1
/
5

【海外で働く】アラサー既婚女性の単身バンコク着任記

「新婚さんなのに単身赴任なんて、そんなの寂しくない?」

「旦那さんが残って奥さんが海外って、珍しいね。前例がなくて大変そう。」

「子どものこととかどうするの?」

この約1年の間、何十回と言われてきた言葉たち。答えは一つ、マイペンライ!だ。

だいじょうぶ。私は元気よく、単身タイで働いている。


きえ

2020年9月〜バンコク在住のタイ初心者。92年東京生まれ、既婚、子なしのアラサー。 日系企業7年目、結婚2年目で夫を日本に残しバンコクのグループ企業に出向。タイ人同僚やインド人ボスと働く愉快な日々を楽しみながら、TwitterやYouTubeのVlogにて等身大の学びやおいしかったものを発信中。

目次

  1. タイへの赴任が決まる。でも私は【新婚】
  2. 決断を支えてくれた【夫】の存在
  3. 【いざタイへ】様々な刺激と共に
  4. タイ在住で見つけたキャリアの可能性と夫婦の形

タイへの赴任が決まる。でも私は【新婚】


2018年に結婚し、2019年から東京で同居を始めた。私はメーカー勤務。4歳上の夫は都内の他企業勤務。

盛大に結婚式を終え、私の実家の近くでの新婚生活も落ち着き始めた矢先。ある社内公募が目に入った。翌年から1年間の海外勤務。グローバルに活躍するためのリーダーシップやスキルを養うという。先輩たちに聞けば、そのまま長期で駐在員になる可能性も高いらしい。

当時社会人5年目。今後のキャリアについて迷っていた。入社から営業、営業サポートと営業部門ひとすじで働いてきていたが、このままずっと国内営業の道を進んでいきたいかというとそうではなく、より自分の視野を広げたい、できることを増やしてレベルアップしたい、という気持ちが強かった。

海外で働いてみたい気持ちも間違いなくあった。幼い頃からディズニーチャンネルや海外映画を観て育ち、語学力には自信があったし、何度か海外旅行に連れて行ってもらったときは、自分の知らない世界を見るのがこの上なく面白かった。中学の頃には、わたしは将来どこか知らない国で働くんだろう、という漠然とした妄想をしていた。

そんな私にとって、またとないチャンスだ。コロナウィルスの「コ」の字も聞かなかった2019年。どうしても挑戦してみたかった。

ただ、目の前に立ちはだかったのは「新婚」という事実。家を探し、家具を取り揃え、お互いの部屋もでき、通勤ルートや買い物の場所も確立し。やっと生活が整った、というところ。家は買おうか、子どもは、もしできるなら、いつごろ何人ほしいか。そんな近い将来の話も半分楽しく、半分本気でし始めたところだった。

たくさんの考えが頭をめぐった。いまここで私が「来年海外に行きたい」なんて言ったら、びっくりするだろうか。するだろうな。せっかく結婚したのに、1年かそれ以上、日本で待たせる?悲しむだろうか。それとも一緒に来てもらう?いや、夫も私も働き盛り。それはない。子どもは?年齢的に3年くらいで考えたいねと言っていた。もし駐在になったら……?同じ時期に結婚した友人たちは早くに子どもを授かったり、家を買ったり、それぞれに幸せそうな家庭像を築いている。そんな中、海外に行きたいなんて、いいんだろうか。

>>>続きはこちらで公開中

Adecco Recruitment Thailand Ltd.'s job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more