1
/
5

1on1クラウドの株式会社KAKEAI、11億円の資金調達を実施しました!

こんにちは!
採用担当の金坂(かねさか)です。
この度、KAKEAIが資金調達を実施しました!!

パーパス「あなたがどこで誰と共に生きようとも、あなたの持つ人生の可能性を絶対に毀損させない。」
属人的なまま放置され続けてきた「人への関わり方」 それにより、今この瞬間も世界中で発生している不幸。 私たちは「働く」における、1対1のコミュニケーションの掛け違いを世界中から無くし、 今を生きる一人ひとりの現実を変えます。

KAKEAIでは、エンジニア・マーケティング・セールス・カスタマーサクセス を積極的に採用しております。
共に、KAKEAIのパーパスに挑戦していただける方、まずは「カジュアル面談」からお話しましょう!


以下、プレスリリース >> 引用

1on1クラウド「Kakeai」を提供する株式会社KAKEAI(本社:東京都港区 代表取締役社長:本田英貴 以下、KAKEAI)は、シリーズAラウンドとして、モバイル・インターネットキャピタル、DBJキャピタル、博報堂DYベンチャーズ、SMBCベンチャーキャピタル等を引受先とした、総額11億円の資金調達を実施したことをお知らせします。


■資金調達の背景・目的

当社は「あなたがどこで誰と共に生きようとも、あなたの持つ人生の可能性を絶対に毀損させない。」をパーパスとし、2018年の創業以来、属人的なマネジメントが招く不の解決にフォーカスして事業を進めています。

2019年には、新型コロナウイルス流行以前から世界的に言われていた「従業員視点に立ったマネジメントの重要性向上」に対応する“次のHR tech”として、日本企業で初めて世界のHR techスタートアップTOP30に選出されるなど、国内外からご注目いただいてきました。

  • 日本企業で初めて世界のHR techスタートアップTOP30に選出(2019)
  • アジア太平洋地域における2019・2020・2021 HR tech サービス TOP10 に選出
  • 国内最大級HR techカンファレンス HR tech GP 2019 最高賞グランプリ受賞
  • Digital HR Competition 2020 最高賞グランプリ受賞
  • 第5回HRテクノロジー大賞 イノベーション賞(2020)
    他多数

<1on1支援クラウド「Kakeai」について(概要)>

現在、法人向けに提供している「1on1クラウド『Kakeai(カケアイ)』」は、上司部下コミュニケーションを支えるツールです。「立場や経験の違いによって生じがちな、本音が言えない/聞けない」という問題や、「継続的な面談を実行するにあたってつきまとう負担」や、「部下とのコミュニケーション改善へ向けた具体的なアクションがわからない」という問題を、複数の特許を備えたシンプルな仕組みで解決します。



<1on1について>

1on1とは、指示・指導目的のミーティングではなく、部下を主体とした継続的なミーティングです。
弊社が実施した1on1に関する実態調査によると、新型コロナウイルス流行以前である2019年の1on1実施人口が推計516万人・国内全就業者数の7.5%であったのに対し、働き方が大きく変化した2020年以降で1on1へ取り組みが加速し、1on1実施人口は、2022年7月現在、推計1,310万人・国内全就業者数の19%に及びます。


調査委託先 :電通マクロミルインサイト
回答者:全国の就労者7,131人
調査実施時期:2022年4月27日~4月30日


<1on1支援クラウド「Kakeai」の実績について>

1on1クラウド「Kakeai(カケアイ)」についても、特に2021年以降、お問い合わせ数やユーザー数が急激に増えました。
お問い合わせやご利用の背景は、1on1の質の改善や負担の軽減という狙いはもとより、エンゲージメント改善、離職防止、ジョブ型への移行に伴う上司部下コミュニケーション強化、働き方の変化で失われたコミュニケーション活性化によるイノベーション創出などさまざまです。



コロナ禍においては大手企業を中心にご利用が進みましたが、最近では、海外(ニューヨーク、ロンドン、香港、シンガポール等)でのご利用や、従業員数が数名の企業でのご利用や、1チームでのご利用においても、お役に立てることを実例として確認できています。
前述の調査を元にした推計では、2025年には1on1人口は2,200万人・国内全就業者数の30%に達します。

今回調達した資金を、より一層のプロダクト強化とマーケティング活動にあて、働き方の変化によって加速した、企業と従業員、ひいては社会と個人の関係の変化を支えられるインフラとなるべく、より一層事業に取り組んでいきます。


■リードインベスターより

モバイル・インターネットキャピタル株式会社
インベストメント マネジャー
稲垣泰仁氏


KAKEAIへのリード投資は、シードラウンド、PreSeries Aに続き3回目となります。創業当初より真摯にプロダクトを磨き続け、競争優位性を確立し、グロースフェーズに突入したタイミングで、今回のSeries Aファイナンスを実現することが出来ました。労働人口減少や雇用流動化の潮流を受け、従業員の事業生産性を高めるために、従業員リテンションを最大化させるための高度なマネジメントスキルが求められる現代において、属人的なマネジメントが招く不が依然として存在するのが実態です。同社が提供する「Kakeai」は組織間コミュニケーションの円滑化及び活性化に寄与し、マネジメントに関する当該課題を解決できるプロダクトであると確信しております。同社事業の益々の成長を期待すると共に、引き続き最大限支援させていただきます。


■株式会社KAKEAIについて

【本社】東京都港区北青山2-13-5 青山サンクレストビル8F
【設立】2018年4月12日
【代表】代表取締役社長 兼 CEO 本田英貴
【資本金】12億3,824万円(資本準備金含む)
【顧問】小島武仁|東京大学大学院経済学研究科 教授 東京大学マーケットデザインセンター(UTMD)所長(経済学)、駒野宏人|岩手医科大学 薬学部神経学分野 教授(脳神経科学)
【共同研究】岩本 隆|慶應義塾大学大学院 経営管理研究科 特任教授(HR tech)
【INTERACTION LAB. 所長】武井章敏|前アクセンチュア執行役員人事本部長
【特許】特許6534179、特許6602996、特許6602997、特許6651175、特許6813219、特許7057011、特許7057029、特許7084665

株式会社KAKEAI's job postings
4 Likes
4 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
Invitation from 株式会社KAKEAI
If this story triggered your interest, have a chat with the team?