1
/
5

【インタビュー】アートのように毎日を彩るファッションを、技術の力で支えていく。

【プロフィール】
高橋 啓太(ZOZOTOWN開発本部 ZOZOTOWNアプリ部 Androidブロック / 2020年新卒入社)
2020年に株式会社ZOZOテクノロジーズ(現株式会社ZOZO)新卒3期生として入社し、ZOZOTOWNのAndroidアプリ開発に従事。新機能の開発や既存機能の改修などを担当。

ファッションは、私たちに最も身近なアート

僕はもともと、アートが好きでした。音楽を聴いたり、絵画作品を観たり、感性を刺激する創作に触れる機会が多い人生を歩んできたと思います。音楽においては、実は作り手として活動していた時期もあり、自分でつくった音楽作品がモデルの写真集のプロモーションに起用されたこともありました。

エンジニアを志した背景にも、少なからずアートへの興味が関係しています。ものづくりが好きでしたし、ものづくりをする人も好きだったので、自分の手で何かを生み出すか、生み出す人のサポートがしたいと考えていました。

ZOZOへ入社を決めた理由の一つは、ファッションにアート性を感じたことです。服は、いうなれば、デザイナーが持つ哲学や感性を形にしたものです。「私たちの最も身近にあるアート」と表現することもできると思います。

ZOZOのエンジニアとして働くことは、ファッションというアートに携わる生産者と消費者の双方を、技術の力で支えていくということに他なりません。

会社について理解を深めるうちに、人生の「点」が「線」になる感覚がありました。想像と創造(※1)をかけ合わせるZOZOでなら、自分がやりたいことで誰かの役に立てるはず。そう確信し、入社を決めました。

(※1)2004年12月、インターネット上のファッション街をコンセプトに、想像(SOZO)と創造(SOZO)の二つの“ZO”をかけあわせ、想像と創造の行き交う街「ZOZOTOWN」が誕生しました。

(自宅のデスク。学生の頃から音楽や絵画など、アートに広く関心があった高橋。正面にはお気に入りのアート作品を飾り、休日はエレクロトニカというジャンルの楽曲制作に没頭することも。)

70億人のファッションを、技術の力で変えていく

現在は、ZOZOTOWNアプリ部のAndroidブロックに所属し、「ZOZOTOWN」のAndroidアプリを開発しています。新しい機能の実装から、レガシーなコードの刷新まで、ユーザーの利便性を向上させるためのアプローチなら、なんでも担当します。

「ZOZOTOWN」は歴史のあるサービスなので、技術的な負債が残っている部分が少なからずあります。その状態でも問題なくサービスを利用していただけるのですが、新しい機能を追加したり、より便利にしたりするには、ときにゼロからコードを書くこともあります。

もちろんその工程は大変なのですが、技術力がなければ実現できないため、エンジニアの腕の見せどころだともいえます。改善に気づいてもらえたときは、やはりうれしいですし、「ユーザーにとって価値のあるプロダクトをつくろう」という共通認識を持った仲間と力を合わせることは、それ自体が楽しいものです。

続きはこちら

株式会社ZOZO(エンジニア・デザイナー部門)'s job postings

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more