1
/
5

Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

【停電が起こると、キャッシュレス決済はどうなる?】キャッシュレス決済の停電対策

自然災害によって停電が起こると、キャッシュレス決済はどうなる?

電気とインターネット回線がなければQRコード決済、電子マネー、クレジットカードなどはすべて使えなくなってしまいます。

さらに、銀行のATMも停止してしまうので現金の引き出しも困難になります。

一方、最近ではATMが利用できない場合でも、現金引き出しを可能にするサービスとして「キャッシュアウトサービス」が話題を集めています。


レジをATM代わりにして現金を引き出せる「キャッシュアウトサービス」

キャッシュアウトサービスとは、店舗でデビットカードを提示し暗証番号を入力することで、レジ経由で現金を引き出すことができるサービスです。

・ATM経由で現金を引き出す手間がない

・ATMよりも手数料が低いケースがある

・レジと暗証番号入力用のモバイル端末だけで稼働

・停電時でも非常時電源で利用者の現金不足に対応

一方、店舗が用意する現金が不足してしまうリスクもあり、このサービスだけでは対応しきれないケースも想定されます。

デジマケチャンネルでは、実際の導入事例を例にキャッシュアウトサービスについて、ご紹介しております。

デジマケチャンネル:【地震・台風・大雨】災害への備えとして知っておきたいキャッシュレス決済の停電対策


キャッシュレス決済導入の好機だからこそ、店舗ごとに対策を検討することが重要

キャッシュレス決済の利用者や導入店舗が増えるほど、万が一の自然災害発生時には、混乱が大きくなる可能性があります。

そのため、キャッシュアウトサービスや、キャッシュレス決済を利用できる環境を維持する電源確保策などを軸に、検討を進めていく必要があるでしょう。


キャッシュレス事前決済ソリューション『Samurai Order』についてはこちら

株式会社Samurai's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more