1
/
5

やっぱり気になる!面接官ってどんな人?学生のどんなところを見てるの?

こんにちは!プロパティエージェントの若旅です。
今日は就職活動中の学生みんなが気になる…でも面と向かって聞けない!
そんな疑問にお答えできればと思い、一次面接を担当するお二人にホンネをインタビューしました!

1人目は…投資用不動産営業職史上最年少で主任に昇格、

現在は課長を務める日髙さんです。


Q1、どんな学生時代を過ごされていたのですか?

学生時代はアルバイトに明け暮れていましたね。はやく自立したいと思っていたんです。

アルバイトはサービス業を中心に、居酒屋やバーテンなど、沢山やっていました。
あとは相席屋でアルバイトしていました! この相席屋でのアルバイトが非常に楽しかったですね!
自分で言うのもなんですが、けっこう稼いでいたと思います(笑)

でも、実は元々はかなりの安定志向でした。公務員志望で、、、 ただ、相席屋でのアルバイトで価値観ががらっと変わったんですよね。 相席屋に関わらず、どのサービス業もそうだと思うのですが、顧客満足度を追求すればするほど、 客単価が伸びるんですよね。これが非常にわかりやすかった。 自分ならではのバリューや付加価値で、こんなにもお客様の満足度が変わってくる。その対価として報酬も変わってくる。

「お客様に喜ばれれば喜ばれるほど、報酬が上がっていく」 そして、もともとお客様が好きだったので、自分は無理している感じがなく。 非常にシンプルなのですが、やはり顧客志向は1つのモチベーションとなっていましたね。

Q2、同期同士でご結婚されたんですよね!愛妻家だとか…

2019年に同じ不動産投資営業をしている妻と結婚しました。
同じ会社の同期ですので当然お互いの仕事内容も知っていますし、辛いときにやはり支えになりますね。
最近はコロナ禍で行けていないですが、GWなどの大型連休は妻と旅行に行く事が多いです。
こう見えても記念日は必ず3-4段階でサプライズを企画して実行している愛妻家なんですよ!笑

Q3、就職活動中の学生に一言お願いします!

ファーストキャリアはもちろん大事ですが、どこの会社でも自分次第で成長出来るかと思います。
だからこそ、自身が能動的に働けそうな会社を選びましょう!
プロパティエージェントでは、受け身だったり、自分から蚊帳の外にいようとする人は極めて少ないです。
みんな 素直に喜び、素直に悔しがり、素直にバネにし、素直にガムシャラにもがいてみる。
そんな負けず嫌いで個性が強めな方学生をお待ちしています!

さて、2人目はマンション用地の仕入れを行っている小林さんです!

Q1、小林さんのお仕事について教えてください。

主にマンションを建てるための用地仕入れを行っています。よく皆さんが想像される「デベロッパー」のお仕事のような感じですね。
東京に来たことがある方はわかるかと思うのですが、東京のどこにそんな土地が余ってるの?!って思いません?

全然余ってないんですよ…(笑)なので土地開発には情報がとても大切になってくるんです。
売りに出る土地の情報をいち早くキャッチして、適切な価格で購入する。時にはとても小さな土地もあるので、その時は隣の土地を持っている隣人の方と交渉したりします。
僕たちが土地を仕入れないとマンションが建ちませんからね!やりがいのあるお仕事です。

Q2、実は面白いご経歴をお持ちだとか…

社内では知らない人はいないくらいの話なのですが、、実はプロパティエージェントに入社する前は芸人をやっていたんですよ(笑)すごく楽しかったのですがなかなか売れず、転職を決意しました。
プロパティエージェントでは、半期に1度総会を開催しています。その際の司会を任されたり、イベントごとには欠かせない小林ですので皆さん覚えて頂けると嬉しいです!笑

そんな僕ですが、最近第一子が産まれまして、最近は休みの日は子供と遊ぶ良いパパをやっています。コロナ禍で飲みに行く機会も減ってしまいましたしね。(貯金も増えました!)
今年のGWは家族サービスしようと思っています!

Q3、就職活動中の学生に一言お願いします!

もしかしたら、皆さんの中にはガムシャラに頑張ることを「かっこわるい」と感じてしまう方もいるかもしれません。でも必死でもがかないと見えない景色ってあるんですよね。
プロパティエージェントにはガムシャラに頑張っている社員がたくさんいます。というかそうでないと置いて行かれてしまうかも…。一見クールに見える方でも本当に一生懸命働いています。
一生懸命働くって楽しいです!
ぜひプロパティエージェントで新しい自分を発見してもらえればと思います。待ってます!!

そんなお二人が面接で特に気を付けて見ているところとは…?!

①挨拶ができているか
②質問の本質を理解し、的確に答えられているか
③発言に1つの筋が通っているか

1つめ:「挨拶ができているか」
当社は全てオンラインで面接を行っているのですが、対面でない分、挨拶や態度などを疎かにしてしまう学生もいます。
やはり営業職として第一印象は大切ですのでそういったところは注意したいですね!

2つめ:「質問の本質を理解し、的確に答えられているか」
営業職と言うとお客様にサービスや商品について説明できる力が大切と思う方もいるかもしれないですが、実は一番大切なのは「ヒアリング力」。お客様が聞きたいことを瞬時に理解し、適切な回答を端的にお伝えできる力が重要です。
そういった意味で、面接官の質問を正しく理解し、質問に対し端的に答えられるか?というところが大事になってきます。

3つめ:「発言に1つの筋が通っているか」
就職活動ですので皆さん色々な回答を用意して臨んでくれていると思うのですが、就活用の言葉だったり、本当ではないエピソードだったりすると、質問を重ねていくうちにだんだん学生の回答がブレてきてしまうことがあります。
なので発言に1つの筋が通っているか、矛盾していないかというところが重要視されます。

本日は一次面接を担当しているお二人にインタビューしてみました。
就職活動の参考にしていただければと思います!

プロパティエージェント株式会社's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more