1
/
5

【バックテックまるわかりガイド①】ミッション、ビジョン、バリュー

バックテック広報の太田です。
今回から5回に分けてバックテックについてわかる「バックテックまるわかりガイド」をお伝えできればと思います。バックテックのことをより深く知っていただけると幸いです。

1回目である今回は、バックテックのミッション・ビジョン・バリューについて、それぞれ詳しくお伝えしていきます。

バックテックのミッション・ビジョン・バリュー(MVV)

M:全人類が健康に活き活きと暮らし、社会に貢献できる世界をつくる
V:ヘルスケアの未来の常識を創る
V:Insight Driven / The Faster, The Better / Think Big and Do It

ミッション:バックテックが社会に対して「なすべきこと」

まずはミッションである「全人類が健康に活き活きと暮らし、社会に貢献できる世界をつくる」について。

「健康寿命の延伸」「超高齢社会」「労働人口の減少」「生産性向上」というようなワードは色々なところで耳にする大きな社会課題であると思います。特に共通の目標として、「健康寿命の延伸」が取り上げられることが多いですが、果たして何が理由で「健康ではない状態で生活する年数」が長引くかご存知でしょうか?

障害調整生命年(Years Lived with Disability; YLDs)は、WHOや世界銀行が「(簡潔に表現すると)健康でない状態で生活する年数」の指標としている数値ですが、全世界でみてもずっと”腰痛(Low back pain)”が1位を占めています

しかも、健康でない状態で生活する年数を低下させる要因1位が腰痛である国はこんなにも多いことが分かっています(オレンジ色の部分)。

さらに「活き活きと」というワードには、”カラダ痛みもココロの痛みも”という意味を込めています。カラダとココロはつながっていると言われるように、どちらかの体調を崩すと、もう一方も不調になってくることは容易に想像できるかと思います。

我々は、ココロの痛みという課題も、カラダの痛みという気軽に取り組みやすいテーマの方から一緒に課題解決していくことを目指しています。
特にコロナ禍では、よりカラダ・ココロの関連が強くなり、痛みを放置するとメンタル不調や自殺企図などとも関わる可能性があることから、我慢せずに遠隔でケアしていこうという情報が全世界的に発信されています。

さらに、最近ではよくウェルネス・ウェルビーイングというような言葉が扱われることも増えてきました。社会的健康や幸福度などもよく議論されています。バックテックはヘルスケアという基盤を通して、人々がより豊かに輝き、自己実現できるできるウェルネスな世界への支援としても重要な役割を果たしたいと考えています。

ウェルネスを妨げる要因の中でも健康に関することは自分ですぐに変えやすい要因でもあり、「運動不足」「睡眠課題」「慢性的なカラダの痛み」は自分で解決できる範囲だと思います。ただ正しい健康情報がなかったり、やはり自分ひとりではモチベーションが続かなかったりするので、ポケットセラピストでは、この健康要因をユーザーに寄り添いながら支援することで当社ミッションの実現を目指しています。

ビジョン:バックテックが目指す「あるべき姿」

ビジョンである「ヘルスケアの未来の常識をつくる」ですが、直近では、2030年の社会に当社の事業が各ステークホルダーにとってどんな存在でありたいかをイメージして、足りないピースを埋めるような事業を作ろうと考えています。ヘルスケアの5つのPと言われる「Patients・Payer・Policy Maker・Physician・Provider」の拠り所・常識となるような事業を創り上げていきます。

バリュー:バックテックの社員が具体的に「やるべきこと」

バリューである「Insight Driven / The Faster, The Better / Think Big and Do It」に関しては、非常に大切にしている価値観であり、どのようなことなのかを簡単に下記にまとめました。

■Insight Driven
- 顧客やデータから導き出すインサイトを起点に行動しよう。
■The Faster, The Better
- 完璧を目指さず、素早く失敗しよう。スピードに勝るものはない。
■Think Big and Do It
- 大胆に発想し、実行しよう。

▼バリューを体現できている社員のストーリーはこちら

株式会社バックテック's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more