Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

What we do

識学とは、人の意識構造に着目した独自理論であり、識学をベースに、経営者や経営幹部様へトレーニングを提供しています。
より識学を知ってもらうべく俳優として幅広く活躍する要潤さんをイメージキャラクターとして起用しています。
【識学を広める事で人々の持つ可能性を最大化する】 当社は、人の意識構造に着目した独自の理論をベースとしたマネジメント理論である『識学』を用いた組織・マネジメントコンサルティングサービスを提供しています。『識学』を日々の行動や制度に反映することで、誤解や錯覚のない組織が構築され、パフォーマンスを最大限発揮できる状態を作り出すことができるのです。 設立僅か4年で『識学』の導入社数は累計1,000社を超え、上場企業、有名ベンチャー企業、スポーツチーム等様々な業界で『識学』の効果が発揮されています。 【10年、20年後には『識学』を日本のスタンダードにするのが目標】 識学をより多くの人に知ってもらうため、トップ層や管理職向けのコンサルティングサービスに加え、動画や組織判断ツールなどが使えるプラットフォームの『識学クラウド』、また経営者のM&Aに関するリテラシーを高める『M&A顧問』といった多角的な事業展開もしています。 最近では、個人向けビジネススクール『識学マネジメントカレッジ』を開校し、対象レイヤーを広げ識学をの普及を推し進めています。 ゆくゆくは、『国語・数学・理科・識学』と言われるくらい、当たり前に必要なものとして認識されるためにも、識学は新たな挑戦を続けていきます。

Why we do

サービスや事業の拡大、上場に伴い、積極的に新たな仲間を探しています。
識学を急拡大させた代表取締役安藤。著書には『伸びる会社は「これ」をやらない!』等も出版しています。
【「早急に『識学』を広めたい」その思いをビジネスに繋げたことが始まり】 2013年、代表の安藤が識学メソッドを創った方と知り合ったことがが人生を大きく転換するきっかけとなりました。識学メソッドを学び識学を個人的に試す中で、「これは間違いない!事業として成功する」と確信を持ち、識学を軸に起業することを決めました。その後、個人事業主のような形態で働き、実際に識学を活用することで改善される会社を目の当たりにしていく中で「とにかく早く世の中に識学を広めなければ!」という思いが高まり、2015年の春に株式会社識学を設立し、今日まで急速な成長を遂げてきました。 受講者からは「もっと早く識学に出会っていれば…」という称賛と後悔のこもったコメントも多くいただくため、そのような後悔がないよう、一日でも早く、一人でも多くの人に『識学』を伝えるよう今後も事業推進してまいります。 【実績】 ・VCと業務提携(2018年10月) ・マザーズ上場(2019年2月) ・Slack向けアナリティクスサービスを共同開発(2019年3月) ・識学マネジメントコンサルティングサービス導入者数1,000社突破(2019年3月) ・月額制M&A法人コンサルティング事業を買収(2019年4月) ・介護系サービス企業と事業提携(2019年6月) ・識学クラウド運営&SaaS受託会社の株式会社シキラボ設立(2019年6月) ・紀伊國屋書店・新宿本店 週間ベストセラー第1位  ・Amazon「企業革新」部門ランキング1位

How we do

社員は約80名、9割が30代のメンバーで構成されています。人材大手・大使館・大手新聞社から某サッカーチーム運営会社やテーマパーク勤務者まで様々な経験を持った社員が活躍しています。
朝は8:30 からと早めですがその分早く退勤でき、残業も少ないので働くパパ・ママには最適な環境です。※2018年期残業時間平均:11.5時間/月
■株式会社識学が最も「識学」を実践し明確な社内制度、環境を作っています■ 【仕事の役割・評価の基準が明確】 識学では、誰がどの部分の責任を担っているかがルールによって明らかになっているため、シンプルでクリアな組織体制となっています。例えば業務でミスが発生した際も個人間や部署間で責任を押し付けあうことなく、ルールを見直し実行に移すため、不必要なストレスが発生することがありません。 【自分の成果が年収に直結】 年収の段階と評価軸がはっきりとしている為、「頑張ったのに年収が上がらなかった」「評価軸が不透明で分かりづらい」といったことがありません。 成果次第で評価が決まり、年収に直結しますので、納得感がありクリアな評価体制となっています。 【プロセスではなくあくまで結果で管理】 識学は、結果で管理をします。プロセス管理がないため、経過段階で上司から口出しされることはありません。そのため、自分でスケジュールを立て、仕事が終われば、周りを気にすることなく帰れます。アピール残業とは無縁であり、「終わったらサッサと帰る」会社の文化として根付いています。