1
/
5

就職先を"空気感"で選んでみた

① 名前
深井 琴佳(ふかい ことか)

② 出身
東京学芸大学

③ 趣味
うさぎと戯れること、食べること、美術館巡り、ファッション



入社を決めた理由

もともと「トレンドに敏感な場所で仕事がしたい」という思いがあったので、主にデジタル広告の分野に絞って就職活動をしていました。その中でもスパイスボックスを選んだ理由は、一言でいうと“空気感”に惹かれたことです。

様々な企業を見ている中で、自身を取り繕うことなく自分らしさを大切にして働くことのできる環境が、スパイスボックスにはあると感じました。就職活動中の面接で一番素の自分でいられたことが、この会社であれば入社してからも一生懸命頑張っていけるだろう、という気持ちにしてくれました。もちろんスパイスボックスが掲げているメッセージ「嫌われ者の広告を変えよう」が面白く、共感できた部分も大きいのですが、社員の方々が作り出す“空気感”に好感を持てたことが入社の大きな決め手になりました。

入社してまだ日は浅いですが、この会社の持つ、自分らしさを尊重する“空気感”が本当に素敵であると実感しています。

これからの自分の意気込み

私は昔から「なにかをつくり出す」ことが好きでした。“なにか”というのはつくる行為に当てはまるすべてのものです。例えば文化祭での出し物、部活の公演、作品の制作……出していくとキリがないほどいろいろあります。忙しく大変なこともありますが、そこからつくる行為を通して生まれる没入感や、つくり終わったあとの達成感がとても好きで、何かをつくり出せる仕事、さらには人々・社会に影響を与える仕事をしたいと思い広告業界を目指しました。

何もかも新しいことだらけで不安もありますが、これからスパイスボックスで新しい広告の形をつくり出し、生活者に新しい価値観を提供していくことがとても楽しみです。一日でも早く会社の力になれるよう、精進していきます。そしてこの記事を読んで入ってきてくれる未来の後輩たちに恥じぬよう、立派な一社会人として励みたいと思います。

写真は飼っているうさぎのポムちゃんです。

株式会社スパイスボックス's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more