1
/
5

【ウェルモニュースVol.9】「福岡市実証実験フルサポート事業」への採択が決定

みなさま、こんにちは!
ウェルモの茨木です。

この度、「福岡市実証実験フルサポート事業」への採択が決定され、ウェルモ×東電パワーグリッド×エナジーゲートウェイでサービス開発をしている「電力、センサー情報を用いた居宅内モニタリングシステム」の実証実験を福岡市で行うことが決定しました。

本事業について、これまで行ってきた実証実験を通じて、モニタリング結果を基に実際にケアプラン変更までつながったケースもあり、良い兆しが確認できています。

これまでの実証で確認できたフィードバックを反映し、事業化に向けて今回さらなる実証を進めます。


福岡市実証実験フルサポート事業の概要

「福岡市実証実験フルサポート事業」とは、AI・IoTなどの先端技術を活用した社会課題の解決や生活の質の向上などにつながる実証実験プロジェクトを全国から随時募集し、福岡市での優秀なプロジェクトの実証実験を全面的に市がサポートする取り組みです。

実施期間:2020年6月~(予定)
実施対象:介護事業所・ケアマネジャーなどの専門職、介護サービス利用者とその家族
実施規模:50名程度(予定)
検証内容:要介護者の自立支援・重度化防止及び、介護人材や家族の負担軽減を目指し、機能改善やサービス満足度などについて検証を行う。


「電力、センサー情報を用いた居宅内モニタリングシステム」について

身近にある電力データやその他センサーデータを基に生活行動や異常状態を推定した結果をモニタリングシステムに連携し、ご家族への異常通知や、介護事業所やケアマネジャーなどへのモニタリングレポートの提供を行います。

さらに、開発しているケアプラン作成支援AI「ケアプランアシスタント」と連携して生活行動データを取り入れたケアプラン作成を目指し、東電PGと共同開発を進めている事業です。

これまで難しかった独居の要介護者が介護サービスを受けていない時間帯の生活実態を把握することで、より実態に即した介入やプランの作成・見直しができるようになり、介護の質の向上や、要介護者の自立支援・重度化防止、介護人材や要介護者を持つご家族の負担の軽減などが期待できます。

※1


<本事業のおける各主体の役割>
東京電力パワーグリッド・エナジーゲートウェイ
東電PGの子会社であるエナジーゲートウェイが保有する「機器分離技術」※1を基に生活行動を推定する「宅内行動推定機能」を実現するIoTプラットフォームを提供。

※1 住宅全体の電気の使用状況を家電製品の種類毎に分離する技術により、家電製品毎の電気使用の変化をリアルタイムに検知することが可能

ウェルモ
東電PGのIoTプラットフォームからの分析情報を基に、介護のノウハウやこれまでのサービス開発の知見を用いてモニタリングシステムを構築し、サービスを展開。また、ケアプラン作成支援AI「ケアプランアシスタント」との連携によるケアプラン作成支援も提供。


ウェルモは、引き続き地方自治体などとも協力しながら事業を進めてまいります!

採用応募はこちらから!

エンジニア

Webアプリケーション
自社開発!チームでスケーラブルなサービス|Webアプリケーションエンジニア
●━━━━━━━━━━━━━━━● 少子高齢化社会に必要なのは、 パラダイムシフトを起こすケアテックです。 ●━━━━━━━━━━━━━━━● 世界一の長寿国である日本。 今後さらに加速する少子高齢化社会に向けて、今、山積みの問題を抱えています。 ▼人材不足問題 2040年、介護業界は圧倒的に人材が不足します。その数は、約69万人(厚生省発表)。 介護を必要とする人に対して、適正なサービスを提供できなくなる未来が迫っています。 ▼介護事業所の人事・組織的問題、経営・運営問題 全国の介護事業所数は約22万件で、その運営主体の推定90%が中小企業。 人事・組織的な課題では、人事機能を有しないことによる人材採用/育成の遅れや業務の属人化があります。経営・運営効率的な課題としては、収益性の低さや情報システム部門を有しないことによるICT化対応への遅れなどが挙げられます。 ▼在宅介護におけるケアマネジャーの能力課題 社会保障費を抑制する国の方針もあり、今後は医療も介護も「在宅」がキーワードに。約11兆円ある介護給付費。その差配を担うケアマネジャーですが、約64%が自分の資質・能力に不安を抱えているという結果が出ています(厚生労働省調べ)。 これらの課題に対して、一気通貫で解決に挑んだのがウェルモです。 在宅介護プラットフォームである『ミルモネット』を起点として、介護事業所やケアマネジャーが抱える経営課題・運営課題の解消につながるソリューションをシームレスに提供しています。 * ●『ミルモネット』は、在宅介護領域・専門職向けに特化した情報プラットフォーム。 現在、圧倒的な導入シェア率(展開エリアで84~100%)を誇っています。 従来は介護サービス事業者と利用者をつなげるケアマネジャーに、最適な情報が届いておらず、利用者が必ずしも最適な介護サービス提供者に巡り合えるとは限りませんでした。 『ミルモネット』で介護情報を一元管理化することで、誰もが簡単に情報を得られることを実現。 ケアマネジャーは利用者にとっての最適なサービスを効率的に選択できるようになり、 介護事業所はケアマネジャーへの営業を代替することが可能に。 また、情報プラットフォームの『ミルモネット』を通じ、介護事業所に対して、 介護ビジネスにおける利益確保のソリューションをワンストップで提供可能に。 人材採用機能である『ミルモわーく』で、人材(介護士)の採用を支援し、 『ミルモセレクション』は今後購買機能として介護機器や消費財購入の簡便化を目指します。 ** ●『ミルモわーく』は、介護業界に特化した人材紹介サービス。 介護事業所と求職者のミスマッチを無くすため、新たなHRTechの開発を進めています。 『ミルモネット』に登録された介護事業所と、『ミルモわーく』に登録された求職者DBを、 当社独自のマッチングアルゴリズムを利用し、AIで適正診断。 リクルーティングアドバイザーとAIによるマッチングを強みとする「人材紹介」と、 ミルモデータベースによるリッチな求人データを強みとする「求人ポータル」の2軸で、 介護業界の新しいリクルーティングモデルを構築します。 *** ●ケアマネジメントDXとして展開するのが、ケアプラン作成AIエンジン『ミルモぷらん』。 これまでケアマネジャーの経験に属人的に委ねられてきたケアプラン作成に必要な 専門知識の学習や情報収集をサポートすることで、 個々人の経験やスキルによらない、利用者本位のケアプラン作成の支援を実現します。 これらの製品・サービスは、まだリリースされたばかりです。 業界の課題を解決するために、機能面のアップデートとその拡販に取り組んでいます。 ※『ミルモわーく』 https://work.milmo.jp/ ※『ミルモネット』 https://welmo.co.jp/service/milmo-net/ ※『ミルモぷらん』 https://welmo.co.jp/service/cpa/ ***
株式会社ウェルモ


SRE/ インフラ
SREエンジニア|高齢化社会の福祉問題を解決しませんか?
●━━━━━━━━━━━━━━━● 少子高齢化社会に必要なのは、 パラダイムシフトを起こすケアテックです。 ●━━━━━━━━━━━━━━━● 世界一の長寿国である日本。 今後さらに加速する少子高齢化社会に向けて、今、山積みの問題を抱えています。 ▼人材不足問題 2040年、介護業界は圧倒的に人材が不足します。その数は、約69万人(厚生省発表)。 介護を必要とする人に対して、適正なサービスを提供できなくなる未来が迫っています。 ▼介護事業所の人事・組織的問題、経営・運営問題 全国の介護事業所数は約22万件で、その運営主体の推定90%が中小企業。 人事・組織的な課題では、人事機能を有しないことによる人材採用/育成の遅れや業務の属人化があります。経営・運営効率的な課題としては、収益性の低さや情報システム部門を有しないことによるICT化対応への遅れなどが挙げられます。 ▼在宅介護におけるケアマネジャーの能力課題 社会保障費を抑制する国の方針もあり、今後は医療も介護も「在宅」がキーワードに。約11兆円ある介護給付費。その差配を担うケアマネジャーですが、約64%が自分の資質・能力に不安を抱えているという結果が出ています(厚生労働省調べ)。 これらの課題に対して、一気通貫で解決に挑んだのがウェルモです。 在宅介護プラットフォームである『ミルモネット』を起点として、介護事業所やケアマネジャーが抱える経営課題・運営課題の解消につながるソリューションをシームレスに提供しています。 * ●『ミルモネット』は、在宅介護領域・専門職向けに特化した情報プラットフォーム。 現在、圧倒的な導入シェア率(展開エリアで84~100%)を誇っています。 従来は介護サービス事業者と利用者をつなげるケアマネジャーに、最適な情報が届いておらず、利用者が必ずしも最適な介護サービス提供者に巡り合えるとは限りませんでした。 『ミルモネット』で介護情報を一元管理化することで、誰もが簡単に情報を得られることを実現。 ケアマネジャーは利用者にとっての最適なサービスを効率的に選択できるようになり、 介護事業所はケアマネジャーへの営業を代替することが可能に。 また、情報プラットフォームの『ミルモネット』を通じ、介護事業所に対して、 介護ビジネスにおける利益確保のソリューションをワンストップで提供可能に。 人材採用機能である『ミルモわーく』で、人材(介護士)の採用を支援し、 『ミルモセレクション』は今後購買機能として介護機器や消費財購入の簡便化を目指します。 ** ●『ミルモわーく』は、介護業界に特化した人材紹介サービス。 介護事業所と求職者のミスマッチを無くすため、新たなHRTechの開発を進めています。 『ミルモネット』に登録された介護事業所と、『ミルモわーく』に登録された求職者DBを、 当社独自のマッチングアルゴリズムを利用し、AIで適正診断。 リクルーティングアドバイザーとAIによるマッチングを強みとする「人材紹介」と、 ミルモデータベースによるリッチな求人データを強みとする「求人ポータル」の2軸で、 介護業界の新しいリクルーティングモデルを構築します。 *** ●ケアマネジメントDXとして展開するのが、ケアプラン作成AIエンジン『ミルモぷらん』。 これまでケアマネジャーの経験に属人的に委ねられてきたケアプラン作成に必要な 専門知識の学習や情報収集をサポートすることで、 個々人の経験やスキルによらない、利用者本位のケアプラン作成の支援を実現します。 これらの製品・サービスは、まだリリースされたばかりです。 業界の課題を解決するために、機能面のアップデートとその拡販に取り組んでいます。 ※『ミルモわーく』 https://work.milmo.jp/ ※『ミルモネット』 https://welmo.co.jp/service/milmo-net/ ※『ミルモぷらん』 https://welmo.co.jp/service/cpa/ ***
株式会社ウェルモ


AIエンジニア
AIを活用した解決策を研究するベンチャーでアルゴリズム構築|AIエンジニア
●━━━━━━━━━━━━━━━● 少子高齢化社会に必要なのは、 パラダイムシフトを起こすケアテックです。 ●━━━━━━━━━━━━━━━● 世界一の長寿国である日本。 今後さらに加速する少子高齢化社会に向けて、今、山積みの問題を抱えています。 ▼人材不足問題 2040年、介護業界は圧倒的に人材が不足します。その数は、約69万人(厚生省発表)。 介護を必要とする人に対して、適正なサービスを提供できなくなる未来が迫っています。 ▼介護事業所の人事・組織的問題、経営・運営問題 全国の介護事業所数は約22万件で、その運営主体の推定90%が中小企業。 人事・組織的な課題では、人事機能を有しないことによる人材採用/育成の遅れや業務の属人化があります。経営・運営効率的な課題としては、収益性の低さや情報システム部門を有しないことによるICT化対応への遅れなどが挙げられます。 ▼在宅介護におけるケアマネジャーの能力課題 社会保障費を抑制する国の方針もあり、今後は医療も介護も「在宅」がキーワードに。約11兆円ある介護給付費。その差配を担うケアマネジャーですが、約64%が自分の資質・能力に不安を抱えているという結果が出ています(厚生労働省調べ)。 これらの課題に対して、一気通貫で解決に挑んだのがウェルモです。 在宅介護プラットフォームである『ミルモネット』を起点として、介護事業所やケアマネジャーが抱える経営課題・運営課題の解消につながるソリューションをシームレスに提供しています。 * ●『ミルモネット』は、在宅介護領域・専門職向けに特化した情報プラットフォーム。 現在、圧倒的な導入シェア率(展開エリアで84~100%)を誇っています。 従来は介護サービス事業者と利用者をつなげるケアマネジャーに、最適な情報が届いておらず、利用者が必ずしも最適な介護サービス提供者に巡り合えるとは限りませんでした。 『ミルモネット』で介護情報を一元管理化することで、誰もが簡単に情報を得られることを実現。 ケアマネジャーは利用者にとっての最適なサービスを効率的に選択できるようになり、 介護事業所はケアマネジャーへの営業を代替することが可能に。 また、情報プラットフォームの『ミルモネット』を通じ、介護事業所に対して、 介護ビジネスにおける利益確保のソリューションをワンストップで提供可能に。 人材採用機能である『ミルモわーく』で、人材(介護士)の採用を支援し、 『ミルモセレクション』は今後購買機能として介護機器や消費財購入の簡便化を目指します。 ** ●『ミルモわーく』は、介護業界に特化した人材紹介サービス。 介護事業所と求職者のミスマッチを無くすため、新たなHRTechの開発を進めています。 『ミルモネット』に登録された介護事業所と、『ミルモわーく』に登録された求職者DBを、 当社独自のマッチングアルゴリズムを利用し、AIで適正診断。 リクルーティングアドバイザーとAIによるマッチングを強みとする「人材紹介」と、 ミルモデータベースによるリッチな求人データを強みとする「求人ポータル」の2軸で、 介護業界の新しいリクルーティングモデルを構築します。 *** ●ケアマネジメントDXとして展開するのが、ケアプラン作成AIエンジン『ミルモぷらん』。 これまでケアマネジャーの経験に属人的に委ねられてきたケアプラン作成に必要な 専門知識の学習や情報収集をサポートすることで、 個々人の経験やスキルによらない、利用者本位のケアプラン作成の支援を実現します。 これらの製品・サービスは、まだリリースされたばかりです。 業界の課題を解決するために、機能面のアップデートとその拡販に取り組んでいます。 ※『ミルモわーく』 https://work.milmo.jp/ ※『ミルモネット』 https://welmo.co.jp/service/milmo-net/ ※『ミルモぷらん』 https://welmo.co.jp/service/cpa/ ***
株式会社ウェルモ


データエンジニア
データエンジニア|IT×介護の力で社会課題を解決しませんか?
●━━━━━━━━━━━━━━━● 少子高齢化社会に必要なのは、 パラダイムシフトを起こすケアテックです。 ●━━━━━━━━━━━━━━━● 世界一の長寿国である日本。 今後さらに加速する少子高齢化社会に向けて、今、山積みの問題を抱えています。 ▼人材不足問題 2040年、介護業界は圧倒的に人材が不足します。その数は、約69万人(厚生省発表)。 介護を必要とする人に対して、適正なサービスを提供できなくなる未来が迫っています。 ▼介護事業所の人事・組織的問題、経営・運営問題 全国の介護事業所数は約22万件で、その運営主体の推定90%が中小企業。 人事・組織的な課題では、人事機能を有しないことによる人材採用/育成の遅れや業務の属人化があります。経営・運営効率的な課題としては、収益性の低さや情報システム部門を有しないことによるICT化対応への遅れなどが挙げられます。 ▼在宅介護におけるケアマネジャーの能力課題 社会保障費を抑制する国の方針もあり、今後は医療も介護も「在宅」がキーワードに。約11兆円ある介護給付費。その差配を担うケアマネジャーですが、約64%が自分の資質・能力に不安を抱えているという結果が出ています(厚生労働省調べ)。 これらの課題に対して、一気通貫で解決に挑んだのがウェルモです。 在宅介護プラットフォームである『ミルモネット』を起点として、介護事業所やケアマネジャーが抱える経営課題・運営課題の解消につながるソリューションをシームレスに提供しています。 * ●『ミルモネット』は、在宅介護領域・専門職向けに特化した情報プラットフォーム。 現在、圧倒的な導入シェア率(展開エリアで84~100%)を誇っています。 従来は介護サービス事業者と利用者をつなげるケアマネジャーに、最適な情報が届いておらず、利用者が必ずしも最適な介護サービス提供者に巡り合えるとは限りませんでした。 『ミルモネット』で介護情報を一元管理化することで、誰もが簡単に情報を得られることを実現。 ケアマネジャーは利用者にとっての最適なサービスを効率的に選択できるようになり、 介護事業所はケアマネジャーへの営業を代替することが可能に。 また、情報プラットフォームの『ミルモネット』を通じ、介護事業所に対して、 介護ビジネスにおける利益確保のソリューションをワンストップで提供可能に。 人材採用機能である『ミルモわーく』で、人材(介護士)の採用を支援し、 『ミルモセレクション』は今後購買機能として介護機器や消費財購入の簡便化を目指します。 ** ●『ミルモわーく』は、介護業界に特化した人材紹介サービス。 介護事業所と求職者のミスマッチを無くすため、新たなHRTechの開発を進めています。 『ミルモネット』に登録された介護事業所と、『ミルモわーく』に登録された求職者DBを、 当社独自のマッチングアルゴリズムを利用し、AIで適正診断。 リクルーティングアドバイザーとAIによるマッチングを強みとする「人材紹介」と、 ミルモデータベースによるリッチな求人データを強みとする「求人ポータル」の2軸で、 介護業界の新しいリクルーティングモデルを構築します。 *** ●ケアマネジメントDXとして展開するのが、ケアプラン作成AIエンジン『ミルモぷらん』。 これまでケアマネジャーの経験に属人的に委ねられてきたケアプラン作成に必要な 専門知識の学習や情報収集をサポートすることで、 個々人の経験やスキルによらない、利用者本位のケアプラン作成の支援を実現します。 これらの製品・サービスは、まだリリースされたばかりです。 業界の課題を解決するために、機能面のアップデートとその拡販に取り組んでいます。 ※『ミルモわーく』 https://work.milmo.jp/ ※『ミルモネット』 https://welmo.co.jp/service/milmo-net/ ※『ミルモぷらん』 https://welmo.co.jp/service/cpa/ ***
株式会社ウェルモ


キャリアカウンセラー

キャリアカウンセラー
ミスマッチのない採用をアシストしたい!キャリアカウンセラーWanted!
●━━━━━━━━━━━━━━━● 少子高齢化社会に必要なのは、 パラダイムシフトを起こすケアテックです。 ●━━━━━━━━━━━━━━━● 世界一の長寿国である日本。 今後さらに加速する少子高齢化社会に向けて、今、山積みの問題を抱えています。 ▼人材不足問題 2040年、介護業界は圧倒的に人材が不足します。その数は、約69万人(厚生省発表)。 介護を必要とする人に対して、適正なサービスを提供できなくなる未来が迫っています。 ▼介護事業所の人事・組織的問題、経営・運営問題 全国の介護事業所数は約22万件で、その運営主体の推定90%が中小企業。 人事・組織的な課題では、人事機能を有しないことによる人材採用/育成の遅れや業務の属人化があります。経営・運営効率的な課題としては、収益性の低さや情報システム部門を有しないことによるICT化対応への遅れなどが挙げられます。 ▼在宅介護におけるケアマネジャーの能力課題 社会保障費を抑制する国の方針もあり、今後は医療も介護も「在宅」がキーワードに。約11兆円ある介護給付費。その差配を担うケアマネジャーですが、約64%が自分の資質・能力に不安を抱えているという結果が出ています(厚生労働省調べ)。 これらの課題に対して、一気通貫で解決に挑んだのがウェルモです。 在宅介護プラットフォームである『ミルモネット』を起点として、介護事業所やケアマネジャーが抱える経営課題・運営課題の解消につながるソリューションをシームレスに提供しています。 * ●『ミルモネット』は、在宅介護領域・専門職向けに特化した情報プラットフォーム。 現在、圧倒的な導入シェア率(展開エリアで84~100%)を誇っています。 従来は介護サービス事業者と利用者をつなげるケアマネジャーに、最適な情報が届いておらず、利用者が必ずしも最適な介護サービス提供者に巡り合えるとは限りませんでした。 『ミルモネット』で介護情報を一元管理化することで、誰もが簡単に情報を得られることを実現。 ケアマネジャーは利用者にとっての最適なサービスを効率的に選択できるようになり、 介護事業所はケアマネジャーへの営業を代替することが可能に。 また、情報プラットフォームの『ミルモネット』を通じ、介護事業所に対して、 介護ビジネスにおける利益確保のソリューションをワンストップで提供可能に。 人材採用機能である『ミルモわーく』で、人材(介護士)の採用を支援し、 『ミルモセレクション』は今後購買機能として介護機器や消費財購入の簡便化を目指します。 ** ●『ミルモわーく』は、介護業界に特化した人材紹介サービス。 介護事業所と求職者のミスマッチを無くすため、新たなHRTechの開発を進めています。 『ミルモネット』に登録された介護事業所と、『ミルモわーく』に登録された求職者DBを、 当社独自のマッチングアルゴリズムを利用し、AIで適正診断。 リクルーティングアドバイザーとAIによるマッチングを強みとする「人材紹介」と、 ミルモデータベースによるリッチな求人データを強みとする「求人ポータル」の2軸で、 介護業界の新しいリクルーティングモデルを構築します。 *** ●ケアマネジメントDXとして展開するのが、ケアプラン作成AIエンジン『ミルモぷらん』。 これまでケアマネジャーの経験に属人的に委ねられてきたケアプラン作成に必要な 専門知識の学習や情報収集をサポートすることで、 個々人の経験やスキルによらない、利用者本位のケアプラン作成の支援を実現します。 これらの製品・サービスは、まだリリースされたばかりです。 業界の課題を解決するために、機能面のアップデートとその拡販に取り組んでいます。 ※『ミルモわーく』 https://work.milmo.jp/ ※『ミルモネット』 https://welmo.co.jp/service/milmo-net/ ※『ミルモぷらん』 https://welmo.co.jp/service/cpa/ ***
株式会社ウェルモ


デザイナー

Webデザイナー
新しい自社サービスを自分の手でじっくり育てたい!Webデザイナー募集!
●━━━━━━━━━━━━━━━● 少子高齢化社会に必要なのは、 パラダイムシフトを起こすケアテックです。 ●━━━━━━━━━━━━━━━● 世界一の長寿国である日本。 今後さらに加速する少子高齢化社会に向けて、今、山積みの問題を抱えています。 ▼人材不足問題 2040年、介護業界は圧倒的に人材が不足します。その数は、約69万人(厚生省発表)。 介護を必要とする人に対して、適正なサービスを提供できなくなる未来が迫っています。 ▼介護事業所の人事・組織的問題、経営・運営問題 全国の介護事業所数は約22万件で、その運営主体の推定90%が中小企業。 人事・組織的な課題では、人事機能を有しないことによる人材採用/育成の遅れや業務の属人化があります。経営・運営効率的な課題としては、収益性の低さや情報システム部門を有しないことによるICT化対応への遅れなどが挙げられます。 ▼在宅介護におけるケアマネジャーの能力課題 社会保障費を抑制する国の方針もあり、今後は医療も介護も「在宅」がキーワードに。約11兆円ある介護給付費。その差配を担うケアマネジャーですが、約64%が自分の資質・能力に不安を抱えているという結果が出ています(厚生労働省調べ)。 これらの課題に対して、一気通貫で解決に挑んだのがウェルモです。 在宅介護プラットフォームである『ミルモネット』を起点として、介護事業所やケアマネジャーが抱える経営課題・運営課題の解消につながるソリューションをシームレスに提供しています。 * ●『ミルモネット』は、在宅介護領域・専門職向けに特化した情報プラットフォーム。 現在、圧倒的な導入シェア率(展開エリアで84~100%)を誇っています。 従来は介護サービス事業者と利用者をつなげるケアマネジャーに、最適な情報が届いておらず、利用者が必ずしも最適な介護サービス提供者に巡り合えるとは限りませんでした。 『ミルモネット』で介護情報を一元管理化することで、誰もが簡単に情報を得られることを実現。 ケアマネジャーは利用者にとっての最適なサービスを効率的に選択できるようになり、 介護事業所はケアマネジャーへの営業を代替することが可能に。 また、情報プラットフォームの『ミルモネット』を通じ、介護事業所に対して、 介護ビジネスにおける利益確保のソリューションをワンストップで提供可能に。 人材採用機能である『ミルモわーく』で、人材(介護士)の採用を支援し、 『ミルモセレクション』は今後購買機能として介護機器や消費財購入の簡便化を目指します。 ** ●『ミルモわーく』は、介護業界に特化した人材紹介サービス。 介護事業所と求職者のミスマッチを無くすため、新たなHRTechの開発を進めています。 『ミルモネット』に登録された介護事業所と、『ミルモわーく』に登録された求職者DBを、 当社独自のマッチングアルゴリズムを利用し、AIで適正診断。 リクルーティングアドバイザーとAIによるマッチングを強みとする「人材紹介」と、 ミルモデータベースによるリッチな求人データを強みとする「求人ポータル」の2軸で、 介護業界の新しいリクルーティングモデルを構築します。 *** ●ケアマネジメントDXとして展開するのが、ケアプラン作成AIエンジン『ミルモぷらん』。 これまでケアマネジャーの経験に属人的に委ねられてきたケアプラン作成に必要な 専門知識の学習や情報収集をサポートすることで、 個々人の経験やスキルによらない、利用者本位のケアプラン作成の支援を実現します。 これらの製品・サービスは、まだリリースされたばかりです。 業界の課題を解決するために、機能面のアップデートとその拡販に取り組んでいます。 ※『ミルモわーく』 https://work.milmo.jp/ ※『ミルモネット』 https://welmo.co.jp/service/milmo-net/ ※『ミルモぷらん』 https://welmo.co.jp/service/cpa/ ***
株式会社ウェルモ
株式会社ウェルモ's job postings
13 Likes
13 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more