1
/
5

【新卒インタビュー⑥】インターン生出身の社員に聞いた入社の経緯とZEINの魅力

こんにちは!インターン生の須澤です!

今回は新卒インタビュー第6弾として、ZEINのインターンを経て新卒入社をした齋藤賢太さんにお話を伺いました!

1. 学生時代
2. 自身の就活
3. ZEINに入社してみて
4. 学生に向けて
という順番で紹介していきます!

インターン生時代からのZEINの魅力にも言及しているので、ぜひ最後までご覧ください!


▼インターンを卒業した時の記事はこちら


インタビュイー紹介

齋藤 賢太(さいとう けんた)
創価大学経済学部を2021年3月に卒業。2019年12月にZEINへインターン生としてジョインし新卒採用業務に従事したのち、2021年4月に新卒入社。学生時代は、ベトナムへの長期留学や複数社での長期インターンを経験。趣味は、バイクとフットサル。ZEINではポーカー部に入部し、洞察力や判断力に磨きをかけている最中。


▼プロフィール


1. 学生時代

-- 本日はよろしくお願いします!早速ですが、齋藤さんはどのような学生時代を過ごされましたか?

学生時代の大きな経験として、留学長期インターンシップという2つの活動を挙げることができます。

成長著しい国の空気を肌で感じたいと思ったため、留学先には途上国であるベトナムを選択し、約1年間(2018年8月〜2019年6月)滞在しました。現地で数多くの貴重な経験を積むことができたのですが、特に印象に残っているのは仕事に対する価値観の違いを感じたことです。
海外では転職は当たり前だという価値観があり、ヒト・モノ・カネという分野において、特にヒトの流動性が日本と比べて高い傾向にあります。海外の方から仕事に関する価値観などの様々な話を聞くことで、自分もビジネスにおける市場価値を高めたいと感じるようになり、成長志向が芽生えました

また、大学生活を通じて複数社でのインターンシップを経験しました。企画やリサーチ、営業など幅広い職種のインターンシップを通じて、今役に立っているスキルや考え方の素地を培うことができたと思います。最初は社会人と接点が持てたら良いなと思うくらいの意識で取り組んでいましたが、段々と活動自体に没頭していきましたね。自分がIT業界を志したきっかけを与えてくれたのも、ベトナムで取り組んだ営業インターンでした。

これら2つは、自分の学生時代を象徴する大きな経験です。


留学先の寮での写真で、左下に写っている方が齋藤さんです!皆さん、楽しそう!


2. 自身の就活

-- 就活の際にはどのような業界を見ていたのですか?

主にコンサルティング業界やIT業界、Webマーケティング業界を見ていました。これらの業界を見ていた理由として、技術トレンドの移り変わりが激しいという点があります。

私自身元々、様々な情報を仕入れることが好きで、会社の株価や日々のニュースのチェックは学生時代から行ってきました。自分の好きなことである最新のトレンドを仕入れるということを仕事に活かすことができると思い、変化の激しいこれらの業界に興味を持つようになりました。


-- その中でも特に、コンサルティング業界に興味を持った経緯を教えてください!

学生時代のゼミ活動がきっかけです。

大学では、経済学と経営学のミックス分野であるビジネスエコノミクスを専攻するゼミに所属し、地方創生のビジネスプランコンテストへの出場や、小規模な工務店にビジネスプランの提案をするプロジェクトを行いました。このプロジェクトでは、工務店の課題認識→仮説検証→プラン提唱といった、コンサルティング業務に近いことを行いました。
ビジネスプランの提案は非常に苦労したのですが、工務店の社長が自分たちの提案を実際に取り組んでくれたことに喜びを感じ、コンサルティング業界に興味を持つようになりました。


-- なるほど!そのような経緯があったのですね!

また、コンサルティング業界に身を置くことで、自分の求めるスキルが身に付くと感じています。ドキュメンテーション能力やロジカルシンキング、コミュニケーション能力などの汎用性の高いスキルが他の業界よりも重要視されており、早期の段階で身に付けることができます。
これらのスキルを早期から獲得することは、自分が思い描くキャリア形成に近づけると思ったことも、コンサルティング業界に興味を持ったきっかけの1つです。


左:須澤(インターン生) 右:齋藤さん


-- コンサルティングファームが数多くある中で、ZEINにエントリーしたきっかけを教えてください!

風通しが良い社風とマルチプルエンジニアを育成する環境が整っていると感じたことがきっかけです。

インターン生時代から、ZEINには意見を言いやすい雰囲気があると感じていました。インターン生としてすでに何ヶ月も働いている人だけでなく、新しいメンバーに対しても同じように意見を求める場面が何度もあり、裁量権を持って仕事に取り組む雰囲気が整っています。半年ほどの活動を通じてインターンチームだけでなく、社内全体でこの雰囲気が共有されていることが分かり、段々とZEINに惹かれていきました。


また、ZEINはマルチプルエンジニアという、ビジネスマンとしての基礎となるコンサルティングスキルとエンジニアリングスキルを兼ね備えた人材を育成する環境が整っています。これら2つの要素が揃った会社は中々見つからず、非常に魅力に感じました。自分がコンサルティングだけでなくITという分野にも着目していた理由に、先程述べたベトナムでのインターンと帰国後の営業インターンという経験を挙げることができます。

ベトナムでの営業インターンは日本に本社がある会社との交渉がメインであったため、日本特有の判子ベースで承認をもらうプロセスに時間がかかる場面や、そのプロセスの煩雑さが原因で契約を結ぶことができなかった場面があり、非常にもどかしい経験をしました。帰国後、電子契約SaaS*の営業インターンに参画したことも、この非効率な場面を改善したいと思ったからです。SaaS関連のサービスを取り扱ったことで、プロセスが簡略化されることを目の当たりにし、ITがもたらすインパクトの大きさを痛感しました。


このように、会社の雰囲気と新卒の育成環境という2つの魅力に惹かれ、ZEINにエントリーすることを決意しました。


SaaS:Software as a Serviceの略称。インターネット上(クラウド上)のアプリケーションをユーザーが利用できるサービス。

▼SaaSについての詳細記事はこちらから


▼インターン生時代の齋藤さんに対するインタビューはこちら


3. ZEINに入社してみて

-- 研修の感想を教えてください!

非常にハードな内容でした。

座学の後に実践という流れで研修は進んだのですが、学んだ内容を活かせていないと感じる場面が何度もありました。具体例としては、社員の方が実際に扱ったプロジェクトの簡易版にチームで取り組むというケーススタディ研修を挙げることができます。論理構成を整えた上で、丁寧にスライドの作成や発表の準備を取り組んだにも関わらず、発表を行うと想像以上のフィードバックをいただきました。それらのフィードバックを通じて学びと実践の違いだけでなく、自分自身に対する悔しさを感じました。自分の全力が、現役のコンサルタントには全く通じなかったためです。

研修を通じて社員の方に対する憧れが強くなり、現在は早く追いつきたいという気持ちで溢れています。


-- 確かに、様子を伺っているだけでもハードな研修内容だったと思います。インターン生時代から現在にかけてのZEINに対する印象の変化はありますか?

社員の方との距離が思っていたよりも近かったことが、印象の変化でした。

インターン生時代は社員の方と関わる機会が多くはなく、コンサルティングファーム特有のドライな雰囲気を持った方が多いと思っていました。しかし、研修を通じて社員の方と関わる機会が増えると、自分のイメージが間違いであることに気が付きました。実際には気さくな方が多かったため、インターン生時代に持っていたZEINに対する印象の変化はありましたね。

さらに、ZEINは大手のコンサルティングファームと比較して社員数が少ないため、他の会社では関わることができない役職の方と非常に近い距離で接することができます。このような方々から的確なフィードバックやアドバイスをいただけるため、自身の成長速度が速まると思います。実際に、自分も日々の研修を通じて、貴重なアドバイスを何度もいただき、研修前と比較して自身を遥かにアップデートさせることができたと感じています。

他の社員インタビューでよく耳にする「ZEINの魅力は人」という言葉は間違っていないと思います。


-- コンサルタントとしての目標を教えてください!

シニアコンサルタントになることが当面の目標です。

ZEINでは大手コンサルティングファームと同様のタイトルが用意されており、タイトルが上がることは自分の市場価値の証明だと思っています。自分の市場価値を高めるために、インプットとアウトプットのサイクルを繰り返していち早く成長していきたいです。

また、その目標を達成するためにも、現在は上司に認められることを第一優先に取り組んでいます。直属の上司に認められることが、会社からの評価にも繋がると考えているためです。上司から高い評価を得るために、指示の意図を適切に汲み取った上で、アウトプットの質とスピードを上げていきたいと思います。

目標に向かって邁進し、「この領域は齋藤に任せたい」と言ってもらえるようなコンサルタントになりたいです。


インターン生時代の1枚、伸び伸びと仕事をされていた様子が伝わってきます。

4. 学生に向けて

-- 最後に就活生に対して一言お願いします!

軸を定めて、その軸に沿ったアクションを取ってみてください。

就活を進める中で、考え方の軸が定まっていない学生は数多くいると思います。ただ、軸が明確に定まった状態でないと、アクションに踏み出すことは困難です。自分も大学に入学した当初は、やりたいことが決まっていませんでした。しかし、読書や勉強を通じて様々な世界に興味を持ったことで、留学や複数社での長期インターンシップというアクションに踏み出すことができたと思います。

学生生活を少しでも有意義なものにするためにも、早期の段階から軸を定めてアクションを取ってみてください。たとえ結果が伴わなかったとしても、軸が定まっている状態でしたら必ず良い経験になると思います。学生の皆さん、頑張ってください!


齋藤さん、本日はありがとうございました!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は2021年4月入社の新卒インタビューとして齋藤賢太さんにお話を伺いました。

インタビューを通じて、軸を定めることや様々な世界に足を踏み入れることの大切さが理解できたと思います。
自分もこの貴重な大学生活を無駄にしないように、軸に沿ったアクションを心がけたいです!

齋藤さん、本日はお忙しい中ありがとうございました!


ITを軸としたコンサルティングを手掛け、継続して成長しているZEINでは以下の職種で募集を行っています!

▼【中途採用】金融事業領域の立ち上げに携わるコンサルタント募集

金融コンサルタント
金融×IT!加速度的に成長したいコンサルタントをWanted!
ZEIN株式会社はコンサルティング×テクノロジーを融合させた、ビジネスをITでデザインする会社です。 「社員全員(ゼイン)が一丸となってクライアントと自社の成長にコミットする」をミッションとし、クライアントビジネスの課題解決・拡大に向けたコンサルティングサービスやソリューションの提供、プロダクトの企画・開発・運営を行なっています。 ◆Consulting Sector クライアントビジネスの課題解決から要求実現・ビジネス拡大に関するコンサルティングを行う部門です。戦略×テクノロジーにてビジネスモデル策定・IT企画・構想・計画策定、分析、管理、実行、検証までワンストップで支援を行います。 案件事例: ・FinTech会社   :仮想通貨取引所開発(大手VC投資先) ・大手証券会社 :顧客向け新サービスの立上げ支援 ・大手FX会社 :FXディーリング収益分析 ・FinTech会社 :システム開発PMO支援 ・政府系金融機関  :大規模システムマイグレーション支援 ・大手エネルギー会社:経営統合による基幹システム統合支援(ERP導入) ・大手アパレル会社 :全社システム統合、CRM戦略支援 ・大手飲料会社   :プロモーションROI支援 ◆Product Solution Sector クライアントの課題解決やビジネス拡大に向け、最新テクノロジーを利用したソリューションを提供する部門です。仮想通貨取引所のシステム開発や、働き方改革を推進するRPAや弊社AIパッケージである「dArwIn」の導入など、業務全体の分析・新業務設計から、開発、検証、運用までワンストップで行います。 案件事例: ・大手小売会社  :カスタマーセンターRPA導入 ・大手鉄鋼商社  :業務改革、RPA導入 ・ファンド会社  :業務標準化・RPA導入 ・海運会社    :業務改革、RPA導入 ・イベント    :RPA Digital world 登壇・出展 RPAソリューション - ロボットでオートメーション化!バックオフィス業務を業務効率化。  http://zein.jp/service/rpa/ AIソリューション - 会話で業務が完結!パーソナルアシスタントによる新しい働き方。  http://zein.jp/ai/
ZEIN株式会社

▼【中途採用】コンサルタントにキャリアアップしたいエンジニア募集

ITスペシャリスト
コンサル×テクノロジーでスペシャリストになりたいエンジニアをWanted!
ZEIN株式会社はコンサルティング×テクノロジーを融合させた、ビジネスをITでデザインする会社です。 「社員全員(ゼイン)が一丸となってクライアントと自社の成長にコミットする」をミッションとし、クライアントビジネスの課題解決・拡大に向けたコンサルティングサービスやソリューションの提供、プロダクトの企画・開発・運営を行なっています。 ◆Consulting Sector クライアントビジネスの課題解決から要求実現・ビジネス拡大に関するコンサルティングを行う部門です。戦略×テクノロジーにてビジネスモデル策定・IT企画・構想・計画策定、分析、管理、実行、検証までワンストップで支援を行います。 案件事例: ・大手エネルギー会社:経営統合による基幹システム統合支援(ERP導入) ・大手アパレル会社 :全社システム統合、CRM戦略支援 ・大手飲料会社   :プロモーションROI支援 ・政府系金融機関  :大規模システムマイグレーション支援 ◆Product Solution Sector クライアントの課題解決やビジネス拡大に向け、最新テクノロジーを利用したソリューションを提供する部門です。暗号資産取引所のシステム開発や、働き方改革を推進するRPAや弊社AIパッケージである「dArwIn」の導入など、業務全体の分析・新業務設計から、開発、検証、運用までワンストップで行います。 案件事例: ・FinTech会社  :暗号資産取引所開発(大手VC投資先) ・ファンド会社 :業務標準化、RPA導入、オートプロセスシステム開発 ・大手運送会社  :業務改革、RPA導入、ワークフロー導入 ・大手鉄道会社 :業務改革、RPA導入、ペーパレス化、電子帳簿保存法対応 ・イベント    :RPA Digital world 登壇・出展 RPA - ロボットでオートメーション化!業務の生産性を向上。  http://zein.jp/service/rpa/ BOX - ワークスタイル変革を実現するクラウド・コンテンツ・マネジメント・プラットフォーム。  https://zein.jp/product/box/ Celonis - プロセスマイニングを活⽤した業務改善コンサルティングサービス。  https://zein.jp/product/celonis/ dArwIn - 会話で業務が完結!パーソナルアシスタントによる新しい働き方。  http://zein.jp/ai/
ZEIN株式会社

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

▼新卒インタビューはこちら

SNSでもZEINのことや就活のことについて呟いています。フォローよろしくお願いします!

▼Twitter
https://twitter.com/zein_recruit
▼Facebook
https://www.facebook.com/ZEINInc/
▼note
https://note.com/zein_recruit

ZEIN株式会社's job postings
24 Likes
24 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more