1
/
5

【社内交流イベント】第3回エンジニア帰社日

こんにちは、採用担当の岩崎です!
先日「客先常駐という働き方について」ご紹介いたしました。


記事の中で、「自社との接点が少なくなることで、会社の情報を共有しづらかったり働きを評価されにくく感じてしまう」というデメリットを挙げました。そういったことへの対策と、社員同士の情報共有や交流の場を兼ねて、当社ではエンジニア同士が交流できる「帰社日」を設けております。

---------------------------------------------

【今回のコンテンツ概要】

  1. プロジェクト共有会
  2. 新たにエンジニアデビューしたメンバーのご紹介
  3. 懇親会

---------------------------------------------

  1. プロジェクト共有会

ビヨンドワークスのエンジニアが携わっているプロジェクトの情報共有を行いました。
今回発表したのは2名。それぞれが参画しているプロジェクトについてスライドを使用しながらプレゼンテーションをしていただきました。

【Aさん】
現在はフロントエンド開発案件に参画しております。
今のプロジェクトで新たに身についたスキルなどを、とても詳しくご紹介して頂きました!
勤勉でムードメーカーなAさん。新たなスキルを身に着けて、今後どのような活躍をしてくれるのか大変期待しているフロントエンドエンジニアです!

【Kさん】
フロントエンドエンジニアであるKさんですが、現在はバックエンドのプロジェクトに参画しております。
Kさんが幅広いスキルをお持ちであることから、フロント・バック両方で活躍されていることが分かります。
フルスタックエンジニアとして、これまで携わっていた業務よりさらに開発範囲の広い高度な案件について、非常に丁寧に説明してくださいました。

2名とも未経験からエンジニアデビューしましたが、充実した研修制度とたくさんの経験を経て現在プロジェクト先で大活躍しております。


2. 新たにエンジニアデビューしたメンバーのご紹介

今回ご紹介した新たなメンバーは、2022年6月にエンジニアデビューした2名です!
前職は、元日本語教師とワーキングホリデーで海外勤務していたお2人。両名ともオーストラリアでの留学経験があります。
国際派の2名をエンジニアに交えた当社。これから国際派のお2人がビヨンドワークスに新しい風を吹かせてくれることを期待しています!


3. 懇親会

5~6名に別れて懇親会を実施。ざっくばらんにお話して、より深くひとりひとりの人柄を感じることが出来ました!仕事や研修の時とは違うお顔を見ることができて、メンバーをより近くに感じる良い機会となりました。

以上、3回目帰社日のご報告です。

チャットではなく顔を見て話すからこそ出てくるメンバーの要望・希望がたくさんあります。
ちなみに、今回の帰社日では「サークル活動」を行いたいというアイデアがあり、現在活動にむけて動いております!

2020年設立とまだ年数が浅い当社。今は「会社を創り上げる」というフェーズです。
現在在籍しているメンバーや、これから入社してくる未来のメンバーみんなの意見で「ビヨンドワークス」を創り上げていこうと考えております。
今回の帰社日でのサークル活動のように、何気なく発言したアイデアが会社の制度として導入されることがあるかも・・・!
ぜひあなたと一緒に会社を創り上げていきたいと考えております。

今のビヨンドワークスは「会社を一緒に創り上げる」という滅多に経験できないことが、経験が出来る会社です!
ご興味をお持ちいただいた方は、話を聞くだけでも大丈夫ですので、ぜひ気兼ねなくご応募してみてください!

株式会社ビヨンドワークス's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings