1
/
5

中国ビジネスでのインターン(Jennie)

こんにちは!株式会社TOHOKIインターン生の川井郁美です!

本日は、私のインターン活動の日常をお話しします!

自己紹介

東京経済大学の3年生です。大学2年生の時に大学のプログラムで半年の中国留学を予定していましたが、新型コロナウイルスの影響で渡航できず、、、、

そこで、上海外国語大学のオンライン留学に申し込み、7月まで受講していました!そして8月から約半年間、北京師範大学のオンライン留学を予定しています。本当は中国に実際に行って学びたかったです、、、、

大学では中国語の他に中国経済についても学んでます。中国は製造業もIT業も発展が目覚ましく、学んでいてとても面白いです!

私自身、中国アイドルの火箭少女が好きで、オーディション番組から見てました!           段奥娟ちゃん可愛いです^^

前置きが長くなりましたが、、、

今は株式会社TOHOKIでインターンとして活動しています。私がなぜTOHOKIのインターンに応募したのか、その背景についてお話ししてみたいと思います!

TOHOKIのインターンに応募した理由

私は23卒なので、最近になって急に学校側から「インターンは参加すべき!」「SPI、玉手箱の勉強!」というお知らせが多く届くようになりました。学校側が就活を焦らせてくるので就職活動にも火がつきました。

就職活動の前にまずはインターンを探そうと思い活動し始めました。しかしどのサイトも、イベントも、企業説明会も、あまり興味が湧かないのです、、、私が学んでる中国経済への知識を生かせないから、どの業界もあまりピンときません。しかも、長くインターンをしたいけど最長で1〜2週間のもので、大抵は1DAYインターンばかり、、、

私だけでは限界を感じ、卒業生や社会人の知り合いに就活のコツややり方などを聞きました。すると、知り合いが「長期インターンならwantedlyを見てみるといいよ。」と教えてくれました。

そして、早速検索に「中国」「中国ビジネス」とかけると一番上にでできたのが株式会社TOHOKIです!

TOHOKIは日中間の人材エージェント事業をメインに行なっており、私の勉強してきたことが活かせるかもしれないと応募しました。

大学で一番尊敬している教授から「事業拡大を目指す、または事業を行う上で人材は非常に大事だ。これからはグローバルエリートが企業を大きくする重要な役割となるだろう。」という言葉をいただき、この業界にとても興味を持ちました。

確かに、会社を作るのも大きくするのも人材であり、候補者のキャリアプランにも大きく関わる業界

何度かに渡った面談をしていただき、7月からインターン生として活動をスタートしました!



インターン生の仕事内容

候補者へのスカウトメール送信、候補者との面談、新規開拓、TOHOKIの広報活動です。

ベンチャー企業なので、やりたいと思ったことはどんどんと挑戦させてくれる環境です!

尚且つ、インターンにも関わらず裁量権が大きいため、日々成長できていると実感しています。

インターンの日常

7月は授業の兼ね合いで週1〜2で出社しています。たまに、コロナの影響で授業が課題だけの日などは出社しています!8月からは、オンライン授業が終了次第週3で出社する予定です。

TOHOKIのメンバーは明るい人しかいないですし、本当に本当に優しいです!さらに、皆さんとても仲がよくて会話がすごく面白いです!社内の雰囲気も明るく、時間が合えばお昼も一緒に食べているのでその時間も楽しくて大好きです^^

社内の会話は中国語が多いので、個人的にはリスニングの勉強になって嬉しいです!

先日は、クライアント主催のミュージカルにも参加しました。私自身、ミュージカルを見るのが初めてだったのでとても感動しました!

こんな風にとても充実したインターン生活を送ることができてTOHOKIの皆さんには感謝しても仕切れないです!




まとめ

TOHOKIでの仕事は本当に勉強になります。

この業界は候補者の「キャリアプラン」に大きく携わることのできるお仕事ですし、クライアントが求める人物像を探すのも難しいですが、とてもやりがいを感じます。

まだまだ未熟な点は多いですが、これからもっと頑張ります!!

株式会社TOHOKI's job postings
4 Likes
4 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more