1
/
5

【ウェルモニュースVol.6】「YOXOイノベーションスクール」に代表鹿野が登壇

2020年3月11日(水)、関内イノベーションイニシアティブ株式会社が主催する「YOXO(よくぞ)イノベーションスクール」のゲスト講師として、弊社代表の鹿野が登壇しました。

会場となった「YOXO BOX(よくぞボックス)」は、イノベーションを横浜から創出するという「イノベーション都市・横浜」を横浜市が宣言し、その推進拠点として関内エリアに開設した施設です。
拠点を活用した活動の1つとして2019年末に「第1期 YOXO イノベーションスクール」を開講し、新産業を創出する人材の発掘や育成をされています。

今回「先輩起業家の創業ストーリー」のテーマでお声がけいただき、「社会課題解決の為のソーシャルベンチャーの立ち上げと失敗談」と題してお話ししました。なお、通常はオフラインイベントとして実施されるところを、新型コロナウイルス感染症対策のため、今回はオンライン参加(Zoomで映像配信)も交えて行われました。

前半1時間10分程度が鹿野からのプレゼンテーション、休憩を挟んで残り時間で質疑応答を行う構成でした。会場にいた受講生は7名ほどでしたが、オンライン配信で45名を超える方々が聴講されていました。

鹿野からは、当社の事業内容やビジネスモデル、ファイナンス戦略などと共に、臨場感のある失敗談や、今だからお伝えできる「起業初期にお奨めしたいこと / お奨めしないこと」など、他ではお話したことがないリアルなストーリーを共有させていただきました。

質疑応答は会場からのコメントとチャットの発言を司会の方が差配されました。チャットでは講演中でも自由にコメントすることができるため質問が絶えず、質疑応答は予定終了時間を超過して盛り上がりました。

受講生には社会変革や社会課題解決にチャレンジしたい方も多く、刺激や学びになったという前向きなコメントを多数いただきました。

今後も登壇情報等、発信していきます!

Webアプリケーション
拡張性を考えたスケーラブルなサービス開発|Webアプリケーションエンジニア
●━━━━━━━━━━━━━━━● 少子高齢化社会に必要なのは、 パラダイムシフトを起こすケアテックです。 ●━━━━━━━━━━━━━━━● 世界一の長寿国である日本。 今後さらに加速する少子高齢化社会に向けて、今、山積みの問題を抱えています。 ▼人材不足問題 直近の2025年、介護業界は圧倒的に人材が不足します。その数は、約34万人(厚生省発表)。 介護を必要とする人に対して、適正なサービスを提供できなくなる未来が迫っています。 ▼介護事業所の人事・組織的問題、経営・運営問題 全国の介護事業所数は約22万件で、その運営主体の推定90%が中小企業。 人事・組織的な課題では、人事機能を有しないことによる人材採用/育成の遅れや業務の属人化があります。経営・運営効率的な課題としては、収益性の低さや情報システム部門を有しないことによるICT化対応への遅れなどが挙げられます。 ▼在宅介護におけるケアマネジャーの能力課題 社会保障費を抑制する国の方針もあり、今後は医療も介護も「在宅」がキーワードに。約11兆円ある介護給付費。その差配を担うケアマネジャーですが、約64%が自分の資質・能力に不安を抱えているという結果が出ています(厚生労働省調べ)。 これらの課題に対して、一気通貫で解決に挑んだのがウェルモです。 在宅介護プラットフォームである『ミルモネット』を起点として、介護事業所やケアマネジャーが抱える経営課題・運営課題の解消につながるソリューションをシームレスに提供しています。 * ●『ミルモネット』は、在宅介護領域・専門職向けに特化した情報プラットフォーム。 現在、圧倒的な導入シェア率(展開エリアで84~100%)を誇っています。 従来は介護サービス事業者と利用者をつなげるケアマネジャーに、最適な情報が届いておらず、利用者が必ずしも最適な介護サービス提供者に巡り合えるとは限りませんでした。 『ミルモネット』で介護情報を一元管理化することで、誰もが簡単に情報を得られることを実現。 ケアマネジャーは利用者にとっての最適なサービスを効率的に選択できるようになり、 介護事業所はケアマネジャーへの営業を代替することが可能に。 また、情報プラットフォームの『ミルモネット』を通じ、介護事業所に対して、 介護ビジネスにおける利益確保のソリューションをワンストップで提供可能に。 人材採用機能である『ミルモわーく』で、人材(介護士)の採用を支援し、 『ミルモセレクション』は今後購買機能として介護機器や消費財購入の簡便化を目指します。 ** ●『ミルモわーく』は、介護業界に特化した人材紹介サービス。 介護事業所と求職者のミスマッチを無くすため、新たなHRTechの開発を進めています。 『ミルモネット』に登録された介護事業所と、『ミルモわーく』に登録された求職者DBを、 当社独自のマッチングアルゴリズムを利用し、AIで適正診断。 リクルーティングアドバイザーとAIによるマッチングを強みとする「人材紹介」と、 ミルモデータベースによるリッチな求人データを強みとする「求人ポータル」の2軸で、 介護業界の新しいリクルーティングモデルを構築します。 *** ●ケアマネジメントDXとして展開するのが、ケアプラン作成AIエンジン『ミルモぷらん』。 これまでケアマネジャーの経験に属人的に委ねられてきたケアプラン作成に必要な 専門知識の学習や情報収集をサポートすることで、 個々人の経験やスキルによらない、利用者本位のケアプラン作成の支援を実現します。 これらの製品・サービスは、まだリリースされたばかりです。 業界の課題を解決するために、機能面のアップデートとその拡販に取り組んでいます。 ※『ミルモわーく』 https://work.milmo.jp/ ※『ミルモネット』 https://welmo.co.jp/service/milmo-net/ ※『ミルモぷらん』 https://welmo.co.jp/service/cpa/ ***
株式会社ウェルモ


データエンジニア
データエンジニア|IT×介護の力で社会課題を解決しませんか?
●━━━━━━━━━━━━━━━● 少子高齢化社会に必要なのは、 パラダイムシフトを起こすケアテックです。 ●━━━━━━━━━━━━━━━● 世界一の長寿国である日本。 今後さらに加速する少子高齢化社会に向けて、今、山積みの問題を抱えています。 ▼人材不足問題 直近の2025年、介護業界は圧倒的に人材が不足します。その数は、約34万人(厚生省発表)。 介護を必要とする人に対して、適正なサービスを提供できなくなる未来が迫っています。 ▼介護事業所の人事・組織的問題、経営・運営問題 全国の介護事業所数は約22万件で、その運営主体の推定90%が中小企業。 人事・組織的な課題では、人事機能を有しないことによる人材採用/育成の遅れや業務の属人化があります。経営・運営効率的な課題としては、収益性の低さや情報システム部門を有しないことによるICT化対応への遅れなどが挙げられます。 ▼在宅介護におけるケアマネジャーの能力課題 社会保障費を抑制する国の方針もあり、今後は医療も介護も「在宅」がキーワードに。約11兆円ある介護給付費。その差配を担うケアマネジャーですが、約64%が自分の資質・能力に不安を抱えているという結果が出ています(厚生労働省調べ)。 これらの課題に対して、一気通貫で解決に挑んだのがウェルモです。 在宅介護プラットフォームである『ミルモネット』を起点として、介護事業所やケアマネジャーが抱える経営課題・運営課題の解消につながるソリューションをシームレスに提供しています。 * ●『ミルモネット』は、在宅介護領域・専門職向けに特化した情報プラットフォーム。 現在、圧倒的な導入シェア率(展開エリアで84~100%)を誇っています。 従来は介護サービス事業者と利用者をつなげるケアマネジャーに、最適な情報が届いておらず、利用者が必ずしも最適な介護サービス提供者に巡り合えるとは限りませんでした。 『ミルモネット』で介護情報を一元管理化することで、誰もが簡単に情報を得られることを実現。 ケアマネジャーは利用者にとっての最適なサービスを効率的に選択できるようになり、 介護事業所はケアマネジャーへの営業を代替することが可能に。 また、情報プラットフォームの『ミルモネット』を通じ、介護事業所に対して、 介護ビジネスにおける利益確保のソリューションをワンストップで提供可能に。 人材採用機能である『ミルモわーく』で、人材(介護士)の採用を支援し、 『ミルモセレクション』は今後購買機能として介護機器や消費財購入の簡便化を目指します。 ** ●『ミルモわーく』は、介護業界に特化した人材紹介サービス。 介護事業所と求職者のミスマッチを無くすため、新たなHRTechの開発を進めています。 『ミルモネット』に登録された介護事業所と、『ミルモわーく』に登録された求職者DBを、 当社独自のマッチングアルゴリズムを利用し、AIで適正診断。 リクルーティングアドバイザーとAIによるマッチングを強みとする「人材紹介」と、 ミルモデータベースによるリッチな求人データを強みとする「求人ポータル」の2軸で、 介護業界の新しいリクルーティングモデルを構築します。 *** ●ケアマネジメントDXとして展開するのが、ケアプラン作成AIエンジン『ミルモぷらん』。 これまでケアマネジャーの経験に属人的に委ねられてきたケアプラン作成に必要な 専門知識の学習や情報収集をサポートすることで、 個々人の経験やスキルによらない、利用者本位のケアプラン作成の支援を実現します。 これらの製品・サービスは、まだリリースされたばかりです。 業界の課題を解決するために、機能面のアップデートとその拡販に取り組んでいます。 ※『ミルモわーく』 https://work.milmo.jp/ ※『ミルモネット』 https://welmo.co.jp/service/milmo-net/ ※『ミルモぷらん』 https://welmo.co.jp/service/cpa/ ***
株式会社ウェルモ


SRE/ インフラ
SREエンジニア|高齢化社会の福祉問題を解決しませんか?
●━━━━━━━━━━━━━━━● 少子高齢化社会に必要なのは、 パラダイムシフトを起こすケアテックです。 ●━━━━━━━━━━━━━━━● 世界一の長寿国である日本。 今後さらに加速する少子高齢化社会に向けて、今、山積みの問題を抱えています。 ▼人材不足問題 直近の2025年、介護業界は圧倒的に人材が不足します。その数は、約34万人(厚生省発表)。 介護を必要とする人に対して、適正なサービスを提供できなくなる未来が迫っています。 ▼介護事業所の人事・組織的問題、経営・運営問題 全国の介護事業所数は約22万件で、その運営主体の推定90%が中小企業。 人事・組織的な課題では、人事機能を有しないことによる人材採用/育成の遅れや業務の属人化があります。経営・運営効率的な課題としては、収益性の低さや情報システム部門を有しないことによるICT化対応への遅れなどが挙げられます。 ▼在宅介護におけるケアマネジャーの能力課題 社会保障費を抑制する国の方針もあり、今後は医療も介護も「在宅」がキーワードに。約11兆円ある介護給付費。その差配を担うケアマネジャーですが、約64%が自分の資質・能力に不安を抱えているという結果が出ています(厚生労働省調べ)。 これらの課題に対して、一気通貫で解決に挑んだのがウェルモです。 在宅介護プラットフォームである『ミルモネット』を起点として、介護事業所やケアマネジャーが抱える経営課題・運営課題の解消につながるソリューションをシームレスに提供しています。 * ●『ミルモネット』は、在宅介護領域・専門職向けに特化した情報プラットフォーム。 現在、圧倒的な導入シェア率(展開エリアで84~100%)を誇っています。 従来は介護サービス事業者と利用者をつなげるケアマネジャーに、最適な情報が届いておらず、利用者が必ずしも最適な介護サービス提供者に巡り合えるとは限りませんでした。 『ミルモネット』で介護情報を一元管理化することで、誰もが簡単に情報を得られることを実現。 ケアマネジャーは利用者にとっての最適なサービスを効率的に選択できるようになり、 介護事業所はケアマネジャーへの営業を代替することが可能に。 また、情報プラットフォームの『ミルモネット』を通じ、介護事業所に対して、 介護ビジネスにおける利益確保のソリューションをワンストップで提供可能に。 人材採用機能である『ミルモわーく』で、人材(介護士)の採用を支援し、 『ミルモセレクション』は今後購買機能として介護機器や消費財購入の簡便化を目指します。 ** ●『ミルモわーく』は、介護業界に特化した人材紹介サービス。 介護事業所と求職者のミスマッチを無くすため、新たなHRTechの開発を進めています。 『ミルモネット』に登録された介護事業所と、『ミルモわーく』に登録された求職者DBを、 当社独自のマッチングアルゴリズムを利用し、AIで適正診断。 リクルーティングアドバイザーとAIによるマッチングを強みとする「人材紹介」と、 ミルモデータベースによるリッチな求人データを強みとする「求人ポータル」の2軸で、 介護業界の新しいリクルーティングモデルを構築します。 *** ●ケアマネジメントDXとして展開するのが、ケアプラン作成AIエンジン『ミルモぷらん』。 これまでケアマネジャーの経験に属人的に委ねられてきたケアプラン作成に必要な 専門知識の学習や情報収集をサポートすることで、 個々人の経験やスキルによらない、利用者本位のケアプラン作成の支援を実現します。 これらの製品・サービスは、まだリリースされたばかりです。 業界の課題を解決するために、機能面のアップデートとその拡販に取り組んでいます。 ※『ミルモわーく』 https://work.milmo.jp/ ※『ミルモネット』 https://welmo.co.jp/service/milmo-net/ ※『ミルモぷらん』 https://welmo.co.jp/service/cpa/ ***
株式会社ウェルモ


キャリアカウンセラー
ミスマッチのない採用をアシストしたい!キャリアカウンセラーWanted!
●━━━━━━━━━━━━━━━● 少子高齢化社会に必要なのは、 パラダイムシフトを起こすケアテックです。 ●━━━━━━━━━━━━━━━● 世界一の長寿国である日本。 今後さらに加速する少子高齢化社会に向けて、今、山積みの問題を抱えています。 ▼人材不足問題 直近の2025年、介護業界は圧倒的に人材が不足します。その数は、約34万人(厚生省発表)。 介護を必要とする人に対して、適正なサービスを提供できなくなる未来が迫っています。 ▼介護事業所の人事・組織的問題、経営・運営問題 全国の介護事業所数は約22万件で、その運営主体の推定90%が中小企業。 人事・組織的な課題では、人事機能を有しないことによる人材採用/育成の遅れや業務の属人化があります。経営・運営効率的な課題としては、収益性の低さや情報システム部門を有しないことによるICT化対応への遅れなどが挙げられます。 ▼在宅介護におけるケアマネジャーの能力課題 社会保障費を抑制する国の方針もあり、今後は医療も介護も「在宅」がキーワードに。約11兆円ある介護給付費。その差配を担うケアマネジャーですが、約64%が自分の資質・能力に不安を抱えているという結果が出ています(厚生労働省調べ)。 これらの課題に対して、一気通貫で解決に挑んだのがウェルモです。 在宅介護プラットフォームである『ミルモネット』を起点として、介護事業所やケアマネジャーが抱える経営課題・運営課題の解消につながるソリューションをシームレスに提供しています。 * ●『ミルモネット』は、在宅介護領域・専門職向けに特化した情報プラットフォーム。 現在、圧倒的な導入シェア率(展開エリアで84~100%)を誇っています。 従来は介護サービス事業者と利用者をつなげるケアマネジャーに、最適な情報が届いておらず、利用者が必ずしも最適な介護サービス提供者に巡り合えるとは限りませんでした。 『ミルモネット』で介護情報を一元管理化することで、誰もが簡単に情報を得られることを実現。 ケアマネジャーは利用者にとっての最適なサービスを効率的に選択できるようになり、 介護事業所はケアマネジャーへの営業を代替することが可能に。 また、情報プラットフォームの『ミルモネット』を通じ、介護事業所に対して、 介護ビジネスにおける利益確保のソリューションをワンストップで提供可能に。 人材採用機能である『ミルモわーく』で、人材(介護士)の採用を支援し、 『ミルモセレクション』は今後購買機能として介護機器や消費財購入の簡便化を目指します。 ** ●『ミルモわーく』は、介護業界に特化した人材紹介サービス。 介護事業所と求職者のミスマッチを無くすため、新たなHRTechの開発を進めています。 『ミルモネット』に登録された介護事業所と、『ミルモわーく』に登録された求職者DBを、 当社独自のマッチングアルゴリズムを利用し、AIで適正診断。 リクルーティングアドバイザーとAIによるマッチングを強みとする「人材紹介」と、 ミルモデータベースによるリッチな求人データを強みとする「求人ポータル」の2軸で、 介護業界の新しいリクルーティングモデルを構築します。 *** ●ケアマネジメントDXとして展開するのが、ケアプラン作成AIエンジン『ミルモぷらん』。 これまでケアマネジャーの経験に属人的に委ねられてきたケアプラン作成に必要な 専門知識の学習や情報収集をサポートすることで、 個々人の経験やスキルによらない、利用者本位のケアプラン作成の支援を実現します。 これらの製品・サービスは、まだリリースされたばかりです。 業界の課題を解決するために、機能面のアップデートとその拡販に取り組んでいます。 ※『ミルモわーく』 https://work.milmo.jp/ ※『ミルモネット』 https://welmo.co.jp/service/milmo-net/ ※『ミルモぷらん』 https://welmo.co.jp/service/cpa/ ***
株式会社ウェルモ
株式会社ウェルモ's job postings
12 Likes
12 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more