1
/
5

【初契約者インタビューvol.1】初契約を経て感じた「お客様のために」という想いの変化

Photo by Yuika Takamura on Unsplash

こんにちは!内定者インターンの牛田です

今回は2022年7月に初契約を獲得した2022年4月新卒入社アセットプランニング部、小林安優菜さんにインタビューしました。小林さんはインタビュー中も明るく親切に、とても親しみやすくお話ししてくれました。常に笑顔でお話ししてくれたので、私も楽しくインタビューできました。そんな小林さんの初契約についてお話を伺いました!

※小林さんの入社前のインタビュー記事はこちら▼


Q1.普段の業務を教えてください!

電話営業をメインに業務を行っています。新規営業なので断られることも多いですが、めげずに頑張っています!その中でお時間をいただけたお客様とお話しし、お客様にニーズが生まれれば、本格的にご提案をします。まだ新卒なので、商談は上司に同行する形をとっています!

Q2.初契約について、契約の流れを教えてください!

初契約のお客様とは5月中旬に初めてお電話させていただきました。初めからとても優しい方でしたが、その時は不動産投資に興味はないようでした。翌日に1回目の商談をさせていただきましたが、その際も「1時間は長いから短くしてほしい」と頼まれました。そんな中、上司の力を借りながら4回の商談を経て、7月初旬にご契約となりました。

Q3.大変だったことや工夫したことはありますか?

初めは不動産投資に興味がないお客様だったので、とにかくお時間をとっていただくのが大変でした。まずは私が雑談などで明るく楽しくお話しすることで、徐々にお客様が心を開いてくれました。

商談は上司がメインでしたが、その際、私はお客様の発言やリアクションに注意していました。商談の中でお客様が驚いていたことや大きくリアクションしたこと、また理解しづらそうだったことをメモしていました。第三者目線の私だから気付けることがあると思い、気になったお客様の発言やリアクションを上司にフィードバックしました。

また、商談のリマインドのお電話をさせていただくときに、お客様の最近の状況やご様子を伺い、楽しく雑談も交えることでお客様が本音で話せる関係性を構築しました。私がお客様のよりどころになれるように自分なりに工夫しました!

Q4.初契約の感想を教えてください!

入社前は私が本当に契約を取れるのか不安な気持ちがあり、その気持ちは入社してからさらに大きくなっていました。「お客様のために」という想いで電話営業をしていましたが、迷惑だと断られることもあり、私は本当にお客様のために働けているのか疑問に感じていることもありました。

しかし、今回の初契約の後、お客様から「小林さんに任せてよかった」とおっしゃっていただきました。この時は、入社前から憧れていたこの言葉を本当に聞くことができるのだと驚き、鳥肌が立ちました。そしてお客様のために頑張ってよかったと思うことができたので本当に嬉しかったです!

Q5.今後の展望を教えてください!

初契約の後、もう1件別のお客様からご契約をいただきました。徐々に私でもお客様の役に立てるのだという実感が湧いてきています。初契約をいただく前から「お客様のために」という意識はありましたが、初契約を通じて実体験としてお客様のお役に立つことができたので、今は素で「お客様のために」行動できている感覚です!

今後は「小林さんでよかった」と言っていただく機会を増やせるよう、まだまだ頑張っていきたいです!!

プロパティエージェント株式会社's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings