1
/
5

【社員紹介vol.10】インターン時代を生かした新たな挑戦とは・・・

こんにちは!

株式会社ビーウェルの辻井です。

今年の4月1日から新入社員として入社をしてくれた仲間をご紹介させていただきます!

HR事業部の営業に配属となった吉原さんです!

今後色々なことに挑戦をしてまずは新入社員と言われるこの一年間をがむしゃらに頑張ってほしいなと思います。

吉原さんがビーウェルに入社を決めた理由は何なのか。。。

是非最後までご一読くださいませ~~!

まずは、簡単に自己紹介をお願いします!

皆さん、はじめまして!

株式会社ビーウェルの吉原誠生です。

苗字が”よしはら”、名前が”よしお”。

語呂が良いおかげで、覚えてもらいやすいので自慢の名前です!

学生時代は高校生向けのキャリア教育や国内外のボランティア、USJで魔法使いのアルバイト等、興味のある事にとにかく手を出してきました!

ビーウェルに入社を決めた理由は何ですか?

「市場価値ってそんなに大切なん?」

ビーウェルの専務である白根さんから言われた一言が決め手です。

ビーウェルでのインターンと就職活動を平行していた大学4年生の時、「市場価値」という言葉に呪われたように執着していました。

ベンチャー中心の就職活動をしていたからこその「偏った価値観だったな~」と、今となっては思います。

ある会社から内定をいただき、内定者インターンをしたものの、「何か違う」という違和感を持ち、内定辞退。

その後も就職活動を続け、有難いことに内定前提のオファーをいただきましたが、どこか決め切れない自分がいました。

その悩みを白根さんに話すと「市場価値って大切なん?沢山の会社から必要とされるより、1社から本当に必要とされて、好きな人と働ける方が幸せじゃない?」と言われ、ビーウェルに入社することを決めました。

(白根さん、これからも僕のメンターでいてください…!)

入社一年目で達成したい目標はありますか?

僕にとっての働く目的は「両親への恩返し」です。

その目的達成の為の定性目標は、社内外から信頼される社会人になること。

定量目標は、自身の営業目標を達成すること。

両親がこれまで与えてくれてた教育の機会や経験を基に、自分の人生を精一杯生きることが、両親への最大の感謝だと思うからです。

1年目は、誰よりも行動して、誰よりも失敗して、少しずつ目標に近づいていきたいと思います。



吉原さんは、今後どんな社会人になりたいですか?

「自分の人生の主人公である社会人」でいたいと考えています。

どういうこと…?って感じですよね。笑

高校生・大学生の時、「自分にはできないな」とか「周りからどう思われるのかな」と、自分で自分の可能性を閉ざしてきました。

ですが、沢山の人と出会い、経験をして、自分の人生は自分で輝かすことができるということに気づきました。

だから今度は、それを沢山の人に返していきたいからこそ、まずは自分が自分の人生を輝かせる。

そして、周りの人の人生を輝かせる存在になる。

それが今の僕にとっての理想の社会人像です!!!

吉原さんが思うビーウェルのいいところを教えてください!

2つあります。

1つ目は「目標に対する手段を自分で考えて、実行できるところ」です。

代表の大亀さんが「人の成長が会社の成長」と言うように、「まずはやってみろ!そして学べ!」という主体性を重んじる社風は、本当に恵まれた環境だなと思います。

2つ目は「人の良さ」です。

某ITメガベンチャーの採用基準は「素直でいいやつ」だそうですが、ビーウェルの皆さんは本当に「素直で良い方々」ばかりだなと思います。

(実際に採用基準を聞いたところ「いいやつかどうか」と言っていました…。)

灰汁の強い僕を受け止めてくださるビーウェルの皆さんの器の大きさは、ヒマラヤぐらい大きいです(笑)

ビーウェルに興味がある方に一言お願いします!

ビーウェルは、まだまだ人を育てる仕組みは整っていないと思います。

ですが、逆を言えば「与えられた環境をどれだけ使うことができるか」次第で、自分の成長の振り幅を決めることができます。

誰よりも成長したい!と思う方、是非一緒に成長の過程を楽しみましょう!

株式会社ビーウェル's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more