1
/
5

「調子こいてると思われてもいいからやってみようと思った」入社2ヵ月の社員はアライドをどう見るか

マーケティングSaaSプロダクトを提供するSaaS本部には、多様なバックグラウンドを持ったメンバーが集まっています。

フランス料理のレストランで調理スタッフを務めた後、映像制作会社の立ち上げを経験、2021年7月にアライドアーキテクツに入社した上瀬さんもそのひとりです。

これまでのキャリアとは異なる業界に転職を決めた背景や、チームの雰囲気について入社間もない上瀬さんの視点で語ってもらいました。

2021年7月入社の上瀬康太郎さん(SaaS本部 セールスマーケティング部)

聞き手の小林由依(SaaS本部 コンサルティング部 )

入社後は驚くほど手厚くオンボードしてもらった

入社前のアライドのイメージは、上場企業ではあるものの”ベンチャー気質”なところを感じていました。

事業部長と面接では、情熱的で建設的な会話ができたので、「この人のもとであれば、きっと良いチームで働けるだろう」と安心したのを覚えています。

私は会社員らしい経験をほぼしていないので、「入社してから自分を受け入れてくれるのだろうか?」という不安はありましたが、実際に入社してからは、驚くほど手厚くオンボードしていただきました。

具体的には、メンターになんでも質問していいという環境と、週に1回のマネージャーとの1on1があります。

メンターには業務で分からないことを、遠慮することなく何でも相談や質問ができます。

マネージャーとの1on1では、「人間関係に悩みは無いか」「業務はスムーズに習得できているか」など、オンボードできているかの項目があり、出来ている/出来ていないを整理してもらっています。

こういった取り組みのおかげでミーティングでは遠慮せずに意見を出すなど、すでにチームの一員になれている実感があります。

入社を決めた理由はコミュニケーションの活発さと、上司の人柄

入社理由は2つあります。

一つは、リモートワーク下でもメンバー同士のコミュニケーションが盛んであるということです。

SaaS本部には業務の間に【雑談】という時間があります。

転職活動では「健全な人間関係を築けるかどうか」を重視していましたので、そういった取り組みがあることは好印象でした。


もう一つは、面接のときに自分のユニークな経歴を評価していただいたことです。

現在の上長が当時の面接官でしたが、自分のサービスマンとしての経歴をいいね!と言っていただいたのは嬉しかったですね。

この上司であれば、きっと入社後もメンバー個人の良いところを見つけてくれそうだと思い、入社を決めました。

インサイドセールスという職種は、自分にとっていい勉強になると思った

今までは「営業」といえば押し売りする、飛び込み営業をする、そういったイメージを持っていました。

入社前にビズリーチ茂野さん著書を読み、インサイドセールスとは何かを勉強する中で、自分がイメージしていた「営業」と「インサイドセールス」では大きな違いがあることを知りました。

社内やお客様のことを深く理解する必要があるのがインサイドセールスであり、そのポジションを担えることは自分にとっても良い勉強になると思いました。


いま僕がやっている主な業務は、「新規営業のためのリストアップ」「架電」「メール配信の運用やリード顧客へのコミュニケーション」です。

チーム内で既に溜まっている営業ノウハウやナレッジをインプットしたり、架電トークをブラッシュアップするためのロープレも業務の一つです。


入社後、まずは商談やミーティングに同行しました。

フィールドセールスメンバーとの同行では新規のお客様との商談、コンサルティングメンバーとの同行は既存のお客様との定例ミーティングなど、各チームでメンバーがお客様とどのような会話をしているかを理解することができました。


-社内の雰囲気やメンバー間でのコミュニケーションはどうですか?

入社してすぐに、色んな方にランチに誘っていただきました!

いまでは僕から皆さんをランチに誘っていて、あまり業務で関わらない方ともコミュニケーションを取っています。


社内の雰囲気でいうと、SaaS本部特有のカルチャーが良いなと思います。

SaaS本部には「スピードは信用」というカルチャーがあるのですが、ある日チームメンバーが資料ダウンロードをいただいたお客様にすぐに電話でフォローをしていました。

その対応が早かったおかげで、お客様は競合サービスではなくアライドのサービスを選んでいただいたというエピソードがあります。

こういったカルチャーが組織に浸透しきっているのは、とても良いことだなと思います。

-チームの雰囲気はどうですか?ミーティングでは殺伐としているとか…

そんなことないですよ(笑) ただ、カルチャーに沿わない行動に対しては、誰かが指摘したりアドバイスしたりしていますね。

逆に嬉しかったのは、社内カルチャーを自分なりに体現しようとして頑張っていたら、自分の行動について部署全体のミーティングで褒めてもらったっことがありました。それは嬉しかったですね。


正直、入社後に戸惑ったことは今のところありません。戸惑う前に分からないことは全て質問すれば答えてくれますので。

チームメンバーが過去に経験したことによって得たナレッジや集合知は、共有フォルダにまとまっているので、僕が悩んでいることは基本的にはそのフォルダに答えがあります。


-今はどんなことにチャレンジしていますか?

僕のミッションは商談機会を作ることです。

ロープレをしてチームメンバーから貰ったフィードバックをすぐにアウトプットするなど、業務で成果を出せるよう頑張っています。人間関係に恵まれたので、はやく成果を出したいです。


僕みたいに全く違う業界から転職する方など、不安に思われている方も多いと思います。

不安なことや分からないことは、面接の時に納得するまで聞いた方が良いです。

面接の時点できちんと向き合ってくれる人は、入社後もきちんと自分に向き合ってくれる人だと思います。遠慮せずに不安や懸念点を払拭してみてください。

-ありがとうございました!

アライドアーキテクツ株式会社's job postings
4 Likes
4 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more