1
/
5

「2021年 スタートアップ・ベンチャー業界人が選ぶビジネス書」カオスマップ公開🎉#2

こんにちは!プロトスターです。

前回、スタートアップ・ベンチャー業界で働くビジネスエグゼクティブを対象にした、おすすめの書籍についてのアンケート結果をご紹介しました。
(前回の記事:https://www.wantedly.com/companies/theprotostar/post_articles/356656
今回は、その続きを公開したいと思います!

読書習慣に関するアンケートの回答結果によると、

  • 約3割が「コロナ禍で読書量が増えた」と回答。
  • 約6割が「月の読書量は2~9冊」と回答。
  • スタートアップ・ベンチャー業界で働くビジネスエグゼクティブがビジネス書の中で特に読む書籍のジャンルは「実践経営・リーダーシップ」。次いで「投資・金融・会社経営」「経営学・キャリア」「マーケティング・セールス」。
  • ビジネス書以外でよく読む書籍は、「世界史」や「倫理学・道徳」のジャンルに票が集まった。
  • 2021年に購入した書籍の中で、ビジネスをする上で一番役に立ったものに、『THE MODEL』(翔泳社)、『ビジョナリー・カンパニー』(日経BP社)、『投資家と起業家』(クロスメディア・パブリッシング)、『ビジネスの未来』(プレジデント社)、『売上最小化、利益最大化の法則』(ダイヤモンド社)、などが挙げられた。

<調査結果>

Q1:コロナ禍において、読書量は変化しましたか?

Q2:普段どれくらい読書をしますか?

Q3:スタートアップ・ベンチャー業界で働くビジネスエグゼクティブがビジネス書の中で特に読む書籍のジャンル

文化庁が2019年、全国16歳以上の男女を対象に調査した「国語に関する世論調査」によると、47.3%が1か月に1冊も本を「読まない」と回答しています。

一方、本アンケートでは「読書は月に1冊以下」と答えたのは1.8%に留まりました。つまり、ビジネスのトップを走るビジネスエグゼクティブたちは、一般層より読書量が多いことが分かりました!

秋に限らず、読書を楽しみたいですね。

今後も、スタートアップや起業家に関連するアンケートを実施していきますので、お楽しみに!!

プロトスター株式会社's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more