羽田 圭介

専業小説家 / 小説家

羽田 圭介

専業小説家 / 小説家

より多くの人により大きな影響を与える小説を

1985年東京都生まれ。2003年に小説家デビュー。 より多くの人々に自分の小説を読んでもらい、少しでも影響をおよぼすために、文章単位で人を惹き付けられるような、より純文学的な作品を追求している。

この先やってみたいこと

未来

読者に何かしらの影響を与えられる作品を書きながら、今後は海外も含めて、より多くの人々に届けたい。

専業小説家13 years

小説家現在

- 現在

仕事や家事で毎日忙しい人でも読みたくなる小説を書く。

一般企業に勤務1 year

会社員

-

デビューした時点で「自分の終の職業は小説家」という意識は確立されながらも、大学卒業後、1年半は会社員として働きながら小説を書いていた。

明治大学4 years

商学部商学科

-

大学で授業を受けながら、小説を書く日々。在学中に2作しか発表していないものの、自主的にボツにした原稿は沢山書いていた。

明治大学付属明治高等学校3 years

-

高校2 年の5月に初めて小説を書き始める。2作目までは自分の判断でボツに。 最後まで書き上げ初めて投稿した『黒冷水』がデビュー作となる。

明治大学付属明治中学校3 years

-

文学に興味を持った中学時代。埼玉の自宅から東京の学校まで、電車通学往復2時間はひたすら読書。100円で買える中古の古典やベストセラー本ばかり読む。メルヴィルの『白鯨』なんかと比べ、読みやすかったのはドストエフスキーの『罪と罰』。


アプリをインストールして、知り合いの最新の活躍をフォローしよう