1
/
5
This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

ド理系なのになぜ広告制作マンへ?理工学系出身社員を集めてみた【なぜ集シリーズ2】

こんにちは。採用担当の塩川です。

6月入ってじめじめして洗濯物が乾きづらい今日この頃(主婦か)。前回の体育会社員集めてみた、の記事が意外と好評だったので、「なぜ○○な人がCDCにきたのか。○○系社員集めてみた」略して「なぜ集シリーズ」の第二弾をやっちゃいたいと思います!本当、CDCには色んな人がいるんですよねぇ。

今回は、「ド理系」な理工学系の学部出身でCDCに新卒で入社された皆さんに集まって頂きました。広告制作の仕事って文章書いたりデザインしたり、ちょっと文系色の強い職業だと思ってませんか?しかーし!どっかの偉いクリエイターが「広告は理系的に考え、文系的に表現する」と名言を残しているように、理系出身者でも充分にその能力を発揮することができるのです!(特に論理的思考力とか。塩川はごっそりそこが抜けているので羨ましい…)

ではここで、メディア制作局の理系出身社員たちに、「なぜCDCに入社したのか」を聞いてみました!



社員①入社11年目 K.Yさん(大阪教育大学大学院 教育学部 自然研究先攻)

【Q.1】研究室やゼミで学んでいたこと、研究していたことを教えてください!

軟体動物の発生学(主に、貝の発生)

・卵→成体になるまでの形態変化の観察
・原腸貫入を引き起こすタンパク質の発見

【Q.2】なぜ専攻していた分野の就職をしなかったんですか?
薬品系、食品系、種苗系も見ました。しかし、会った方が仕事を楽しんでいないように見えて、嫌になりました。(やりたいことをやりたいだけやる人生だったので、やりたいという熱量を持てる仕事を選んでいたため)

【Q.3】CDCに入社した経緯を教えてください。
視野を広げて不動産からテレビ局、コンサル、ITなど、いろいろみました。そのなかで人材系の人は仕事を満喫してる人が非常に多いと感じ、人材系で働きたいなと考えるようになりました。そのなかでもCDCは一番等身大で働いている人が多く、楽しそうに仕事のことも話しますし、自らの失敗も話してくれる。普通ならかっこわるいことだから話したくないだろうと思いますが、そこをすらっと話すCDC社員の姿が、全うな人間だと感じて入社を決めました。

【Q.4】広告制作の仕事を通して、理系出身で良かったことがあれば教えてください!
野鳥の会の取材で盛り上がりました(笑)。そんな感じで、日々知らないことに出会えるのが嬉しいですし、求人広告制作という仕事自体が難易度が高く、その理屈を解明したいなと思っていて、理系ならではの探究心旺盛な僕にとっては、まるで飽きないですね。

社員②入社4年目 T.Kさん(立命館大学 大学院 テクノロジーマネジメント研究科[MOT])

【Q.1】研究室やゼミで学んでいたこと、研究していたことを教えてください!

<大学>画像解析を用いたオノマトペのバーチャル上での表現。180度撮影可能な特殊な装置を用いて、「ツルツルしている素材」「ザラザラしている素材」を撮影。バーチャル上でどのようにしてそれを再現するかを、光の反射率から解析・分析していました。

<大学院>モンテカルロ法を用いたリアル・オプション分析ファイナンス系に強みを持つ教授のもとで、リアル・オプション分析を用いた企業の評価に信憑性があるかどうかを研究していました。

【Q.2】なぜ専攻していた分野の就職をしなかったんですか?

大学の頃はプログラミングをやっていて、ずっと面白くないと思っていました。面白くないことを仕事にはできないと思ったので、思い切って、エンジニアの道を辞めてみたんです。で、大学卒業後に1年間だけrフリーターになるんですが、技術的な領域だけでなく、視野を広げてファイナンス、経営・経済系の知識を身に付けていきたいと思い、大学院へ進みました。学問としては新しい発見が多く、とても面白く身になりましたが、結局これを仕事にするビジョンが浮かばなかった。なので、やはり自分が一番情熱を燃やせそうな「出版・広告」関連の企業を中心に就職活動をしました。(「出版・広告」関連への情熱は単純に漫画が死ぬほど好きだったからです笑。)

【Q.3】CDCに入社した経緯を教えてください。

出版業界を受けて落ちまくり、どうにかして「出版・広告」関連 にしがみつきたいと思っていた。CDCの存在を知らずに夏前にCDCの制作職に偶然出会い、「色々できて面白そう!」と感じたので、選考を受けました。同期入社の子が3歳下になるということは、社会人としては一般的な人と比べて3年も無駄にしたという実感を持っており、残されたわずかな20代という時間を有意義な時間にしたいと考えました。一言でいうと、クズ野郎な自分を変えたかった。そもそも広告業界ってキツイだろうなと思い、そんな環境なら自分も鍛えられるだろうと思って入りました。

【Q.4】広告制作の仕事を通して、理系出身で良かったことがあれば教えてください!

代表とか偉い人の話を真っ向勝負で聞けるのは本当になかなか無い経験だと思います。採用に向けて本気な企業ほど、包み隠さず色々と話してくれるので、ぐいぐい聞いていると気づいたら1,2時間経っている。厳しい条件での採用の際に、自分の立てた企画がヒットして、その原稿によって良い人が採用できたと知ったときはガッツポーズもの。

理系出身でよかったことは、他の同期よりエンジニア求人やエンジニアターゲットへの理解が早かったと思います。良い原稿作成するための作法は覚えるのに時間がかかったが、エンジニア系企業のお客様とも話が合うことがあり、なんとなく理系人材の方との会話もスムーズな気がします。

社員③入社2年目 S.Fさん(立教大学理学部生命理学科)

【Q.1】研究室やゼミで学んでいたこと、研究していたことを教えてください!

研究室では大腸菌を扱っており、複製起点というものを調べていました。プラスミドを作成し、複製起点から何個のDNAがあれば複製が開始されるか、また、複製の終結はどこなのかということを調べていました。

【Q.2】なぜ専攻していた分野の就職をしなかったんですか?

考えることが好きだったのですが、ピペットマンで何マイクロ測って、試料を作成し・・・みたいな細かい作業がいやになりました。違う分野で仕事したいなと思ったのがきっかけです。

【Q.3】CDCに入社した経緯を教えてください。

大学3年次の秋に参加したCDCのインターンシップで制作の面白さを知れたからです。広告はセンスの世界だと思っていたのですが、意外と論理的に考える志向性が必要で、考えることが要求されるところが面白そうだし自分に向いているかなと思いました。また、出会った社員さんに引かれたことも大きなポイントでした。

【Q.4】広告制作の仕事を通して、理系出身で良かったことがあれば教えてください!

理系でよかったことはとある測定器の専門商社の案件で「物理ができる人が欲しい」という要望に対して、原稿のトップ記事の企画でエネルギー保存の法則を打ち出したことですかね。理系だからこその視点を活かせた経験でした。自分の原稿で採用が成功でき、リピートに繋がったときはやっぱり嬉しいです。

社員④入社1年目 N.Tさん(法政大学理工学部経営システム工学科)

【Q.1】研究室やゼミで学んでいたこと、研究していたことを教えてください!

信頼性工学研究室に所属していました。研究テーマは「大相撲に八百長があったか否かを統計学的に分析する」というものです。回帰分析等を使って、八百長問題発覚の年を加味しながら大相撲の勝ち星の動きから八百長の可能性があるかを分析・考察しました。

【Q.2】なぜ専攻していた分野の就職をしなかったんですか?

①プログラミングを経験してこれを仕事にするのは違うと思った②無形より有形のモノづくりがいいなと思った。この2点だと思います。でもSEが嫌、というよりは広告業界に行きたい!という気持ちが強かったです。

【Q.3】CDCに入社した経緯を教えてください。

理工学部に進んだため、授業でもまったく広告については触れた事がまったくなかったので「未経験で広告制作の仕事を始められる」というのが大きかったです。

【Q.4】広告制作の仕事を通して、理系出身で良かったことがあれば教えてください!

研修の段階の話になりますが、広告の設計はとてもロジカルに組み立てるため研究で「データから読み取り考察すること」を繰り返して培った思考力は少しは活かせているのではないかと思います。あとCDCが主催しているエンジニア転職フェアのお手伝いのときにエンジニアの方と理系トークで盛り上がり仲良くなれました!

社員⑤入社1年目 K.Kさん(青山学院大学理工学部電気電子工学科 光量子エレクトロニクス研究室)

【Q.1】研究室やゼミで学んでいたこと、研究していたことを教えてください!

『連続周波数可変ミリ波生成2波長レーザ発振装置の作成と特性評価』
現在各種無線通信で利用されている周波数帯よりも高いミリ波・テラヘルツ波帯の利用を可能にするために、より簡易で安定的な電波の発振装置の作成を最終目的とした研究。ミリ波やその上のテラヘルツ波はいまだ利用が少ない領域で、高周波数であるため送れる情報量が多く、通信渋滞の解消が期待できるものです。前年の先輩の研究の引継ぎで、発振装置の一部条件を変えて、周波数差の任意の連続可変化を目指しました。結果、任意とはならなかったが、連続した周波数差の可変化には成功しました。

【Q.2】なぜ専攻していた分野の就職をしなかったんですか?

正直、これ以上レベルが上がるであろうメーカー研究職や技術職はやっていけないと思ったことと、ずっと同じ部品などの研究・開発をしていくと思うと、一生は続けられないなと思いました。

【Q.3】CDCに入社した経緯を教えてください。

広告業界などに興味があったため、求人広告の制作という仕事がおもしろそうだと思ったからです。何より、取材から記事・画像作成、効果修正まで全部やれる会社は珍しかったので、ぜひ挑戦してみたいと思いました。

【Q.4】広告制作の仕事を通して、理系出身で良かったことがあれば教えてください!

まだ入社したばかりなのでそこまで実感はないですが、業界研究の研修で、比較的IT業界やメーカーのイメージはついているなと感じました。また、友人にエンジニアやメーカー技術職にいった人が多いので、現場の生の声を直接聞くことができる点は今後活かしていきたいです。


む、むずかしい!

超ド文系の私(文学部史学科日本史コース)には、ググってもわからない単語ばかりで呪文のよう…もはやみなさま尊敬崇拝の領域・・・!@typeはエンジニア系の求人が多いので、取材やターゲット設定の面でも理系の方は何かとアドバンテージを感じることがあるかもしれませんね。文系脳・理系脳ともにフル活用できるCDCの広告制作職。理系の方もお待ちしております!

株式会社キャリアデザインセンター's job postings
4 Likes
4 Likes

Weekly ranking

Show other rankings