1
/
5

【インターンインタビュー Vol.1】やるからには1番を目指して。「自走力」を培ったエンジニアインターン

「未経験からでもエンジニアになれる」がコンセプトのエンジニアインターン・いえらぶBootCamp。
インターン卒業生にインタビューをしてみました!
1番手は、歴代最速でインターンを終了したジェネシス
物静かなように見えて、内心はメラメラ闘志を燃やす、そんなインターン生です。

「プログラミング」で人生は変わるかも

――はじめに、いえらぶのエンジニアインターンに応募したきっかけを教えてください。

ジェネシス 使用言語が自分が勉強してきたものと重なっていたため、スキルを高めていけると考えたからです。インターンに応募する前は、プログラミングスクールでJSやPHP、MySQLなどを使ってWebサービスの開発をしていました。スクール卒業後、1人でできることには限界があると感じ、実践的なエンジニアインターンを探すようになりました。

――すでにプログラミングを経験されていたんですね。実務経験を通して、技術を高めたいと思ったのはなぜでしょうか?

ジェネシス 正直、このままだと人生詰んでしまうなと感じたからですね。大学1,2年生時は遊んでばかりのザ大学生って感じで。就活でも強みとなるような、何かしらの武器が欲しいと思いました。プログラミングを選択したのはバイト先の社長の影響です。「もし自分が学生だったら、まずプログラミングの勉強をする」って話していて。僕のスクールの学費も社長が全額出してくれました。

――社長の後押しもあって、プログラミングへの意欲が増していったんですね。ちなみに、インターンに参加するまで、インターンに対してどのようなイメージを持っていましたか?

ジェネシス インターンというか、会社=ぎすぎすしてるって思っていました。でも、いえらぶは違いましたね。インターンの選考中に馬場さんにお会いしたことがあるんですけど、かなりフレンドリーなコミュニケーションで印象に残っています。

――なんだか嬉しいです。では、実際に合格していえらぶのインターンに参加してみてどうでしたか?

ジェネシス 皆私服やん!って思いました。スーツを着ていったんですが、浮きましたね。
あとは、思ったより放置されるなと思いました。メンターがつきっきりで指導してくれるのかと思いきや、最初のプレキャンプは自分で調べて、書いて…って自由度が高かったです。進めていく中でインターンの先輩に聞く機会も増えて、ピアラーニング制を体感できました。

――予想とは違ったんですね。

ジェネシス はい。でも、いえらぶのエンジニアを束ねてる開発部長が「エンジニアは自走力が大事」と話しているのを聞いて、インターンの制度に納得がいきました。
それがないと結局クリアできないんですよね。自走力の大切さを痛感しました。

インターンを通じて知った、新たな価値観

――インターンを進めていく中で、社員とはどう関係を築いていったのでしょうか?

ジェネシス いえらぶでプログラミングを学ぶので、いえらぶ独自の開発環境を構築したり、いえらぶのサービスの開発を担ったり…社員と話す機会は増えていきましたね。
エンジニアだけじゃなくて、営業社員と話すこともありました。

――実際に話してみてどう感じましたか?

ジェネシス 純粋に、営業もやってみたいと思いましたね。プログラミングだけじゃなくて、営業もできたらなんでもできる人間になれるなって。

――営業もエンジニアも、社会人のジェネシスが活躍するイメージが湧きます。
それではインターンをやり切ってみて、印象に残っていることを教えてください。

ジェネシス ここのインターン生達に出会えたことですね。地元の友達とも、大学の友達とも違う、自分にとって新たな価値観を教えてくれるメンバーが揃っています。色んな刺激をもらえました。多分、このインターン生に会っていなかったら、自分はこんなに早くから就活してないと思います(笑)。

実務面では、メンテナンスを重視し、運用性を意識したコーディングを学べたことが印象に残っています。自分が書いたコードでも問題なく処理はできるんですが、たとえば10行を2行に短縮する方法を教えてもらえました。
『いえらぶCLOUD』(※いえらぶが開発・提供する不動産会社専用の業務支援ツール)って週1でアップデートを繰り返してるんですよね。今後ずっと改良していくシステム開発なので、次につながるというか、運用を意識することの必要性を学ぶことができました。このことは多分自分1人じゃわからなかった領域ですね。



どうせやるなら本気で。その方がリターンは大きい

――1人ではなくチームだからこそ、知れたことが数多くあるんですね。では、これからインターンに加わる方に、伝えたいことがあれば教えてください。

ジェネシス チームだからこそ、競争意識を持ったほうがいい、ということですかね。
自分は、プレキャンプやブートキャンプの修了記録を塗り替えようって思ってました。
プレキャンプが最速5日だったので、4日で終わらせました。ブートキャンプで担当した10件の開発も35日で終えました。歴代最速記録を出せたので良かったです。

――驚異のスピード!原動力はなんでしたか?

ジェネシス インターンをやる前から、毎日12時間プログラミングの勉強をやってたので、シンプルに負けたくないって気持ちが強かったです。

自分は3期生なんですが、「2期生には勝ちたい」って思ってました。
どうせやるからには1番を目指して、本気で向き合いましたね。

――有言実行ですね。華々しい記録です。インターンは卒業ということですが、今後はどうするか、の予定はありますか?

ジェネシス バイトとして引き続きいえらぶにいさせてもらってます。プログラミングを学ばせてもらいながら給与も出るので、就職するまでやりたいと思ってます。

――大学生がプログラミングを学ぶにはうってつけの機会、といえますかね。

ジェネシス そうですね。自分で勉強しているだけではお金は出ませんが、いえらぶでなら成長もお金もどっちも得られるのでありがたいです。
最近は無料スクールも台頭してきてますが、バイトもしてスクールも通って、ってスケジュールきつくなるのがネックですよね。いえらぶのインターンは有給なので、どっちもできるのが効率的だなって思います。

――就職についてはいかがですか?

ジェネシス インターンを通して、就職するならベンチャーに行きたいと思うようになりました。
ゴリゴリやれる、若いうちに多くの経験を積んで自分の強みを伸ばしていけるところに魅力を感じています。

年功序列じゃなくて、若い社員が裁量権を持ちながら働いてるのかっこいいなって。
いえらぶには若くして成功を収めている社員が何人もいて、特に目標としたい人が2人できました。
20代から執行役員になったり、すごい人脈があったり、こういう人たちになりたいって思いましたね。その人達と比べて自分の無力さを感じもしますが、いつか絶対に追いつきたいし追い越したいです。
負けたくないですね。



まとめると

見た目とは裏腹に(!)、揺るぎない信念を持っているジェネシス。
そのまっすぐさと優れたプログラミングスキルを武器に、
圧倒的な存在になるんじゃないかと感じています。
これからの彼が非常に楽しみです!

未経験からエンジニアになれるインターン「いえらぶBootCamp」はこちら!

未経験歓迎!
最短1か月でエンジニアに!エンジニアインターンで現場を知りませんか?
【不動産テック=IT×不動産で、暮らしやすい社会をつくる】 不動産業務に伴う事務作業を、テクノロジーによって効率化させています。業務にかかる時間の大幅短縮や、事務工数のカットを実現する、導入社数12,000社の業務支援系SaaS「いえらぶCLOUD」(https://cloud.ielove.jp/)を開発・展開しています。 このクラウドサービスから獲得した、住に関するビッグデータを活用して複数のメディアを展開しています。エンドユーザーを対象にした住まい探しサイト(https://www.ielove.co.jp/)や物件への口コミサイト(https://www.ielove.co.jp/catalog/)などを手掛けることにより、住まい探しに寄り添っています。 ビッグデータのみならず、安定した経営基盤を活用して、金融業界や人材業界など様々な業界と不動産業界とのシナジーを生む新規事業にも取り組んでいます。
株式会社いえらぶGROUP

▼YouTube「いえらぶ採用チャンネル」

株式会社いえらぶGROUP's job postings
3 Likes
3 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more