1
/
5

Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

SUNNYSIDEの人々Vol.1 1人1人がいきいきと動けるチームづくり

SUNNYSIDEはだれがつくっているのか。

作り手が分かると、不思議と安心したり愛着が湧く作品のように、
SUNNYSIDEの作り手について知っていただくことで、安心や親しみを感じていただきたい。

そんな想いから、SUNNYSIDEをカタチづくっている仲間を1人ずつ、紹介させていただきます。

秋吉直樹

ディレクター

神奈川県小田原市出身。
5年前に香川県地域おこし協力隊に挑戦したことをきっかけに香川県移住。
趣味は運動とサウナとカレー作り。

自分たちは何を考えてどんなことをしているのか、誠実に伝える

SUNNYSIDEでディレクターをしています。SUNNYSIDEは清掃や農業、宿泊、飲食など、様々な事業を展開していますが、ほとんどその全てに関わらせていただきながら、各事業の推進をサポートしたり、事業部間の連携を促進するのが私の役割です。

特に、写真やデザインを通じて、スタッフの想いをカタチにして、それを社内外に伝えていく仕事が多いです。

SUNNYSIDEでは「個性が共生し調和が発展を生む」というビジョンのもと、色々な事業を行なっています。そうしたビジョンを、社内はもちろん、社外のみなさまにもお伝えすることが、これからの時代にすごく大切なことだと考えています。自分たちは何を考えてどんなことをしているのか。これを誠実に発信していくことを念頭に、日々の業務にあたっています。

もっと世の中いろんなところに行ってみたい、知りたい

大学卒業後は地元市役所に就職し、観光課で働いていました。その後、小田原しか知らないという自分の状態に少し危機感を覚え、世界を広げるためにも、地域おこし協力隊にチャレンジすることにしました。

当時、全国で唯一「県庁」で協力隊を採用していた香川県に来て、フリーペーパーやWEBサイトの作成、研修会の企画をするようになりました。そこから、地域おこし協力隊や香川県の中小企業さんの採用企画・デザインにも携わるようになったとき、SUNNYSIDEの多田さん(代表取締役)と出会って、意気投合したんです。

私自身、転職を応援する事業をやっていたときに、経歴にブランクがあったり、障害があったり、LGBTの方やどうしても転職しにくい方々と出会うことが多く、彼らの応援をしたいと思っていました。会社としてやりたい方向性が一緒だなと共感し、そのご縁が今につながっています。

色んな働き方の仲間と、それぞれの経験やスキルを持ち寄ってつくる仕事

ここ最近、SUNNYSIDEでは多様な働き方が増えてきています。

リモートで瀬戸内の島から参画する仲間、農業とプログラミングで社内副業する仲間、時短勤務する仲間など、様々です。私自身も、鎌倉にある面白法人カヤックのディレクターも務めており、週の半分はカヤックの仕事をしています。

東京のIT企業のように、しっかりした副業制度やフレックス制度が導入されている訳ではありませんが、時代に合わせた柔軟な仕事スタイルついては、理解のある会社です。

これから少しずつではありますが、多様な仕事スタイルの仲間も増えていくと思います。色んな働き方の仲間と、それぞれの経験やスキルを持ち寄って、面白い仕事をするのが楽しみです。

SUNNYSIDEの仕事はチーム戦なんです

自分がチームの潤滑油になれるような動きをしたいです。

清掃のプロ、農業のプロ、料理のプロ、接客のプロ、書くプロ、写真のプロがいて、ひとりひとりが得意なことを一生懸命にやれば絶対に良いチームになれると思っています。

言葉では簡単だけど、実際の現場では難しい場面はたくさんあります。だからこそ、お互いを知ってお互いに尊重して、それぞれが得意なところで勝負できるようにしていきたいですね。


株式会社サニーサイド's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more