1
/
5

Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

キーワードは「越境」。forよりwithで未来を一緒に創造していこう

ポーランド出身のピョートル・フェリクス・グジバチ氏が日本で設立したプロノイア・グループは、「誰もが自己実現できる世界を創造する」という未来創造事業に取り組む企業。新型コロナの流行というピンチをチャンスととらえ、「2047年を47都道府県で考えよう」というMIRAI47というプロジェクトを2020年6月からスタートしています。

宮崎県の地域商社・こゆ財団は、“SENSE THE NEW PARADIGM(新しいパラダイムを察知しよう)”、これまでの当たり前にとらわれず「自分と社会を見つめ直そう」と訴えるMIRAI47の活動理念に共感。コロナ禍の9月11日、全国で5番目のイベントを共催する運びとなりました。

このように実現したオンライントークセッションは、これからMIRAI47が越境してこゆ財団や宮崎とつながり未来を共創していくためのキックオフイベント。地域・社会の課題とその解決に必要なパラダイムシフトを生み出す時間となりました。

■開催日時:2020年9月11日(金)15:30〜17:00
■対談テーマ:自己実現する方法〜MIRAI47 宮崎県キックオフイベント〜
■オンライン動画コチラから
■特別講師:ピョートル・フェリクス・グジバチ氏(プロノイア・グループ株式会社 代表取締役)、星野たまえ氏(プロノイア・グループ株式会社COO/シニアコンサルタント)
■モデレーター:齋藤潤一
(一般財団法人こゆ地域づくり推進機構(こゆ財団) 代表理事/ 慶應義塾大学大学院 非常勤講師)
高橋邦男(こゆ財団 執行理事)
福島梓(こゆ財団 ウェルビーイング推進室室長)
稲田佑太朗(一般社団法人こゆ地域教育研究所)

イノベーションの鍵は「越境」のプロセス

「新富町と一緒にやってみたいこと、ありますか?」
「新富町の全ての学校で、起業家精神育成に特化した教育プロジェクトをやってみたいですね」。

MIRAI47の一環で子どもの起業家育成事業にも取り組むピョートルさんは、こゆ財団・高橋の質問にこう答えました。

一方で、「教育」や「EDUCATION」という言葉には違和感も感じている様子。
「どうしても型にはめるイメージがありますが、これから必要なのは“領域のない教育”。そのためには……

*続きはコチラから

一般財団法人こゆ地域づくり推進機構's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more