1
/
5

Re:AIスタートアップで始める異世界生活

はじめに

709560
みなさんはこの数字が何なのかご存知でしょうか。

高級ブランド品の値段?アジラの社員数?それとも口座の暗証番号?そこのあなた、今がチャンスです笑
冗談はさておき、この数字は日本人男性の平均寿命81歳を時間換算した数値です。(2020年現在)
約70万時間という数字を目にしたときに多いと感じる人もいれば、少ないと感じる人もいることでしょう。

私は少ないと感じました。さらに言えば実際に活動できる時間は睡眠時間を引いた数になるのでもっと少ないです。
感覚としても歳を重ねる度に1年が過ぎていくのが速いなんていうのはよく聞く話です。

数字として目の当たりにした瞬間に、漠然と抱えていた人生についての考えが加速していくのを感じました。
悩んだり、足踏みしている暇なんて無い......挑戦するしかない!

こうして大企業からスタートアップという異世界に転生した私の物語が始まったのです。

自己紹介

申し遅れましたが2021年10月に入社した大塚直樹です。 アジラではクリエイティブセールスとして働いています。
大事な事なのでもう1度言います。クリエイティブです。 簡単に自己紹介します。

略歴

2018年3月 東京電機大学工学部電気電子工学科卒業
2018年4月 株式会社電巧社入社
2018年9月 株式会社ホギメディカル入社
2021年10月 株式会社アジラ入社

学生時代は野球とバンドに明け暮れていました。 また大学では電気電子工学を専攻し電気回路、電子回路、プログラミング等、幅広い知識を学びました。



大学を卒業後、電気設計エンジニアとして就職しましたが未来に広がりを感じることが出来ず、3か月で退職しました。早期離職だったので2社目に入るまでは少し苦労しましたが、何とか次の就職に成功。

2社目の会社では営業として手術に関係する消耗材料(メスやドレープ、ガウンなど)を医師や看護師の方に提案する毎日を送っていました。新規開拓の他に総合病院や大学病院などの大型施設では手術実績データを元に、手術室運営や病院経営の改善を目指すソリューション営業も行っていました。忙しい医師や看護師の方とお話しすることが多かった為、簡潔に自分の思いを伝える力が身についたと思います。

キャリアとしては、社会人4年目で3社目なので多くの人が歩むであろうルートからは見事に逸脱しております。
一般的に考えればかなりしくじってますね。

しかし、後悔は全くないです。 なぜなら、誰かの意見に従って生きるよりも自分で決めた人生を歩んだ方が私は幸せだからです。

大企業とスタートアップの違い

さて、晴れてスタートアップという異世界に転生した私ですが、前職はいわゆる大企業の定義に当てはまる会社で働いていました。 そこで参考までに大企業とスタートアップの違いをまとめてみました。

全ての大企業、スタートアップに当てはまるとは限りませんが、就職や転職に対する1つの指標として捉えていただければ幸いです。アジラに興味を持ってもらうことも大歓迎です!

たくさんあるので、かいつまんで説明すると大企業は会社としてのシステムが出来上がっていて誰でもその流れに乗れば仕事ができる状況が多いと感じました。一方でアジラのようなスタートアップでは会社の仕組みは未完成であり、少ない人数でも成果を出すためのツールを駆使したり、能力を求められると感じました。

また、私が特に違いを感じているのはスピード感です。スタートアップのスピード感は本当に速いです。仕事が回ってくる速度や会社や個人の成長速度は桁違いです。実際に私も入社初日で商談に参加、3日目からは展示会で営業を経験させてもらいました。最高です。目まぐるしい変化を楽しみ、対応していける方はスタートアップ向きだと私は思います。


個人としてのビジョン

私は後に続く世代が未来に対して希望を持って進んでいける世界になるように自分のリソースを使っていきたいと考えています。 前職が医療業界だったこともあり、少子高齢化に伴う医療費の増加や労働人口の減少を非常に近い距離で感じていました。そこから貧困や教育格差など日本だけでなく世界の様々な社会問題に関心が湧きました。世界全体として抱えている多くの課題を私たち若い世代の力とAIのような新しいテクノロジーで解決し、サスティナビリティに富んだ心理的安全性のある世界にしていきたいと考えています。 また、将来は宇宙に行ってみたいです。想像しきれないほど広大な宇宙で人類とは違う知的生命体に会って話をしてみたいです。


実際に働いてみて

実際にアジラで1か月働いた感想は控えめに言って最高です。
代表の木村さんを始め、一緒に働く皆さんはエネルギッシュでユーモアに溢れ、実務能力にも長けた素晴らしい方々ばかりです。このような環境に受け入れてもらえたことに本当に感謝していますし、チャンスを頂いたからには必ず成果で返していくつもりです。日々自分の力不足と成長を交互に感じる毎日を送っていますがすごく楽しいです。
これからアジラを世界一にするため尽力していきます!

アジラでは一緒に働く仲間を募集しています。
グローバルでダイナミックかつ繊細な仕事をして一緒に世界一を目指しましょう!

株式会社アジラ's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more