1
/
5

面接でよく聞かれるQ&Aに全て答えます! 向いてる人や求める人物像、ユニークな制度を大公開

こんにちは、ROBOT PAYMENT 人事部の平野です。
私たち人事部は、お仕事の1つとして、全ての面接のフィードバックを聞いているのですが…

どういった個性の社員が多いでしょうか?
どういった経緯で入社を決めたか。
ROBOT PAYMENTならではの制度や文化ってありますか?
活躍している社員ってどういう人ですか?
どういった人と働きたいと思いますか?

といったご質問をよくいただきます。
そこで今回は、これらの疑問に答えるROBOT PAYMENT 面接Q&Aを開催!
テクノロジーソリューション統括室で室長
をしている伊代田さんに、詳しく答えてもらいました! エントリーを迷っている学生の方、必見です。

■Profile
ベンチャー企業にて営業、webマーケ、人事などを3年ほど担当。その後エンジニアへ転職しweb, Androidアプリの開発に携わる。数社、フリーランスを経て2020年4月よりRPへスクラムマスターとして入社。2021年6月よりテクノロジーソリューション統括室室長として活躍中。趣味はテニスと小説を読むこと。

ーRPに入社した理由は?

コードを書くことではなく、チーム支援をすることを仕事の中心にしようと決めたときに、RPは今後、もっと組織を大きくしたいという話もあり「ここで仕事できたら楽しいだろうな」 と思い入社を決めました。キャリアのタイミングとメンバーの人柄、会社の方向性が決め手です。


ーどういった個性の社員が多いでしょうか?

色々なタイプの個性の方がいますが、大体共通していると感じるのは、「コミュニケーションに抵抗がない方」 が多いことですね。必要に応じてすぐにチーム内外とコミュニケーションが取れるメンバーばかりです。仕事の話以外にもチャット上での雑談なども多いと感じます。

また、「これってどうやるか分かります?」 「このシステムについて教えてください!」 などチームや部署の垣根をこえて助け合う文化があるのは、とてもすばらしいところだと思います!


ー活躍している社員ってどういう人ですか?

「ないなら作ればいいじゃない」 と思える人、ですね!先日上場したばかりですが、体制やツールなどはまだまだこれから整える必要があり、強化すべきポイントでもあります。ですので、困ったことや疑問に思ったことがあったときに、自ら積極的に解決策を探して解決へ進めることができる方が活躍しています。

ーROBOT PAYMENTならではの制度や文化ってありますか?

最近できたのですが、MVT(Most Valuable Teamの略) というチームを表彰する制度は面白いと思います! 世に言うMVPのチーム版です。

部署ごとの表彰はよくあると思いますが、チームワークを大切にする弊社ならではの面白い制度ですよね。プロジェクトチームだったり、横断的なメンバーでもチームとして会社にインパクト与えたら表彰されます。

とあるプロジェクトを複数の部署のエンジニアがチームを組み、取り組んでいたのですが、結果として大きく成功することができ、MVTを受賞しました。チーム単位での評価は全体の士気も上がりますし、おもしろいですよね。


ー表彰式の様子や表彰品を教えてください!

新型コロナウイルスの影響で、こうした表彰式もオンラインで行っていますが、「今回のMVTは…!」 と取締役から表彰されます。(笑) 副賞は、チームへの食事券でした。

ー現状感じる組織の課題だと思うことはなんですか

やりたいことがいっぱいある中で、体制も人手もまだまだ整っていないのが現状です。課題は山積みですよ。特に人材の不足はエンジニアだけでなくどこの部署でも聞きます。だからこそ、「チャレンジしやすい環境」 とも言えますよ! やりたいことや挑戦したいことがあれば、会社は全力で社員を応援する、そんなカルチャーがあります。

また、仕事の提案や企画も上司や役員に話しやすく、結構受け入れてくれます。役職・部署関係なく、フラットに話すことができるのは弊社の魅力です!


ー選考フローを教えてください!

今年はオンラインで完結できるフローになっています!

選考ステップにおける社員同士の「フィット感」を大事にしているため、多くの社員と会ってもらうことを考えています。選考ステップは3~4回程度の想定です。

1次面接
採用関連の社員または現場で働いている営業やCSの社員。
2次面接
1次で会わなかった属性の採用系社員や現場社員と会っていただきます。
最終面接
役員面接になります。役員面接前にESを提出してもらい、簡単な適性検査も併せて受検していただきます。ちなみにESや適性検査で合否を出すことはしないので、あくまで最終面接に向けて提出してもらうものになります。

オンラインでの面接が中心となるため、お互いの雰囲気や考え方を正確に伝えるために多くの社員とお会いいただくことを意識しています。

ーでは最後に、エントリーを迷っている方へのメッセージをお願いします!

チャレンジしたいことがある人、色んな人の役に立てるサービスを作りたい、または誰かの役に立つ仕事がしたい。そんな方はぜひ、エントリーください!

少し興味がある、程度でも大丈夫です。まずはカジュアルに話せたらと思いますので、皆さんからのエントリーをお待ちしております!

まとめ

いかがでしたか?
「もっと色んな文化や制度を聞いてみたい!」
そんな方はぜひ、カジュアル面談でどんどん質問してくださいね。皆さんとお会いできるのを楽しみにしております。

RPは一緒に働く仲間を募集しています!

上場ITベンチャー
ぶっちゃけ、今めちゃめちゃチャンスかも。超成長中のITベンチャーが募集中
私たちは、2000年の創業以来、BtoBtoC領域のビジネスに取り組んでまいりました。 本領域においては、お客様のビジネスを成功に導くことが最も大切です。 企業活動の血液である「お金」という存在。 『大切な「お金」だからこそ、払う側も、受け取る側もできるだけストレスなく関われるべきではないか?』 現代は、 ITを駆使して「お金」を管理・運用する時代です。 これからは企業においても、ITを使って、「お金」の請求・入金・管理・運用を行う流れが次第に加速していきます。 私たちは、日本中の企業の血液がスムーズに流れるよう、「IT × お金」にこだわって、 お客様を成功に導くソリューションを提供し続けます。 現在提供しているサービスは以下の2つです。 ■インターネット決済代行サービス 創業以降「かんたんに導入でき、売上がアップする決済サービス」をコンセプトに開発を重ね、毎年進化を続けています。 現在までに10,000社以上の企業のビジネスで活用され、年間700億円以上の「お金」の流れを媒介しています。 ■請求管理ロボ  2014年8月にサービスを開始した請求クラウド、「請求・集金・消込・催促」の作業を全て自動化し、経理業務の負担を減らす、クラウドサービスです。 2020年に訪れたCovid-19によって変化を求められた労働環境にあっても、変わらず出社をする理由として残る日本の経理業務の紙文化。そうした紙文化からの脱却を促し、経理の働き方を自由にできるよう訴えかけを続けています。 こうした時代背景の後押しも受けながら、働き方改革に経理分野から一石を投じるサービスになります。
株式会社ROBOT PAYMENT
Marketing / Public Relations
好きや得意を仕事に!上場したてのITベンチャーをもっと有名にしませんか
私たちは、2000年の創業以来、BtoBtoC領域のビジネスに取り組んでまいりました。 本領域においては、お客様のビジネスを成功に導くことが最も大切です。 企業活動の血液である「お金」という存在。 『大切な「お金」だからこそ、払う側も、受け取る側もできるだけストレスなく関われるべきではないか?』 現代は、 ITを駆使して「お金」を管理・運用する時代です。 これからは企業においても、ITを使って、「お金」の請求・入金・管理・運用を行う流れが次第に加速していきます。 私たちは、日本中の企業の血液がスムーズに流れるよう、「IT × お金」にこだわって、 お客様を成功に導くソリューションを提供し続けます。 現在提供しているサービスは以下の2つです。 ■インターネット決済代行サービス 創業以降「かんたんに導入でき、売上がアップする決済サービス」をコンセプトに開発を重ね、毎年進化を続けています。 現在までに10,000社以上の企業のビジネスで活用され、年間700億円以上の「お金」の流れを媒介しています。 ■請求管理ロボ  2014年8月にサービスを開始した請求クラウド、「請求・集金・消込・催促」の作業を全て自動化し、経理業務の負担を減らす、クラウドサービスです。 2020年に訪れたCovid-19によって変化を求められた労働環境にあっても、変わらず出社をする理由として残る日本の経理業務の紙文化。そうした紙文化からの脱却を促し、経理の働き方を自由にできるよう訴えかけを続けています。 こうした時代背景の後押しも受けながら、働き方改革に経理分野から一石を投じるサービスになります。
株式会社ROBOT PAYMENT
Customer Relations
ポテンシャル重視!バックオフィスでスキルを磨きたい人と会いたいです
私たちは、2000年の創業以来、BtoBtoC領域のビジネスに取り組んでまいりました。 本領域においては、お客様のビジネスを成功に導くことが最も大切です。 企業活動の血液である「お金」という存在。 『大切な「お金」だからこそ、払う側も、受け取る側もできるだけストレスなく関われるべきではないか?』 現代は、 ITを駆使して「お金」を管理・運用する時代です。 これからは企業においても、ITを使って、「お金」の請求・入金・管理・運用を行う流れが次第に加速していきます。 私たちは、日本中の企業の血液がスムーズに流れるよう、「IT × お金」にこだわって、 お客様を成功に導くソリューションを提供し続けます。 現在提供しているサービスは以下の2つです。 ■インターネット決済代行サービス 創業以降「かんたんに導入でき、売上がアップする決済サービス」をコンセプトに開発を重ね、毎年進化を続けています。 現在までに10,000社以上の企業のビジネスで活用され、年間700億円以上の「お金」の流れを媒介しています。 ■請求管理ロボ  2014年8月にサービスを開始した請求クラウド、「請求・集金・消込・催促」の作業を全て自動化し、経理業務の負担を減らす、クラウドサービスです。 2020年に訪れたCovid-19によって変化を求められた労働環境にあっても、変わらず出社をする理由として残る日本の経理業務の紙文化。そうした紙文化からの脱却を促し、経理の働き方を自由にできるよう訴えかけを続けています。 こうした時代背景の後押しも受けながら、働き方改革に経理分野から一石を投じるサービスになります。
株式会社ROBOT PAYMENT
株式会社ROBOT PAYMENT 's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more