・飛騨市おうち割、飛騨市まるごと応援セール ・♯Go To 冷蔵庫 ・SAVE THE CAT HIDA PROJECT <ブランディング事例> 飛騨の事業者さんと共に、商品のブランディングを行っています。 ・飛騨のたからもも ・飛騨のあばれ鮎 ・飛騨のたから箱 ・ふたりごちそう箱 ・飛騨ジビエ <EC事業> 自社通販『ヒダカラ商店』を運営。 飛騨のおいしいタカラモノをお届けするお店として、食品を中心に飛騨の商品を取り扱っています。食品は、スタッフが全商品を試食して、「本当に美味しい!安心できる。」と思ったものだけを厳選。 <豆富事業> 2021年9月に白川郷で有名な白川村にある「深山豆富店」を事業承継。 伝統食材"石豆富"の製造販売や、おからを使ったクッキー、豆富に合うスパイスなど商品開発を行っています。 <実績/メディア掲載> ・飛騨牛のクラウドファンディング#おうちで飛騨牛 (1億円、1万人からのご支援) ・CAMPFIRE クラウドファンディングアワード2020 総合1位 ・地元の鮎、桃のブランド化事業、コロナ支援施策など50以上のプロジェクトを実施 ・飛騨市ふるさと納税寄付金額を1年間で11億円→15億円、白川村のふるさと納税を600万円から6,000万円と10倍に。 ・地元紙をはじめ日経新聞、朝日新聞など新聞掲載50回以上、日本テレビ「ZIP!」やメ~テレ「アップ!」、NHKなどテレビ放送5回。
株式会社ヒダカラ
株式会社ヒダカラ's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings