1
/
5

Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

【公開】採用ナレッジVol.01

Attack(株)代表取締役の村上篤志です。弊社は【TARGET】という採用コンサルティングサービスを提供しています。特にWantedlyやビズリーチ、Greenなどダイレクトリクルーティングメディアでの採用支援が中心となっており、Wantedlyの公式パートナーforkwell jobsの認定パートナーにも選定されています。

さらに多くのお客様に弊社の採用コンサルティングサービスをご利用していただきたく、実績のアピールも兼ねて、2021年は弊社がこれまで手掛けてきた採用コンサルティングの現場から得た「採用ナレッジ」(ノウハウ)を定期的に公開していきたいと思います。

経営者の方や採用責任者の方にとって参考になる内容かと思いますので、ぜひご覧ください。

■採用活動の全体像

まず実際の採用活動は下記のような「5ステップ」で進行していきます。枝葉の採用ナレッジや採用ノウハウを駆使する前に、この「採用活動の全体像」を把握しておくことが必要です。


もちろん【1】戦略立案は大事ですが、実際の採用活動においては【2】採用準備から【5】選考管理までの比重が高く、採用を成功させるためには、これらの「採用実務」を着実に遂行することも不可欠です。

弊社の採用コンサルティングでは、それぞれのステップにおいて以下のようなポイントを重視しています。

■採用活動の5ステップと重要なポイント
【1】戦略立案:採用ターゲットの具体化と適切な採用ルートの選定
【2】採用準備:社員インタビューなど採用広報コンテンツの拡充
【3】募集活動:定常的なスカウト送信による母集団形成
【4】応募管理:目標KPIの進捗確認と改善策の検討
【5】選考管理:スピーディーな候補者対応と選考結果の管理

■各ステップにおける具体的なタスク

弊社の採用コンサルティングにおいては、上記の「採用活動の5ステップ」において重要なポイントを押さえながら、具体的には以下のようなタスクを遂行していきます。


【1】戦略立案
 - 候補者ターゲットの具体化
 - 採用予算の条件整理
 - 採用ルートの選定
 - 選考ステップの検討
 - 目標KPIの設計
【2】採用準備
 - 求人票の作成
 - 採用広報記事の作成
 - メディアセットアップ
 - エージェントセットアップ
 - 社内体制の整備
【3】募集活動
 - スカウト準備
 - スカウト実行
 - エージェント対応
 - 定例アクション
【4】応募管理
 - 目標KPIの進捗管理
 - 候補者情報の管理
 - 日程調整(準備&実行)
【5】選考管理
 - 面接官トレーニング
 - 選考アラートの確認
 - 選考状況の管理
 - 内定オファー
 - データ管理

今後、これらのタスクに基づいて、具体的な採用ナレッジ(採用ノウハウ)を公開していきたいと思います。

■企業は「1対1」の採用活動に注力すべき

ちなみに候補者サイドから見た「転職活動」は以下のようなステップで進んでいき、大きく「エントリー前(1対N)」と「エントリー後(1対1)」 の2つのプロセスに分かれます。


【図】候補者サイドから見た「転職活動」のステップ

この「エントリー前(1対N)」と「エントリー後(1対1)」の最も大きな違いは「候補者の顔と名前が見えるか見えないか」です。そして採用に限らず「第一印象」の影響力は強いため、「一次面接」や「カジュアル面談」などの「候補者と企業の初回接点」はとても重要です。弊社は多くの候補者の転職支援も手掛けてきましたが、候補者の企業に対する第一印象が良くない場合、候補者はその企業の選考は続けるものの、最終的に内定が出ても辞退になるケースが大半でした。

また採用コンサルティングを手掛けている企業様から「面接を代行してくれないか」と相談を受けることもありますが、面接官が「外部のコンサル会社の人」では、候補者の見極めはできても、動機付けはできませんし、選考ステップが一つ増えることで、候補者の辞退率も高まってしまいます。そのため弊社の採用コンサルティングでは「面接官トレーニング」は行いますが、基本的に「面接代行」は行いません。

弊社としては「求人票の作成やスカウト、日程調整、選考データ管理など」の「エントリー前(1対N)」の大半の業務と「エントリー後(1対1)」の裏側の業務をアウトソースしてでも、「エントリー後(1対1)」の最も重要なステップである「面接や面談に集中する」ことをお勧めしています。

■次回は「【1】戦略立案:候補者ターゲットの具体化」

今回は具体的な採用ナレッジ(採用ノウハウ)の前に「採用活動の全体像」(5つのステップ)について説明させていただきました。

次回からはいよいよ「5つのステップ」に基づいて、具体的な採用ナレッジ(採用ノウハウ)を説明していきます。最初は「【1】戦略立案:候補者ターゲットの具体化」になります。

【1】戦略立案
- 候補者ターゲットの具体化 ← 次回はここ
 - 採用予算の条件整理
 - 採用ルートの選定
 - 選考ステップの検討
 - 目標KPIの設計

最後までお読みいただき、ありがとうございました!ぜひ次の記事もご覧ください<(_ _)>

※スイマセン、最後に宣伝です※

弊社が提供している【TARGET】では多くのスタートアップ/ベンチャー企業様の採用をお手伝いしております。採用ポジションの要件をヒアリングさせていただき、無料でお客様に適したダイレクトリクルーティングメディアをご紹介できます。

もし本サービスにご興味を持ってくださったスタートアップ/ベンチャー企業の代表の方、採用責任者の方がいらっしゃいましたら、ぜひお気軽に以下のホームページからお問い合わせください!

また積極的に自社採用も実施中です!弊社の事業に興味のある方は、ぜひWantedlyからエントリーしてください!よろしくお願いします!

■TARGETサービスページ
https://www.attack-inc.co.jp/target-lp/

■Wantedly
https://www.wantedly.com/companies/attack-inc/

Attack株式会社's job postings
4 Likes
4 Likes

Weekly ranking

Show other rankings