1
/
5

クライアントとメディアに寄り添い、世の中に良いサービスを伝えるのが仕事です。【もしも社員インタビュー アカウントプランナー小野さん】

株式会社もしもは事業主向けEC仕入サービス「TopSeller」や、個人に特化したアフィリエイトASP「もしもアフィリエイト」など、数々の自社サービスを展開する会社です。

そんなもしも社員たちの「業務内容」「働き方」「入社の経緯」などをお伝えするため、社員インタビューを実施しました。

今回は、もしもアフィリエイトのアカウントプランナー(以下コンサルタントと称す )として活躍されている小野さんにお話を伺いました。ユニットリーダーとしてリモート下でのメンバーマネジメントに関しても社内評価が高く、社員から慕われているお姉さん的存在です。

アフィリエイトを中心とした広告営業や、チームマネジメントに興味がある方はぜひご覧ください。

アルバイト入社からユニットリーダーへ。主体性を持って行動を起こすことが成長のカギ

ー小野さんの入社経緯を簡単に教えてください。

入社したのは約10年前の2011年になりますが、入社当時はもしものアルバイトとして業務に関わっていました。当時の募集要項には「サイト審査してくれる人募集」と書いており、アルバイトだし気軽に仕事ができればいいな、という気持ちで入社しました。

ーバイト入社から正社員になった経緯を教えてください。

バイトでも裁量があり、主体性が高く楽しく仕事ができると感じて、そのまま正社員として入社することになりました。

当時のもしもは、在庫を持たずに商品をサイトに掲載して販売する”ドロップシッピング”に力を入れており、その中の施策の一つとして「もしも社員がもしもドロップシッピングを実際にやったら伸びるのか?」というテーマのブログ運営を担当することになりました。実際自分でもしもドロップシッピングを運用しながらブログを書いていたのですが、結果として売上が月10万円程伸びました。

そこから「今回の私のステップを公開することで、ユーザーさんも売上を伸ばすことができるのでは?」と考えプロジェクト化していきました。

日の目は見ないけど世の中にはいいヨガスタジオがたくさん存在している。それらに日の目を浴びさせるのが私のミッション

ーMAFコンサルのミッションを教えてください。

もしもアフィリエイトのコンサルタントという立場でクライアントの課題を理解し、中期的なイメージ像を持ちながらアフィリエイト広告で解決する最適な打ち手を企画、実行することがミッションです。

ー具体的な業務内容を教えてください。

広告主のジャンルとしては3ジャンルくらい対応していますが、メインでは”ヨガ”のジャンルを中心に担当しており、”ユーザーさんが自分に合ったスタジオに行けるように、本当にいいスタジオを世の中に広げる”という思いを持って仕事をしています。

業務は"クライアント側の業務””メディア側の業務”に分けられます。

まずクライアント側だともしもアフィリエイトに登録してくれてるクライアントに連絡を取って、より多くのユーザーに知ってもらうための課題や施策を打ち合わせします。ヨガの例で言うと、「良さを知ってもらうために、メディアさんを集めて体験会をしませんか?」といった施策を提案します。

”メディア側”は打ち合わせをするというより、実際にスタジオ体験をしてもらったり、それを記事にしてもらうように調整します。記事もただ「書いて下さい」だけではなく、どうやったら魅力が伝わりやすいかなど、工夫に関しても提案することがあります。

ー成功体験を教えてください。

認知度が低いヨガスタジオに、アフィリエイトの出稿をしてもらった事です。

そこはチェーン店ではなく、全国に1店舗しかありませんでした。市場調査を進める内に興味を持ち、アポイントを取って話を聞くと、遠方からくる人もいるくらい人気なスタジオで、広告運用はしておらず、いわゆる口コミで広がっているスタジオでした。「これは素敵なヨガスタジオさんだ。広告運用のお手伝いをすることで、認知度が高まり集客を増やすことができるだろう」と思い、連絡を取ってアフィリエイトの出稿を開始いただきました。

思っていた通りすぐに成果が出て、「増えすぎて逆に困ります」という嬉しいお声を頂きました!

また、メディアさんに体験会を実施した際も本当にいいスタジオだからと2,3名の方が実際に通ってくれて、「世の中にいいスタジオを知ってもらえたな」と感じました。

ークライアントさんに提案する場合はやはりアフィリエイト中心の提案になるのですか?

提案の中心はアフィリエイトですが、それだけだとクライアントの悩みを解決することができないこともあるので、マーケティング全般の知識を元にアプローチすることはよくあります。

もしもアフィリエイトでは基本的にアフィリエイト広告の取り扱いが中心ですが、アフィリエイトの枠を超える提案もしていて、社内にはクライアント側の提案に特化した”もしもマーケティング”やブログではなくInstagramやYouTubeなどのSNSマーケティングに特化した”もしもクリエイター”といったチームも存在し、クライアントの悩みに合わせて、アフィリエイト以外でのマーケティング支援も行っています。

チームとしての価値を発揮させるため、マネジメントも主体性を持って行動する日々

ーユニットリーダーとなり、感じた課題を教えてください

緊急事態宣言によって一時リモートワークになったタイミングでリーダーになったのですが、その時一番感じた課題としては”チームとしての価値発揮”です。

リーダーになって最初の半年、問題は起きませんでした。ただ”生まれる物もなかった”んです。もしもでは半期ごとに上司との振り返り面談があるんですが、半期でのチームの実績を振り返った時「あれ、何かチームで生み出したっけ?」と感じました。”価値を生み出せてない”=”何もしてない”という感覚になり、そこからチームの価値発揮ができるようにリーダーとして行動しないといけないなと思いました。

最初は正直「みんな大人なんだから、なんとかなるだろう」と思っていたんです。笑

しかしチームマネジメントに関しても主体性を持って考え、行動しないと成果は出ないなと感じ、徐々に行動に移していきました。

ーその課題を解決するためにどういった行動をしましたか?

まずは、メンバー同士、相互補完ができるようにすることを心がけました。

そのためには私がメンバーの事を知らなくてはいけない!と思い1on1やMTGの前後に雑談をしてメンバーと仕事以外の話をしました。

また、各メンバーが主体性を持つことが重要と思っていたので、みんなが主体性を持てるようにMTG進行役をローテーション制にして、リーダーだけでなくみんなでチームを創っていくことを意識をしました。

もしもに興味を持ってくださってる方に対して

ーどんな人だともしもにマッチしそうですか?

「主体性をもって物事に取り組める人」「自ら課題を発見して解決できる人」がマッチしそうと思います。

もしもという会社は、各個人が感じている課題に対して、それぞれが課題解決に取り組んでいくことができる会社です。ただし、誰かから課題を与えられるわけではなく、自ら見つけに行かなくてはならないため、”課題は与えられる”と受け身でいる人はマッチしないと思います。

また、難しい問題にぶつかった時も”課題”と捉え、解決することに楽しさを感じられるような人はもしもにすごくマッチすると思います。私も「難しいこと=課題」と捉えてるタイプなので、難しくて辛い・・・とあまり感じないタイプです。

特にマーケティングの知識を身に着けることが楽しいと思える人にとっては、常に探求心を持って業務に携われるので、向いていると思います。

ー最後にもしもに興味を持ってくださってる方に対してメッセージをお願いします。

もしもはとてもフラットな職場です!役職も関係ないし、バイトでも業務委託でも新しいことにチャレンジできるのも魅力です。自分の枠を広げたい!という方はぜひ一緒に働きましょう!

株式会社もしも's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more