1
/
5

Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

【社員インタビュー】仕事0、売上0でも全力投球!だから出来た最高の仲間と私の事業部

Empathy Training事業部
事業部長 村野仁美

業界一筋から独立! 本当に0からのスタート!

私のキャリアのスタートは街の携帯ショップのau担当、KDDI様に入社してショップで販売営業をしていました。今はアドバンサーのモバイル研修サービス事業の事業部長として、私と同等かそれ以上のセールスパーソンを育成するのが私のミッションです!

自分がこういうキャリアに進むなんて、社会に出たばかりの頃は1ミリも考えていませんでした。
だって、私が独立したとき仕事0だったんです。

もちろん売上も0!

お客様も0!

仲間も0!

本当に何もありませんでした!
手前味噌なですが、KDDI時代は結構実績も出していて順風満帆を絵に書いたような、当時のいわゆるキャリア・ウーマンでしたから、落差がすごかったw

今は仲間にも、メンバーにも恵まれて、売上ベースでいうと前年比600%。起動に乗ってここから更にブレイクスルーを目指してます!

売上0を全力でやった下積み時代!

独立して仕事もお客様もなかったとき、私がやったことは「無料(契約金なし)でいいので、ショップの特販スタッフやらせてください」という営業です。

そのとき私が欲しかったのは実績でした。実績さえ上げれば契約を取れると信じてましたから。他の人からは「それで契約もらえなかったら損失じゃん」と言われましたが、今が0なのに損失なんてないのでw

この営業にひとつの店舗が乗ってくれました。この店舗ではクレジット契約やダスキンの契約も商材としていたので、こういったライフデザイン商材のBtoC営業を店舗でやらせてもらったんです。

必死でやりました。本当の意味での必死です。全てが0ですから、実績も0では本当に生きていけないんです。本当に必死です。来店されたお客様全員にお声がけさせていただきましたし、それ以外の商材も他スタッフへ引き継ぎ見込み客の漏れがないように徹底していました。

結果は1日最大12件の獲得。私が入る前と比べると4倍の成果です。クライアントからは「神」と呼ばれましたw
次はこの実績と実行計画をプレゼン資料にして、次の店舗に営業です。もちろん契約金も記載して!

営業先は最初のクライアントが紹介してくれました。実績ももちろんですが、「ほんとにがんばってくれるから」という評価が着いたのが印象的で、次のクライアントと契約する際(もちろん契約金ももらえましたw)営業さんにいわれたことは、「私が担当している店舗でも頑張ってほしい」という言葉。「○件とってほしい」とか「何倍にしてほしい」じゃなくて、です。
そしてその営業さんが他の営業さんや他社さんに「すごい頑張ってくれる人がいる」と紹介してくれるんです。

毎日成果を出せたわけじゃない、あまりうまくいかなかった月もある。けど、こんな風に仕事の仲間は増えていきました。私は学びました。「がんばる」「全力でやる」「必死でやる」ってプロセスは大事です。ただ、実績が伴わない「がんばり」「全力」「必死」は不足しています。実績がでない原因があって、それを改善し続けることで実績が出る。というところまでやって初めて本当の意味の「がんばった」「全力でやった」「必死でやった」です。
そして本当の意味でこれらができると、勝手に、本当に勝手に人が集まってきます。集めたことはないけど、集まりましたw

新規事業の種が見つかった瞬間とアドバンサーとの出会い

そうこうして売上とクライアントと仲間が少しずつ出来てきた頃、独り立ちして6ヶ月目くらいのときです。次の壁がやってきました。

私が抜けるとその店舗の業績が落ちるんです。

ここにはとてつもないジレンマがあるんです。簡単に考えてしまえば私が抜けて業績が落ちるということは、契約金を上げることが簡単ということですが、ただ、これってサービスとしては意味ないですよね。
一時的な業績アップは、スポット的には必要かもしれませんが、業績を維持できない店舗はなくなります。クライアントが減ります。また契約金が上がっていけば、店舗として業績とコストのバランスも合わなくなっていきます。最悪、高い業績で高いコストと低い業績で低いコストがイコールとなってしまいます。

ここに今の私のビジネスの種があったんです。

「じゃあ、私が契約した店舗のメンバーも私と同様の実績を残せるよう育成すればいいんだ!」

です!
同じ時期、アドバンサーにも出会います。
一人でやってるときは教育までは手が回らなかったですし、このジレンマで心がどっちつかずになっていたというのもありました。
アドバンサーでは私のビジネスの種を育てていける制度や研修、社風と仲間がありました。
アドバンサーで働きながら1年かけてビジネスのことを学んで、社長プレゼンして、事業部を立ち上げて、また0からのスタートw

でも今度は私のビジネスを支えてくれる仲間がいます。採用も人事も専門家がサポートしてくれて、今では10名弱の事業部に成長しました。このメンバーを育成して、このメンバーが別なメンバーを育成してという感じで、トッププレイヤーのセールスパーソンが無限に増殖されていく事業部ですw

今後の事業展開について

私が目指すトッププレイヤーのセールスパーソンとは、自己の実績だけでなく他者の実績も上げることができる、最小単位のマネジメントスキルを持った人財です。

店舗との契約はセールスパーソンとしての契約ではなく、育成も含めたサービスを提供していきます。この業界はライバルも多いですが、このような人財サービスを提供している会社は少なく需要も高いです。

その後の展開としては、育成サービスをより充実化していきたいです。接客業においてオンライン研修がどこまで成果が出せるか難しい意見もありますが、私はいけると思っています!

就活生、転職を考えている方へのメッセージ

こんな私です!
一緒に研修事業を成長させる仲間を募集しています!
気軽に問い合わせしてみてくださいー!

アドバンサー株式会社's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more