1
/
5

What we do

コンテンツの制作、提案、売上の確認といった仕事に必要なスキルの全てを一貫して学べます
約400本以上のアプリをリリースしヒットを量産してきた背景には、スピード感のある効率的な開発体制がある
株式会社レンサは、スマートフォン向けコンテンツの企画・制作・コンサルティング、ヒューマンリソース、メディアプラン・ソーシャルアドバタイジングコンサルティングを行っている会社です。 代表の武井哲也は慶應大学商学部を卒業後、女性向けコンテンツの提供を行う企業に入社。そこでコンテンツビジネスのノウハウを学び、その後、検索エンジンの日本ブランチのアルゴリズム構築などに従事しました。その中で、プロダクトを通じて人と人との心をつなげる、インターネットを通じて人々の生活に少しでも役立てる情報を提供するビジネス展開を自ら行いたいと考えるように。 そして株式会社レンサを2011年2月に創業。ゴールドマンサックスで働いていたエンジニアとともに、スマホ向けコンテンツの提供を主軸として事業を始めました。ちなみに「レンサ」という社名は「連鎖反応」、「心と心のつながりの連鎖」を由来としたもの。 iOS / Androidアプリの他、LINE、mixi、Amebaなどのメディアに向けて、女性向けコンテンツを中心としたサービスを提供。 コンテンツプラットフォームを主軸としたアプリを次々と生み出し、その多くが App Store、Google Playランキングの上位を占有し、コンテンツプロバイダとしての力強いポジションを確立しています。Google Playストア非ゲーム課金部門では6位の売上を記録。8期連続増収増益を維持しています。現在はアプリに加えて、SNS、WEBをベースとしたプラットフォームにも力を入れています。 開発は常にスピード感を持ち、効率的なアプリの制作体制を確立、API やデータベースを駆使して週1本の新作リリースというサイクルをキープ。現在レンサでは、約400本以上という多数の自社コンテンツを提供しており、女性向けのスマートフォンアプリの分野にて業界上位のシェアを占めています。現在ではマーケティングを駆使したオウンドメディアの開発や、新規のプラットフォームの製作にも力を入れ、BtoBtoCの分野のビジネスの主軸からBtoCビジネスへと主軸を変え、よりお客様に密接したサービスの提供に力を入れています。 また近年では人材教育ビジネスにも力を入れ、多数のエンジニアを輩出し、数多くの企業のエンジニアリングの基礎を支え社会に貢献できる人材の育成に努め、社員数はこの5年で5倍に増員されました。 レンサはお客様へのものづくりを通じて社会に貢献し、人々の豊かな生活や日本社会の発展に勤めます。

Why we do

占いアプリを中心に多くのコンテンツを企画・リリース中。 app store、google Playランキング上位アプリ多数!
クリエイティブ集団「レンサ」の一員として、あなたも一緒に活躍しませんか!?
株式会社レンサは、スマホアプリのデジタルコンテンツの分野において常に業界最前線でのサービス開発を行っています。 人と人とのつながりを大事に。 レンサとは「連鎖反応」という言葉から発した社名でもあります。自社サービスを通じて少しでも多くの心に温かいものを宿したい。エンターテイメントを通じて助けになりたい。そんな思いで事業を行っています。少しでも多くの方が笑顔になる事が達成したいビジョンです。

How we do

自由で風通しの良い空間です。和気あいあいと話をしながら、コンテンツ制作をしています。
勉強会なども盛んに行われています!
レンサでは作り上げるプロダクトに「温度」を乗せることを大事にしています。ITのサービスは一見、人を介さないように見えるため、温度を感じられないように見えるかもしれません。ただ、私たちのものづくりの先には常に「人の気持ち」が存在し、そこには暖かい感情や体温が存在します。 社員はみんなお客様のために何ができるかを考え、試行錯誤を繰り返しています。あなたの開発したサービスが、多くのお客様に喜んでもらえる、社会を動かす。また会社全体を盛り上げる。そんな経験をすることに興味を持たれた方は、ぜひ一度オフィスにお越しいただき、お話しさせてください!