This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

答えがないからやってみる。コーポレートサイト運用の取り組み

ノヴィータ広報担当 中根です。

以前書いたブログで少しだけご紹介しましたが、去る3月に、コーポレートサイトのフルリニューアルを2年振りに行いました(そしてそれからもう半年経ちました…早い…。ちょうど今から1年ほど前に、リニューアルで試行錯誤していたブログも書いています)。リニューアルからこれまでの、約半年間のコーポレートサイト運用の取り組みについて、本日はご紹介させていただきます。

最近は会社として発信の意識が高まっており、3月に新しいコーポレートサイトになったことがひとつの引き金になって、「自分たちの会社をどう発信していくか?」という討議がポジション関係なく(広報だけでなく)増えつつあります。WEB制作事業で培った知識やそれぞれの専門性を持ち寄り、「会社の状況に合わせたサイト運用」を、身をもって経験しているところです。

更新しているもの

ニュースリリース(プレスリリース)の掲載

10月は、約9ヶ月ぶりにプレスリリースを行いました。コーポレートサイトをリニューアルしてからは初のリリースとなります。

内容は、ママをはじめとした働き方を提示するメディア「LAXIC(ラシク)」で津田塾大学のインターンシップ生を受け入れ、津田塾大学の学生向けに女性のキャリアについてトークイベントを行ったレポートです。LAXICは運営開始から既に3年が経ち、取り組みを徐々に増やしています。ママだけでなく、真に女性のキャリア課題の解決がなされるために、LAXICでは情報発信だけでなく、このような大学等とのキャリア教育面でのお取り組みも増やせればと考えております。ご興味ありましたらぜひ、イベントレポートをご覧ください。


(イベントの様子。アルバイトなどで忙しい夕方開催だったにもかかわらず、多数の学生が来てくださいました!)

このプレスリリースについては新卒のコーダー、坂口に対応してもらいました。彼女にはこのWantedlyブログで、社員取材をしてもらっています(エンジニア取材、および新卒入社の先輩取材)。半年前に自分が教えていた新入社員と協力して仕事を行うことで、半年間の成長をも感じられたので、個人的には嬉しくもありました。


制作実績の追加

これまでお取引いただきましたお客様のご協力のもと、少しずつ制作実績の内容を増やしています。やはり、実績が多く出ているか否かでは、ご検討くださっている方の安心感が違うはずだと考えているので、現在コンテンツを増やすため力を入れているところです。ご快諾いただきましたお客様には大変感謝しております。

もちろん、実績コンテンツを増やす前提として、まずはお客様に信頼していただける制作を行うのが最優先です。品質面も強化しながら、ご納品後速やかに許可をいただき、WEBに実績を掲出していくフローを整えていきます。

ノヴィータ設立から13年、様々なお客様のWEBサイト・バナー・ランディングページ制作をさせていただいております。事情により、コーポレートサイト上に出すことができない実績も多くございます。もしご発注のご検討をいただいておりましたら、是非窓口担当にお申し付けいただくか、コーポレートサイトからお問い合わせいただければ幸いです。

更新しようと準備しているもの

サービスページの拡充

3月のリニューアル当時は社内事情などから、サービスメニュー名を羅列するにとどまり、発注をご検討いただくにも情報量がない状態でした。今夏よりお力添えいただいている外部のコンサルタントの方からも、情報の足りないこのサービスページについて指摘をいただき、現在有志でどのようなコンテンツを載せるのが良いかを検討しています。

お客様がお困りになっている、WEBにまつわるよくある課題についてコンテンツを的確に掲載し、もっと安心感と期待を持ってご連絡をいただけるようにしてまいります。


(サービスページの打ち合わせの様子。どういうコンテンツだと有益なのかを討議しています)


社内取り組みの更なる発信

現在はこのWantedlyブログにて、月に1度のペースで、広報の目線からノヴィータの考え方や動きをお伝えしていますが、また別の切り口から発信するメディアのようなものを運営できないかと考えています。

私自身、このブログを書いていて常に実感していることですが、私の目線は私の目線でしかなく、会社の多面性があまり見せられないことが一種の悩みでもありました。また、私もやはりノヴィータの中の人ではあるので、このブログに書いてあることは客観的な情報でなく(ありのままを心がけているつもりだが、客観的でないと見えているのでは、ということ)、読んでいただいている方が欲している情報でないのではと考えたりします。

現時点ではまだ計画段階ですが、実行されれば、このブログよりももっと客観的な目線でよさを明らかにできるのでは、と思っています。ノヴィータへの印象が少し変わるかもしれません。

この企画が始まり、新しい切り口で発信したことがきっかけで、新しくノヴィータのことを知っていただいたり、新しく注目していただけるのであれば、とてもうれしいことです。もちろん、このWantedlyブログも、これからも形を変えながらも続けていく予定です!(これはこれで、近すぎず遠すぎずの視点で、ノヴィータのありのままを伝えていると思っています)

いち事業会社として、自社でも「経験」

コーポレートサイトは、会社の情報発信として重要視しており、今以上の狙いを持って発信していけるように、現在プロジェクトを組んで体制を整えている最中です。何が正解かはわからないから、やってみる、ということを今以上に大事にしていきます。

我々もいち事業会社として、コーポレートサイトなどを通じた発信を身をもって実施していこうという考え方です。先述の通り、WEB制作事業で培った知識やそれぞれの専門性を持ち寄ってコーポレートサイトを運用していますが、この運用の経験をもって今後そのノウハウをサービスなどに落とし込みご提供することも視野に入れています。WEBは、ともすれば(意識・無意識問わず)テクニックやツールとして終わりがちなものではありますが、このように経験に基づいた要素を入れることで受託制作サービスの幅がもっと広がり、コーポレートサイト運用にも影響を与えるといったように、どんどんよい方へ循環していくのではと考えています。

今回ご紹介したことから更に派生していく取り組みはまた、別途ブログでご紹介します!

株式会社ノヴィータ's job postings
5 Likes
5 Likes

Weekly ranking

Show other rankings