Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

学生時代から刺激しあってきた2人が、幾年を経てand factoryで繋がった話。

Wantedlyをはじめとした求人媒体など採用ツールが多くある中、その他の採用手法として「社員紹介(リファーラル採用)」を推進する企業が多くなっています。弊社でも制度として会食費用をサポートするなどリファーラル採用を推進しており、リファーラルをきっかけに多くの方に入社いただいています。今回入社まで至った事例としてSmartphone APP Divisionのデザイナー佐々木と安田に話を聞いてみました。

写真 左:佐々木 恵子(ささき けいこ)
デザイン専門学校を卒業後、デザイン会社にてWEBデザインやアプリデザインに従事。2017年よりand factoryに入社。プライベートではロードバイクやハンドメイドなど多趣味な一面を持っている。
写真 右:安田 愛美(やすだ まなみ)
デザイン専門学校を卒業後、制作会社などで紙媒体やWebデザインに従事。2018年よりand factoryに入社。現在は集英社様とのプロジェクトのデザインを手がけている。

ーーーーーーーー早速ですが、お2人の出会いはいつですか?

佐々木:専門学生の頃ですね。安田さんとはクラスが一緒だったのですが、その頃からとても頑張っている印象を持っていました。就活時にもなかなか就職先が決まらず、みんなが苦戦していた中で腐らずに頑張り続けていたのが安田さん。物事に対する姿勢がとても前向きだったことから良い印象を持っていて、就職した後もご飯に行くなど定期的に会っていました。

安田:私の中で佐々木さんは学生時代と社会人になってからは印象が変わりました。学生時代はとても自由だったイメージですね(笑)。誰よりも早く就職活動を終わらせていて、さらに人より早い3月から仕事をしていたのですごいなと思っていました。就職した後も定期的に会うだけでなく、SNSなどでも活躍を見ていて、やりたいことを形にしている佐々木さんの姿はとても意識していました。


ーーーーーーーー別でキャリアを築いてきた中で、何故声をかけようと思ったんですか?

佐々木:端的にいうと「頑張り屋さんだった」ことが一番ですね。これまでお会いした人たちも声をかけてみようと考えたのですが、一番イメージ出来たのが安田さんでした。仕事へのスタンスや考え方、キャラクターも含めてand factoryに合う姿しか見えなかったんです。とはいえ、安田さんはその時点で全く転職を考えていない状態だったので、まずは自分が働いているプロダクトやand factoryのことを知ってもらおうと思いました。

安田:そうなんですよね、その時は本当に転職を考えていなかったんです。でも私を理解している人からのお声がけということなら断る理由は全くなかったので、まずは話を聞いてみるだけということで会ってみることにしました。


ーーーーーーーーでも、知らない会社にいきなり訪問・・・なかなかハードル高いですよね?

佐々木:そう思って、まずはご飯に誘いました。そこで今の状況とand factoryのことを説明したんです。その時に改めて会社のことを言葉にしてみたんですけど、ネガティブワードがなくて・・・逆に胡散臭いかな?!と心配になったのですが、そこは胸を張って私が感じていることを素直にはっきり伝えました。繰り返しになりますが、安田さんからは転職するつもりないと話を聞いていたので、後日面談に来てくれるという話をもらった時には少し驚きましたね。そして面談後すぐに面接も受けてみたいと言ってくれてさらにビックリ。その点ではまずご飯に行くのは良かったのかなと思っていて、その費用をサポートしてもらえる制度はとてもありがたいですね。


安田:転職する気がない中で色んな人に用意してもらっての面談はちょっと気が引けたので・・・私としてもまずオフィス訪問の前に一度ご飯に行って話せたことは大きかったですね。佐々木さんからはand factoryの現状やマンガアプリの概要を聞かせてもらいました。また福利厚生面でもランチサポートPCのスペックやディスプレイなどを自由に選べるといった話も聞いて、純粋に良い会社だなと感じました。


ーーーーーーーーとはいえ、やはり気になるポイントはあったと思うのですが。


安田:これまで人の出入りが多い会社で働いていたせいか、人間関係で疲弊してしまうことも多く・・・実のところ正社員での就業は出来る限り避けたいという思いもありました。ただ、先にもあったように福利厚生の面からも会社として社員を大事にしていることが分かりましたし、仕事の進め方や内容も非常に魅力的だったんです。何よりも佐々木さんが楽しく働いていることで、会社に対する不安はこの時点でほとんど払拭されていて、1回オフィスに行ってみたいと自然に思えました。


佐々木:採用する側としてより良い人の採用をしたいという気持ちからお声がけしましたが、一方では友人としての目線もあるので、安田さんのためになることが大事だと思っていました。なので過剰に伝えすぎてギャップを感じさせないように、無理強いにならないようにすることは気をつけましたね。


ーーーーーーーーリファーラルで転職して、良かったところはありますか?

安田:やはりネットや求人票で分からない情報が得られることだと思います。「実際に働く社員の目線」と「自分を理解している知人の目線」の両面を聞かせてもらえたことで安心にも繋がりました。

また、面接だけでは業務内容や会社の雰囲気など、詳細に関わる本音ベースの話は聞きづらいですよね。その点もかなり細かく聞くことが出来ました。私自身マンガが好きなのでマンガアプリに関われることは面白そうだと思っていましたが、それ以上に超大手の出版社と「一緒に」作っていることが知れたのは大きかったですね。出版社さんと受託のような関係で作るのかと思っていたので驚きでした。そしてデザイナーとしても1つのプロダクトに専任として深く携われること、また役割の幅が非常に広いことなど、とても魅力に感じました。

佐々木:誘う側は少し緊張しますよね。紹介するとなるとその人の人生にも関わりますし、会社としても大事な採用なので責任が生まれます。ただ、自分が良いと思った人を諦めずに誘ってみてよかったと思っています。実際に安田さんが担当している案件の評判がとても良くて、私も嬉しくなりますね。選考中も社内の人には良い人だと言い続けていたんですけど、実際の結果に繋がってくると「だから言ったでしょ?」って言いたくなりますよね(笑)。

安田:
私も佐々木さんからお誘いをもらわなければ「and factoryの魅力」に触れられず、入社することはなかったかもしれません。その点では「まず会って話を聞いてみる」ことをして良かったなと思います。今任せてもらっているプロダクトも非常にやりがいありますし、今後のキャリアを考える上でやりたいこともイメージが出て来たので、良い会社に出会えたと佐々木さんには非常に感謝しています。

佐々木:本当に?!その言葉が聞けて安心しました!少し心配だったんですよ。

2人:
(笑)

学生時代に出会って以来、社会人になってからもお互いを意識して認め合いながら切磋琢磨してきた佐々木と安田。リファーラル採用では実際に働く社員からの紹介になるため、社風や働く環境など具体的なイメージを持っていただくことが出来ることが良いところ。これまでand factoryではリファーラルで多くの方にご入社いただき活躍いただいていますが、メンバーが自信を持って紹介できる会社であることは素晴らしいことだと思います。

今後も社員やこれから入社される方が、さらにand factoryを良い会社だと誇りを持って言ってもらえる環境をみんなで創っていきたいと感じました。

佐々木、安田が活躍しているSmartphone APP Division、IoT Divisionでは
現在デザイナー募集しています!

■ Smartphone APP Division

UIデザイナー
大手出版社・新規マンガアプリのメインデザイナー募集!
and factory(アンドファクトリー)はSmartphone Idea Companyとして、Smartphoneの持つ事業可能性に対してどこまでも真摯に取り組んでいく企業です。 専門性の高い事業を牽引してきたボードメンバーを中心に、Smartphone APP・IoTそれぞれの専門領域で事業を推進しています。 Smartphone APP Divisionでは、マンガ文化の発展に貢献するべく、出版社様と協業し、マンガアプリを開発・運営しています。 書店に足を運ぶことが少なくなった若年層の人々とマンガの新たな接点になり、雑誌では連載が終了している旧作・名作にも改めて脚光があたる機会を生み出しています。 下記、開発・運営中のマンガアプリのご紹介です。 ▼マンガUP!(スクウェア・エニックス様協業アプリ) マンガUP!は、スクウェア・エニックス様と協業して運営中のマンガアプリです。掲載作品は月刊「少年ガンガン」をはじめとしたスクウェア・エニックス出版部のすべての雑誌から厳選した作品に加え、アプリオリジナルのタイトルも多数配信中です。昨年11月にテレビCMを放映し、キャスティングや演出がSNSで話題となりました。 また、アプリの成長性やユーザーからの良質なレビューが評価され、「Google Play ベスト オブ 2017 ユーザー投票部門」 にノミネートされました。 ▼マンガPark(白泉社様協業アプリ) マンガParkは、「花とゆめ」「ヤングアニマル」に代表される雑誌を出版する白泉社様と協業で運営するマンガアプリです。 コンテンツはマンガにとどまらず、人気声優によるラジオ番組や女性アイドルのグラビア映像も配信しています。男女年齢問わず、多くのユーザに楽しんでいただける総合エンターテインメントアプリを目指します。 また、多様なコンテンツに対してアプリはすっきりと見やすく、コンテンツを探しやすいUIを追求しており、そのユーザビリティの高さが好評となっています。 ▼ビーグリー様協業アプリ (開発中) 累計8億冊ダウンロードを超える実績をもつ日本最大級の電子書籍配信サービス「まんが王国」を展開するビーグリー様と、新たなマンガアプリをリリース予定です。 and factory独自のアプリ運用ノウハウと、ビーグリー様の持つ豊富なコンテンツ調達力を最大化させ、世代や性別を超えて愛されるアプリに成長させることを目指します。 <プレスリリース> https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000090.000014185.html ▼集英社様協業アプリ (開発中) 日本を代表する出版社、集英社様と新たな少女マンガアプリをリリース予定です。 現在の少女マンガ文化を第一線で牽引してきた集英社様が有する豊富な少女マンガコンテンツ、及びヒット作を生み出す編集文化と、and factoryのアプリ開発・運用力を掛け合わせることで、これまでの少女マンガファンにとどまらず新たなファン層を開拓します。 <プレスリリース> https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000089.000014185.html
andfactory株式会社

■ IoT APP Division

UI/UXデザイナー
IoT事業のユーザー体験を担う!UI/UXデザイナー募集
and factory(アンドファクトリー)はSmartphone Idea Companyとして、Smartphoneの持つ事業可能性に対してどこまでも真摯に取り組んでいく企業です。 専門性の高い事業を牽引してきたボードメンバーを中心に、Smartphone APP・IoTそれぞれの専門領域で事業を推進しています。 IoT Divisionでは、最先端のIoT空間が楽しめる日本初のスマートホステルブランド「&AND HOSTEL」のプロデュースや、横浜市・NTTドコモと3者で立ち上げた「未来の家プロジェクト」のほか、現在は宿泊×テクノロジー領域でも事業を急速に拡大しております。 2018年3月にリリースした宿泊管理システム「innto(イントゥ)」で宿泊施設の労働力不足の解決や、ホスピタリティの向上を図り、2018年5月にリリースした「tabii(タビー)」で宿泊客の体験を変革しながら、「IoT」×「テクノロジー」×「アイデア」を駆使して宿泊領域に対しイノベーションを起こして参ります。
andfactory株式会社
andfactory株式会社's job postings
24 Likes
24 Likes

Weekly ranking

Show other rankings