牧 大貴

シードテック株式会社 / IT人材育成事業部

牧 大貴

シードテック株式会社 / IT人材育成事業部

work hard, see results.

東京生まれ&千葉育ち&フィリピン在住の日中ハーフ。 独学でプログラミング学習を始め、2021年10月にシードテック株式会社へ。 2022年3月よりフィリピンのセブ島というところでプログラミング講師をしています。 また、講師以外でも社内SEとしてLP制作や社内システムの構築、プログラミング教材制作(J

Ambition

In the future

・エジプト旅行 ・韓国旅行 ・社会に大きな影響を与えるプロダクトを開発したい!

About シードテック株式会社

シードテック株式会社1 year

IT人材育成事業部Present

- Present

株式会社マタハリー9 months

ホールスタッフ

-

ホール業務

株式会社ラウンドワン1 year

ホールスタッフ

-

ホール業務

茗溪学園高校3 years

-
  • 全国高校ラグビーフットボール大会ベスト16

    部員80名規模のラグビー部のFWリーダーとして活動しました。前年度の全国大会ではレギュラーとして出場していましたが、2回戦で66-7と大敗し、全国大会ベスト32となりました。戦績を上げるためにキャプテンと話し合い、ディフェンス力の向上が必要であると考えました。そのためにはハードに練習する必要があり、最初はチームの士気が下がりつつありました。そこで私は背中で引っ張ることでチームの士気を高めようと考えました。今まで行われていなかった朝練を自ら行い、徐々に一緒に行う部員が増えていきました。最終的にはチームとして朝練が習慣化されるようになり、士気も高まりました。結果として、全国大会ベスト16となり戦績を上げることができました。この経験から主体的に行動することで周りを動かすことができることを学びました。

    -
  • 筑波大学での研究発表

    音響力学を用いた研究を行なっていました。当時山岳地帯での遭難者が年々増加していました。そこで反響定位と呼ばれる音や超音波を発し、その反響によって物体の距離・方向・大きさを把握する動物の習性を利用して広範囲の地図が作れれば、山岳地帯での遭難者を減らすことができるのではないかと考えました。研究を行う中で、音が温度や風に影響されやすいことを知り、最初は思うような実験結果を得ることができませんでした。しかし諦めずに、過去に似た事例があるか調べ、教授に意見をもらいながら実験を続けました。その結果、解決方法を見つけることができ、研究をやり遂げることができました。この研究が高く評価され、校内の選考を通り筑波大学で研究を発表をすることができました。この経験から諦めずに努力を続ければ結果は必ずついてくることを学びました。

    -


言語

  • English - Conversational

Keep up to date with your connections on the Wantedly People App.