1
/
5

どんな働き方も相談できる環境がある | キャリアに悩む私がagsを選んだ理由

株式会社a general studio(ags) は、2021年1月事業開始から1年を迎えた総勢15名のベンチャー企業です。事業拡大に伴い採用強化中です。未来の仲間になってくださる方に等身大でお伝えできたらと思っています。今回は、プロフェッショナルサービス事業部の有田さんのインタビューをお届けします。

┃目次

  • agsでのミッション
  • agsに入社するまで
  • agsとの出会いと入社のきっかけ
  • agsの魅力とやりがい
  • agsに興味を持ってくださる皆さんへ

┃agsについて

■プロフィール 有田 華(ありた はな)
2018年に株式会社リクルートにて、ホットペッパービューティーの営業を務める。結婚のタイミングで退職し、広告代理店に転職。画像の制作やLPのライティングを務める。同時に、フリーランスとして美容院やエステサロンの集客コンサルティング事業を開始。2021年にa general studioに参画。

広告業界でキャリアを積んできた有田。家庭の事情により、自分がやりたいキャリアが活かせる環境が見つからず、悩んでいたと言います。そんな有田がagsを選んだ理由、agsで働く魅力をご覧ください。

働き方について、親身に寄り添ってくれる会社

- agsでのミッションを教えてください

中小企業に対するECコンサルティングと、必要に応じて広告運用を担当しています。agsは単なる広告代理店ではなく、ECやBtoCの販売など、マーケティングに関すること全般を一気通貫で支援する会社です。そのためのソリューションを考え、提案していくのが私の仕事です。

- agsに入るまでどんなことをされていたのですか?

リクルートでは、ホットペッパービューティーの営業を担当しました。東京エリアの美容院などに対し集客のコンサルを行っていましたね。結婚のタイミングで退職し、ベンチャーの広告代理店に転職。画像の制作やLPのライティングなど、制作全般を担当しました。
また同時期に、フリーランスとして集客コンサルティング事業を始めました。リクルート時代からお付き合いのあるお客様に対してサービスを提供。自社製品にとらわれず、さまざまなソリューションを提案できる形に、やりがいを感じていました。

- agsとの出会いと入社のきっかけを教えてください

広告やマーケティングの仕事もしたいと考えていたものの、前職では担当していませんでした。転職も視野にいれながら色々と考えていたとき、前職でご一緒していた田口さんからagsの話を聞いたんです。経営陣が集まる会議の場に一度参加して面談をし、その場でagsへのジョインを決めました。

入社の決め手は、求職者に対する姿勢です。私の夫は海外赴任しており、私もいつかは海外についていく可能性がありました。そのため、転職活動をしていてもなかなか理解されず、やりがいのある仕事に就くのは厳しそうでした。私自身、難しいのだろうなと諦めかけていました。

しかしagsは、私が海外で働き続けるにはどうするべきか、やり方を一緒に考えてくれました。会社の制度を整える提案までしてくれたんです。具体的には、海外に行くからといって他の社員と差をつけることはないし、もし準備期間として休みが必要ならば柔軟に取れば良いとおっしゃってくれて。私の事情に寄り添って親身に考えてくれたことが非常に嬉しく、ここで働きたいと思いました。

正解がない問題に立ち向かう

- agsの魅力とやりがいを教えてください

大きく2つあります。1つ目は、広告業界に入ってからずっと抱いていた「幅広く色々な領域を扱ってみたい」という希望が叶ったことです。
今までのキャリアでは、大企業の一員として決まったサービスを決まったルーティンで提供したり、いつ海外に行くかも分からない不安から、大きな仕事を避けたりしていました。私自身、どこか遠慮してしまっていたなとも思います。もっと多様な働き方ができないかなと模索する一方で、とはいえ海外で新たに仕事を探すのを想像すると、なかなか現実的に思えなかったり。色々と挑戦したい意欲はあるけれど、なんだか足踏みしている感覚で。そんな自分に正直もやもやを感じていたんです。そんなときに、寄り添った働き方を提示してくれたのがagsでした。現在、私は広告制作→広告→マーケティングと、扱える領域をどんどん広げています。視野を広く持った上で、クライアントに建設的な提案ができることに、大きなやりがいを感じています。業務領域も、提案できる幅も広がり、自分自身の成長も実感する日々です。

2つ目は、正解がない問題に取り組み続ける力が養われたことです。
扱える領域が広がった一方で、難しいと感じることも当然増えました。これまでは与えられた仕事をこなしたり、 マニュアル通りにソリューションを提案したりすることが大半で、正解がない問いに自ら直面することはありませんでした。今までを「正解があって正解に向かってきた」と表現するのであれば、今は「正解をつくっている」という感覚です。もちろん正解がない中で模索を続けるのは不安ですが、その分成果が出たときの、自分でやったという達成感はひとしおですね。それにやはり、面白いです。また、丸投げということがなく、氏川さん福手さんという、一緒に考えて解決策を導き出すチームメンバーがいることも、日々挑戦する大きな励みになっていますね。

agsに興味を持ってくださる皆さんへ

agsは今まで何をやってきたかよりも、これから何をしたいのかにフォーカスしてくれる会社です。私は過去にすごい経歴があるわけではありません。それでも、今を見据えて、未来にどうしていきたいのかを一緒に考えてくれました。そのおかげで今の自分があるなと感じます。これからのキャリアに明確な意思がある人には非常に向いている環境だと思います。自分から能動的に動ける人と、刺激し合って働いていきたいですね。

agsは、私のように働き方に制限があっても、親身になって一緒に働く道を模索してくれます。男女問わず、さまざまな事情で働き方に悩みを持つ方は多いと思います。中には、自分のやりたいことを諦めたり、妥協したりしている方もいるかもしれません。そういった方には、ぜひ一度agsで話を聞いてみていただきたいです。一人ひとりへの理解を試みて「一緒に働くためにはどうしたらベストだろうか」と考えてくれるagsのような会社があることは、キャリアを考えるうえでの救いになると思います。可能性を広げるためにも、ぜひ一度、agsに遊びに来てください。

株式会社 a general studio's job postings
14 Likes
14 Likes

Weekly ranking

Show other rankings