1
/
5

Live Call はどんな場面で活用されているか?? 導入事例を紹介します!

こんにちは。

スピンシェル採用担当夏目です!

今日はLiveCallの導入事例について紹介します!

企業に合わせたカスタマイズ・API連携も可能。 独自のアプリや既存システムへの連携・導入で利便性の高さを実現

〜LINEユーザーとオンライン接客ができるサービスも新規展開〜

企業独自のアプリやサービスに簡単にビデオ通話機能を追加できることもLiveCall (ライブコール)の特徴です。

既存システムとのAPI連携、アカウント・データ連 携も可能なため、リテール業界以外における導入も拡大しています。

2021年1月に は、ワークスモバイルジャパン株式会社が提供する「LINE WORKS」から手軽に LINEユーザーとオンライン接客ができる「LiveCall for LINE WORKS」をリリース。


LINE WORKSは、LINEとつながる唯一のビジ ネスチャットとして100,000社を超える企業で導入されている新しい働き方の支援ツール。

LINEの使いやすさを踏襲したデザインにより、 社内コミュニケーションを円滑にするほか、 LINEアカウントを持つ顧客ともトークでやりとりができます。


2つのサービスが連携することで、自社のLINEアカウントに「お友達登録」をしてい る顧客に、

LINE上でLiveCall(ライブコール)のビデオ通話を用いたオンライン接 客が手軽に提供可能になりました。


普及率の高いLINEユーザーと繋がる利便性の高さは勿論、ユーザー側が使い慣れた画面から開始できるので、初めてのオンライン接客の導入にも最適です。

このように初めてオンライン接客を導入する場合でも、企業やその顧客が既に使い慣れているシステムやツールに組み込むことが可能です。

自然と接客を受けられるような顧 客体験を意識した設計やユーザビリティの高さがLiveCall(ライブコール)の強みで あり、業界を問わず導入が拡大する一因となっています。

スピンシェル株式会社's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more